« 「第4章」ダメを出されて書き直し | トップページ | 「第4章」も一度直して最終章 »

2014年2月22日 (土曜日)

「第4章」直して知人に腹を立て

 7時30分頃起床。

 晴れ。

 古新聞を資源ゴミに出す。

 ぐっすり寝たはずだが、眠い。ベッドに入れば二度寝出来そうだが、起きて、朝のモロモロを済ませる。

 厚焼きトーストにスクランブルエッグ、ベーコンを焼いてコーヒーを飲む。

 コーヒーをがぶ飲みするが、眠気が去らない。困ったね。今日は「第4章」を直して、「第5章」を書き始めたいのだ。

 ちょっと足りないので、パストラミ・ポークをパンに挟んで食う。

 トイレに入って体重を量ったら、驚くべき数字!増えていたのではなく、減っていたのだ。メシを食ってから計ったのに、89キロを大きく切っていた。え?

 すぐ昼になる。NHKの「生活笑百科」を見る。横山ホットブラザースの二枚目(次男)がモーレツに老けたのに驚く。ボケの長男も老けたが次男ほどではない。やっぱりハンサムは老けが目立つのね。

 どうにも腹が減ってたまらないので、メシを食いに出る。迷った末に、松屋で牛焼肉定食を食べる。やっぱり炭水化物だけじゃダメなんだよな(と言いつつ玉子もベーコンも食べてるのだが)。

 さすがにそれが効いたのか、帰宅してから進み出す。

 どこをどう直すかは決めてあるので、それに沿って直せばいいだけなのだが、どうにもスイッチが入らなかったのだ。それがやっと入って半分終わったところで、疲れてしまって、少し休憩。

 と、そこで電話が。シドニーから日本に戻って以来、遺伝性の奇病が発病してしまったOからで、いろいろ話しているウチに、この男の意味のないプライド故のウソがばれたり、思い違い・勘違いしていたことがバレた。ならば自分の間違いを認めればいいのに、あーだこーだと言い繕う態度に腹を立てて電話を切る。

 ここでOの勘違いをあげつらう気もないし、おれだって勘違いして間違っていることもあるのだから、思い違いや勘違いを責めるつもりもない。しかし間違いが判ったら強弁したって意味がないじゃないか。ミスを認めれば済む話なのに。

 この男はシドニーでも日本でも理不尽な目に遭って腹を立てているのに同情して一緒に怒ったり相談に乗ったりしたのだが、本当はこの男が一方的に勘違いして筋違いの怒りを放っていたんじゃないのか?と思い始めた。

 彼の話を聞いていると、何ヵ所か合点がいかないところがあるのだが、それは彼の表現力の問題なのだろうと思っていたが、実はそうではないんじゃないか……。

 正確に状況を理解して判断する能力に欠けてるんじゃないのか、と思い始めた。それはたぶん、かなり前からのことではないか?

 まあ、勘違いだけなら笑って済ませる(度重なっているけれど)ところだが、今回はそれにプラスして、自分が幕末のジョン万次郎か戦後すぐの白洲次郎みたいに、自分だけは特別な米英との特殊なルートを持っているという強い思い込みに辟易したこともあった。

 詳しく書くと笑ってしまうので省くが……学生時代からあった傾向が、病気になって一人で部屋に閉じこもることで余計に悪化している感じがする。独居老人が妄想の中で生きてるような感じで、指摘すると意固地になるパターンそのもの。

 誰かと話をするのは医者以外はおれしかいないのかもしれないから、我慢して話し相手になっていたが、あまりにも現実離れした夢想の世界にいる話をし始めて、その結果としてテレビ局に電話したりしたというので、下手をすると威力業務妨害になりかねないと思って注意したら逆ギレされた。まったく言葉が通じないのに呆れて、こいつはまだなんだかんだ話していたが、通話を切った。

 とにかく、この男の言うことを真に受けないようにしよう。出来ればもう、面倒だから一切関わり合いたくないのだが、まあ、そうもいかないだろうが……。

 当分、放置してこっちから電話もメールもしないで置こう。こいつの孤独を癒す役をおれが引き受ける謂れもない。多少なら友人として手を差し伸べようとは思ったが、今回は限度を超えた。

 長電話だったし、最後には腹を立ててしまったこともあって、感情が乱れて、仕事に戻るのに苦労した。

 それでもなんとか仕事再開。

 今日はなんだか眠気が去ったと思ったら、やたらと腹が減る。

 仕事を中断してメシを食いに出るのもなあと思って、ピザの割引券があることを思い出し、ピザーラに頼む。

 Mサイズを一人で食ってしまった。久々のピザは美味かった。

 で、コーヒーを飲んで仕事再開。

 あと少し、と言うところで、高校の後輩でクラヲタ&オーヲタのAから電話。特に要件はないのだが、あれこれ駄弁る。

 シューマンの交響曲全集はセル/クリーヴランドがいいのだそうだ。シューマンって聞いたことがないのよね。

 で、仕事再開。

 21時前に、終了。「第4章」の改稿を終える。本当は遅くとも夕方には終えておきたかったんだよなあ。

 相方に送って、風呂に入る。

 

 TBS「情報7デイズ」は佐村河内の「罪状」を暴き立てていたが、この後追い取材は何だか不愉快だったので(別に佐村河内に同情しているのではない)、テレビを切る。

 もう、どうにも眠いので、23時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.15キロ(また体重計が狂ったか?)

本日の摂取カロリー:3180kcal

本日の消費カロリー:日常生活+6kcal/199歩+52kcal(自転車)

« 「第4章」ダメを出されて書き直し | トップページ | 「第4章」も一度直して最終章 »

コメント

タイトル、きまってますね。是非、続けて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59182399

この記事へのトラックバック一覧です: 「第4章」直して知人に腹を立て:

« 「第4章」ダメを出されて書き直し | トップページ | 「第4章」も一度直して最終章 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト