« そんなことしている場合ではないと思ったが気分転換に炒飯食いに松戸に遠征 | トップページ | 「第4章」やっと終わって力尽き »

2014年2月19日 (水曜日)

寝不足でヘロヘロ状態だが、テニス

 8時ごろ起床。

 どうしても寝坊できないし昼寝(という以上の分割睡眠)もきちんと出来ないので、夜更かしは本日で中止。今まで通りの朝型に戻す。そして、出来ればもっと早起きする「超朝型」にしよう。

 そう決めたせいか、完全に切羽詰まっているせいか、朝のモロモロを済ませると即、仕事のスイッチが入った。

 今まで、なんだかんだと午前中はウダウダしていたのがウソのように、ダッシュに成功。どんどん書く。

 ご飯を炊いて、アサメシ。玉子かけご飯にしらす、インスタント味噌汁に漬け物。

 仕事再開。昼飯まで頑張る。

 15時前にヒルメシ。ほうれん草とベーコンのスパゲティを作って食う。

 16時を過ぎて、後もう少しで「第4章」が終わるというところで、中断。出来たところまで相方に送る。

 分量的には、頑張れば今日中に終わるのだが、睡眠不足が溜まってきて、ちょっとシンドイ。晩飯を食うともうアウトだろう。晩飯を遅らせて頑張っても、この後はパワーが出ない。と読んだので、テニスは休まず行くことにする。おれが休んだら生徒がいないんじゃないかと思ったりもしたし、来週は確実に休むことになるだろうし。

 17時過ぎまで、寝る。で「5時に夢中!」を見る。

 中村うさぎは、まだ直りきっていない様子だが、快調に飛ばしていた。

「私はブラック作家と呼ばれてますから。すぐ出版社と喧嘩して『オタクからは出さない!』って。でもその時、印税を前払いで貰ってたのよね~。使っちゃってたんで『どうしましょう』って聞いたら、『その分はもういいです』って貰っちゃった~」

 って。出版社が太っ腹だなあと。でもケンカの原因は出版社の自主規制に中村うさぎが腹を立てたから。

 時間が来たので、外出。

 テニスは、いつもの倍以上の生徒で、コーチが「コーチがひとりになった途端に増えちゃって」と困っていた。たぶん季節的なことで生徒の欠席率が上がってたんだと思う。寒い夜に外に出たくない&会社から家に直行したい、というのが人情だろうし。

 テニスは、いいボレーが打てなかったが、後衛ではけっこう捕球に成功して長いラリーが出来たりした。

 内容的にはヘロヘロにはならなかったが、寝不足がジワジワと効いてきた。

 

 風呂に入って、バンメシをどうしようか考える。ロイホも捨てがたいが、上海菜館の本日のスペシャル「鶏唐揚げの野菜あんかけ定食」に惹かれたので、それに決定。

 

 店に入ると大きな丸テーブル二席で大宴会。酒が入ってるからもう、ワハハワハハの大盛り上がり。ま、陽気な酒はいいやね。

 なかなか出て来なかったけど、満席近いんだから仕方がない。

 なかなか美味かった。

 帰宅して、くーたんにご飯を出す。

 

 しかし、アベ政権の「反米度」はかなりのもの。首相側近がYouTubeでアメリカ政府に対して「失望」を表明なんて、これ、ハッキリとケンカ売ってることじゃないか。まあ、ヨーロッパではないことではないけれど、日本では政権関係者がアメリカに楯突くのはタブーだったんじゃないのか?

 これが民主党政権だったら読売や産経が舌舐めずりして「アメリカとの同盟関係の崩壊!」「日米の信頼関係の失墜」「戦後体制の否定」とか嬉々として書き立てて、他のマスコミも上を下への大騒ぎにしてしばらく国会は空転して、やがては総理辞任という道が敷かれるところなのに……。

 自民党の機関紙みたいになってるこの2紙はダンマリというかほとんど黙殺。鳩山をあんなに叩いたのに。

 一応、読売は「不偏不党」をタテマエとして掲げてるんじゃないの?産経はもう東スポ朝刊みたいな、というと東スポに失礼か。右翼御用達新聞みたいなものだから、まともに評価できないが(社会面は除く)。

 静岡県も市区町村からの自衛隊の災害派遣要請を拒絶していた事が判明。あんまり頼みすぎるとイザと言うときに頼みにくくなるという気持ち(そういうことじゃなくて、もっと他の理由があるのか?)は判るが……。

 「怒り新党」は半分寝ながら見た。立ち食いそば屋で天麩羅やコロッケにソースをかけるかどうかという問題でマツコが「そんなの信じられない!」と絶叫。有吉が「食い方なんか人それぞれなんだから」と極めてオトナの対応をすると「アンタ変わったわね」と。こういうところが実に面白い。夏目も下手に引き下がらなくてニコニコしながら自説を曲げないし。

 有吉とマツコはギャラを安く使えるから重宝されてるんじゃない。やっぱりトークに力があるからだ。

 で、0時を過ぎてやっとこさ起き上がって、ベッドへ。

 「ベートーベンの第九は別人の代作だった!」という歴史的大スクープにビックリ、と言う夢を見た。代作したのはドイツの靴職人の堀部さんという人。その本人がテレビのインタビューに答えている、と言うのがもうメチャクチャ。300年も前の時代の代作者がどうして今生きてるの?それがどうして「堀部さん」なの?まあ、夢だし。夢の中だと、どうしてこういう無茶な設定なのに納得しているんだろう?それが不思議だ。

今朝の体重:89.80キロ

本日の摂取カロリー:2315kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+137kcal/3452歩+32kcal(自転車)

« そんなことしている場合ではないと思ったが気分転換に炒飯食いに松戸に遠征 | トップページ | 「第4章」やっと終わって力尽き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59166924

この記事へのトラックバック一覧です: 寝不足でヘロヘロ状態だが、テニス:

« そんなことしている場合ではないと思ったが気分転換に炒飯食いに松戸に遠征 | トップページ | 「第4章」やっと終わって力尽き »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト