« なんとか回復 | トップページ | 仕事と「きらクラ!」の1日 »

2014年1月18日 (土曜日)

仕事して、快楽亭の独演会録音

 8時起床。

 薄曇り。

 お腹の具合は、直った感じ。逆に、ガスだけ出る状態。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。「第二章」の続き。

 途中、ブランチ。玉子かけご飯に梅干し、しらす、漬け物。今日は徐行運転をしておこう。

 仕事再開の前に、今夜の快楽亭の独演会録音に備えて、押し入れから機材を引っ張りだし、録音専用になったPowerBookG4も起動させて、きちんと作動することを確認。しかしこのPowerBookも年代モノになったな……重いし。iPadに代行できれば助かるんだけど……。ああ、それもあったからiPadじゃなくてMacBookAirにすべきじゃないかと迷ってたんだよな。この事をすっかり忘れていた。

 でもiPadで録音できるなら最高だ。今日持っていってテストしてみよう。

 午後遅く、きつねうどんを食う。足りなかったので餅を焼いて入れる。

 そろそろこういう食い物にも飽きてきたぞ。

 16時になって、キリは悪いが、仕事を中断。ここまで書いた分をiPadに送り、上野に出発。

 

 いつもはキャリーカートに機材バッグを載せてゴロゴロ引いていくのだが、なんだかホームレスの移動みたいだし自転車に乗れないから、リュックとバッグにして、自転車で京成千住大橋まで。

 京成上野駅から上野広小路亭まで、荷物が重いと遠いなあ。広小路亭のすぐ前に銀座線の駅があったっけ。今後はこの駅を利用……するには遠回りになるか。

 17時チョイ過ぎに楽屋に顔を出すと、快楽亭が既にいて、本日の香盤というか演目を貰った。

1.一文笛

2.まめだ

---------------仲入り-------------

3.よかちょろ

4.山崎屋

仲入り前の二席は「はぐれ落語家人情派」として、仲入り後の二席は「名人宣言5」としてCDにする。

 で、師匠に「以前戴いた本を遅ればせながら読んだら……『上野広小路亭に出ている落語家の訳の判らない落語』というのにウケました」と全然ウケていない調子で言われて、どうしたものかと一瞬焦った。原文と、どういう文脈で書いたものなのかすっかり忘れていたので。

 快楽亭をモデルにした落語家は自作に何度か登場させているのは確かだが、落語家・快楽亭ブラックを尊敬しているおれがギャグにしたり茶化すことはあれ批判的に描くことはあり得ないし、そのへんは快楽亭も判っているはず……。

「イヤイヤ、ウケましたんで」

って。それと、以前に誘われた「奥飛騨温泉ご招待の件」、なんだか申し訳ないから謹んで辞退しようかと思ったら、「イヤイヤ本当に安く行けるので」と。

 録音機材をiPadに繋いでみたら……「電源が足りない」との表示が。電力供給式のUSBハブを噛ませないとダメなのね。

 開口一番は、業務連絡兼「大須が大変なことになっている!」情報。連日満席で取材も押しかけて、一部では有名な怪芸人「ひとみちゃん」に密着した番組まで放送されたりして、と。

 ブラ坊さんは「やかん」を好演。

 で、師匠本日の前半は、泣かせる演目。

 「一文笛」は、米朝師匠のオリジナルだったのか!

『腕利きのスリの秀(ひで)がおもちゃの笛を買えない貧しい男の子を見て、勝手に盗んで子どもの懐に入れる。泥棒と決めつけられた子は井戸に身を投げた。思わぬ結果を兄貴分に聞かされた秀は右手の指2本を匕首(あいくち)で切り落とし、堅気になると誓う。子の意識は戻らず、入院する金も払えない。秀は医者から財布をすり、子のために使ってくれと差し出す。右手の指を落として、もうスリは出来ないはずなのに……』(朝日新聞の紹介記事を一部改変)

 初めて聴いた。ええハナシですなあ。

 

 続いて、これは作家の三田純市氏が米朝師匠のために書いた「まめだ」。

 以前、文化放送の落語会で米朝師匠の孫弟子の吉坊さんの高座を聞いて、激しく感動した。こんなに泣ける落語も珍しい。まめだ(子狸)のいじらしさを、風貌がまめだのような吉坊さんが見事に表現していて、哀切極まりない口演だった。特にサゲが秀逸で、ドーンと来た。

 これを快楽亭がどう料理するか。

 是非、CDでご確認ください。

 後半は打って変わって陽気な爆笑編。

 快楽亭も元気いっぱいに。

 いつも後片付けは時間がかかっていたのに、今日はテキパキと捗った。

 と、閉じた幕を開けて、ファンの方がアタシをご指名。

「いつもブログ読んでます。体調如何ですか」

 と、アオヤマ・ティー・ファクトリーの紅茶を戴いた。いや~こういうこともあるんですねえ。有り難いことです。今(翌朝)飲みながらこれを書いております。美味しいです。お名前を伺えなかったので、ここでお礼を申し上げます。

 で、晩飯をどうしようか考える。

 ラーメンはダメだろう。チャーハンとかもダメだろう。かき揚げそばも寿司も止めとく方がいい……。となると、食うモノがない。

 千住大橋で、吉野家に入って、牛丼並を食う。この前は「牛すき鍋膳」が腹に来たけど、牛丼ならいいだろうと。

 美味い。

 帰宅して、録音データをiMacに移す。

 その後、iPadにUSBハブを噛ませてみたが……ダメだった。別のタイプの電源内蔵タイプのD/Aコンバーターを使えば出来るのだろうが……その前にマイクを更新すべきだろうなあ。

 快楽亭の高座録音を始めてすぐに一式を買いそろえ、そのまま使い続けているので、メインマイクも客席用マイクもガタが来ている。ミキサーはまだまだ大丈夫だけど。

 喉が渇いたので牛乳をごくごく飲む。これがいけなかった。

 で、最新情報満載の快楽亭のポッドキャスト用のファイルを切り出した。開口一番の最後で、「本当に口が軽いブラ坊」と振っているので、これは前座のブラ坊さんの一席も入れろという暗黙のアレだなと思って、開口一番とブラ坊さんの「やかん」を収録したら、28分になってしまった。

 このデカいファイルを、ケロログにアップロードしようとしたら、夜だから混んでいるのか、全然アップロードできない。ファイルがデカいせいかと思ってレートを下げて小さくしてみても、ダメ。

 仕方がない、翌朝やろう。

(*しかし実際にはアップロード出来ていた。「アップロード成功」という表示が出なかっただけなのだ……「快楽亭ブラックのポッドキャスト」はこちら!

 くーたんのご機嫌を取って、NHKのケータイ大喜利をちょっと見て(おれはこの番組の感覚はあんまり合わない)、1時過ぎ就寝。

本日の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:1921kcal

本日の消費カロリー:日常生活+88kcal/2366歩+42kcal(自転車) 

« なんとか回復 | トップページ | 仕事と「きらクラ!」の1日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/58971299

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して、快楽亭の独演会録音:

« なんとか回復 | トップページ | 仕事と「きらクラ!」の1日 »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト