« 「第4章」直して知人に腹を立て | トップページ | 気功をば休んで励む仕事かな »

2014年2月23日 (日曜日)

「第4章」も一度直して最終章

 5時30分起床。

 今日も秘密の使命を帯びて羽田空港へ。と書くと、凄く怪しいなあ。

 くーたんのご飯を用意したりトイレを掃除したりして、6時過ぎに外出し、6時30分の空港行きバスに乗る。

 7時過ぎに定刻より早く、第1ターミナルに到着。

 マーケットプレイス2階のレストランで朝食を食べ、iPadに仕込んだ「第5章」の構成メモを読む。

 その後、所用を済ませて、第2ターミナルに歩いて移動。

 物凄く暖房が効いていて暑いので、屋上に出て、iPhoneに入れたアルフレッド・ニューマン作曲の「大空港のテーマ」を聞きながら、飛行機の離発着をしばらく眺める。

 朝は離発着のラッシュで、第1ターミナルよりこっちの方がよく見える。

 平行しているA滑走路とC滑走路に同時にどんどん着陸する一方、沖合のD滑走路からどんどん離陸していく。もうニアミスが起きそうなほど離着陸の飛行機のコースは交差している。

 いや~羽田の管制官は大変だと思う。ちょっとミスすると事故に直結するもんなあ。A滑走路から離陸する飛行機もあるし。

 大きい飛行機は滑走路いっぱいを使って離発着するし、軽そうな小さい飛行機は滑走路の途中で軽々と飛び立っていくし着陸する。

 全然見飽きない。もっと温かくなったらここに来て半日くらい眺めていたい。イヤ、その場合は航空無線も聞けるラジオがあればもっと面白いだろうなあ。

 気がつくと、30分以上経っていた。

 しかし飛行機はひっきりなしに飛んで来る。これに「大空港のテーマ」がピッタリで、なんだか涙ぐんでしまうほど。この曲は表題音楽として傑作だなあ。空港の雑踏に離着陸の緊張、空港の華やいだ雰囲気が代わる代わる描写されて臨場感たっぷり。

 サウンドトラックよりもチャールズ・ゲルハルト指揮ナショナル・フィルのオリジナル・サウンド・スコアの演奏の方が音もいいし演奏も素晴らしいので、10回くらいリピートして聴いてもまったく飽きない。

 ここんとこ、テッチャンじゃなくてヒコチャンになった感じ。飛行機に乗って何処かに行きたいぞ!

 モノレールに乗って浜松町経由で帰ってくるが、昨日直した「第4章」、直し足りない部分に気づいたので、もう一度手を入れることにして、帰宅してすぐに直そう。

 北千住に着いたら、腹が減ったので、駅前の「富士そば」でカレーライスにコロッケをトッピングして貰ったのを食う。これをヒルメシにしよう。

 帰宅して、直しを開始。

 お昼を廻って出来たので、相方に送り直す。

 しかし、モーレツに眠くなったので、30分ほどソファにひっくり返って昼寝。

 NHK-FM「きらクラ!」が始まったので、聞きながら、「第5章」のイメージを膨らます。構成メモはあるが、どの場面からどんな風に初めて展開するか、頭の中でカット割りを作らないと書き出せない。映画屋だったクセかも。売れない脚本を書いているときは、あんまり絵を浮かべて書いていなかったのに、小説を書くようになって、カット割りに拘るようになってきた。

 「きらクラ!」のBGM選手権のコーナーは、ルブランのルパンものの1場面、ルパンが追い詰められて見事に逃げるところ。おれも名前を覚えてしまった常連さんが投稿したサン=サーンスの交響詩「死の舞踏」がピッタリ!スタイリッシュで優雅でカッコイイ。昨日電話してきたAは同じサン=サーンスの「交響曲第3番」の第二部がエエと言っていたが、その線だったのね。おれはもっとコミカルな方がいいと思っていたがオッフェンバックの「天国と地獄」だとベタすぎるなあと思って、何か違うのはないかなあと思っていたのだ。

 番組が終わってから、「大空港」のオリジナル・サウンドトラックCDを引っ張り出して、聞く。う~んやっぱりゲルハルト指揮のほうが音楽としては豊かだなあ。

 少し早めの晩飯を食う。

 ファミマで買ってきたお総菜のハンバーグを温め、ご飯も温め、サラダとスープで。このハンバーグ、意外に美味い。

 「笑点」を見ながら食べていると、相方から電話。

 しばらく話すが、食事中だと言って切り上げて、食事を続行。

 その後、ニュースなどを見る。名古屋駅前の「殺人未遂事件」、なんだこの犯人は。自暴自棄になって大量殺人をして自分も死のうと思ったのか。こういうキチガイが増えてきた感じがする。

 社会が安定しないと、こういう事件は今後増えるばかりだと思うがなあ。非正規雇用を増やすと会社のコストは下がるだろうが、社会の不安定さは増して、社会の安全を守るコストは上がるのに。この辺、アベはどう考えているんだろう。財界の方しか見ていないから、社会の不安定さが増す事には目を瞑るつもりなんだろう。で、道徳教育を増やして社会の規律を正せば不安定さは解消できると考えているのだろうか。まったく違うと思うぞ。絶対に。

 明日が見えれば、社会は安定するが、非正規雇用が増えて明日が見えなければ、人心は不安定になるに決まってる。

 ……まあ、おれは学校出てからずっと、非正規雇用もいいところのフリーランス人生まっしぐらだから、非正規雇用で人生が不安なんてひ弱なことを言うな!と言いたくなったりもするんだが、おれみたいに生活の不安定さは覚悟して特殊な商売に飛び込んだ人間と、普通の人生を送りたい人とでは考え方はまったく違うんだから、フリーランス人生を引き合いに出すのは大間違いか。

 おれだって、本がたくさん売れて銀行にお金があって「安定した暮らし」が出来れば、その方が絶対にいいんだし……。

 非正規雇用でもある程度の最低年収を安定的に保証されれば、人心は落ち着いてくると思うんだがなあ。ヨーロッパで出来ることがどうして日本では出来ないのかなあ。

 「軍師官兵衛」は、官兵衛がいよいよ「メジャーな世界」にデビュー!いつまでも播磨というローカルなマイナー世界にいては面白くない。

 その後、DVDで「大空港」の後半を久々に見る。いや~この映画は何度観たことか。展開は判っているし今となっては古めかしい(なんせ飛行機がB-707だもんね)が、やっぱり元祖パニック映画で、古典として、すべてのパニック映画の原点たる要素が詰まっている不滅の作品。もっと画質と音がいいバージョンがあれば買い直すかな……ブルーレイ盤がなんと1300円であったので、注文。

 3月に出る徳間の新作は大阪が舞台なので、今回の新刊挨拶回りは久々に大阪にも行こうと思い、相方も行くと言うのでついでに観光も計画していたのだが、相方の気が変わったので、おれひとりで行くことにする。

 新幹線で往復だとホテルをつけた方が安かったり、ホテル代がタダになるような価格設定なのだが、ひとりだと一泊しても仕方がないしなあ……。一人で美味いもんを食ってもなあ。

 なので日帰りで考える。大阪の場合、我々の本をよく売ってくださる書店さんはキタとミナミにほとんど固まっているので効率よく回れるし。

 いろいろ考えて、行きか帰りにLCCの格安航空便を使い、新幹線も「ぷらっとこだま」で行けば1万円だし格安チケットショップでチケットを買えば13000円で買える。90分が3000円の値打ちがあるかどうかの判断。帰りなら車中で駅弁食って寝てればいいんだけど……「ぷらっとこだま」はその列車限定の特殊なチケットなので急遽の変更が出来ない。

 挨拶回りが早く済んだらとっとと帰ってきたいという行動の自由を確保したいので、3000円の差額を出すかな。

 で、行きは成田→関空のピーチエアにしてチケットを取ってしまった。しかし、同じ路線にはジェットスタージャパンも就航していたことを後から知った。ジェットスタージャパンの方が500円くらい安いし、ピーチよりもっと早い便があった。まあしかし、500円なら、いいか。

 LCCを往復使ったら、1万円で済んでしまう。いや~凄い世の中になってきましたな。きちんと飛んだら、だけど。

 風呂に入って、くーたんと遊んで、0時過ぎ就寝。

 明日は気功を休んで最終章を頑張って書こう!

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2445kcal

本日の消費カロリー:日常生活+319kcal/7798歩

« 「第4章」直して知人に腹を立て | トップページ | 気功をば休んで励む仕事かな »

コメント

(^-^)v

名前のあがった私たち3人以外にも同じ曲を選んだ人があるということでビックリしました。
賞品はもらえないのですが、名前を読んでいただけただけでも嬉しかったです。
今回は、「はじクラ」でも徳島の方(ブロ友なんですが、お会いしたことはないです)が登場しました。

BWV1000番さん:そうですよね。松茂の方でしたっけ?あの番組は徳島の濃度が濃いようで……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59189587

この記事へのトラックバック一覧です: 「第4章」も一度直して最終章:

« 「第4章」直して知人に腹を立て | トップページ | 気功をば休んで励む仕事かな »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト