« いろいろありすぎた1日 | トップページ | 明日は大雪か〜 »

2014年2月 6日 (木曜日)

世間は物情騒然だけど

 8時ごろ起床。

 曇り。

 洗濯したり、朝のモロモロを済ませる。

 午前中はなんだかんだと雑用が多く、だったら全部済ませちゃえと外出。

 図書館に資料本を返し、ATMで記帳して500円玉貯金をして、富士そばでカレーライスとちくわソバを食べて、帰宅。

 仕事開始。ここ数日、同じ場所で停滞している。その理由は、その場面のイメージが出来ていないから。

 少しのキッカケで一気に書けてしまうんだがなあ。

 戴き物のご紹介を。

Photo

「夜の宴」(幻冬舎アウトロー文庫)

 もはや官能小説と言うより純文学を書き続ける大先輩・藍川さんの、美しき未亡人の愛と性を描く最新作。夫の四十九日に、夫が遺した精巧な性具が届き、その虜になる若き未亡人。その1週間後、夫が会社を託した男が線香を上げにやって来るが……。

Photo_2

「ぶたぶたのお医者さん」(光文社文庫)

 ニフティ時代からお付き合いのある矢崎さんの、人気シリーズ「ぶたぶた」の最新作。往診してくれる人気の獣医さんは、ピンクのぶたのぬいぐるみ。しかもこの先生、ペットの病気だけではなく飼い主の悩みも解決してしまう名医!

 午後、近くの店で買ったアップルパイを食べ、ミルクティを飲む。濃いめに淹れた紅茶にミルクって、こんなに美味しいのね。砂糖は要らず、ミルクの甘さがなんともいえないし、紅茶の香りが素晴らしい。コーヒーより優しい感じがするし。

 仕事再開するが、産経新聞のサイトに、佐村河内氏のゴーストライターをしていた新垣氏の記者会見の模様が詳細に、かつ8つのパートに分かれて順次掲載されたので、読む。

 佐村河内氏の作とされた音楽についての考えは、昨日書いた日記の通りで、この会見を聞いても変わらない。こういうことで、せっかくのあの曲(交響曲第1番)が否定されてしまうのは悲しい。

 新垣氏の言い分がすべて正しければ、佐村河内氏は音楽プロデューサーだったわけだ。問題は、自分で作曲したことにして、被爆二世で障害者を装ったこと。

 ポップス業界ではゴーストというか集団制作は「暗黙の秘密」「公然の秘密」らしい。そういや、「ヒット作を出し続けるには仕方がないんだ!」とゴーストを使ったヒットメーカーがウソを追及されて叫ぶドラマがあったなあ。「相棒」だったか、「リーガルハイ」だったか。もっと違うドラマだったか。

 「佐村河内音楽工房・制作」とかにすると、佐村河内氏のキャラで売れなくなるわけか?

 クラシック業界だって、かのロッシーニは音楽工房で弟子にどんどん書かせてオペラを量産していたらしい。

 悲劇を身に纏わないと、売れないんですかねえ。まあ、NHKは飛びつかなかっただろうなあ……。

 佐村河内氏の代理人である弁護士がなんだか軽そうで、ニコニコして取材に応じていたのが気になる。もっとシリアスな顔をして応答した方が良かったんじゃないの?ウソでも。

 「5時に夢中!」を見る。月曜はマツコにやりこまれる役回りのふかわりょうだが、他の曜日はツッコミに廻る。木曜日は岩井志麻子のエロ話と新潮社出版部長の名コンビ。

 で、「下ネタに最も長けている編集者が集う双葉社・それも週刊大衆編集部」にリポーターが突撃取材!のコーナーが実に面白かった。

 夜は、パック入りの「おでん」。ゆで玉子・ちくわ・はんぺん・大根・こんにゃく。和辛子がなかったので、柚胡椒で食べる。これにごはん。絶対足りないと思ったけれど、案外腹持ちがよくて、これ以降何も食べず。

 仕事再開。まあ、多少は進んだか。

 「報道ステーション」は都知事候補4人の生出演。

 で……やっぱりタモガミは泡沫候補というかキワモノ候補として扱われるべきだった。なのにイシハラが支援に廻ってしまってなんだか主要候補者の列に入ってしまった。今のイシハラはもう政治家と言うより意固地な復古主義者のジジイでしかない。

 で、タモガミの中身はやっぱり、泡沫候補そのもの。ドクター中松とどっこいどっこいの惨状。判ってないのは当人と支援者だけ。

 政策のすべてが時代錯誤。今どき「隣組の活用」?地域の連帯はあった方がいいとは思うが、現状で町内会がどれくらい機能するの?そのために定期的な防災訓練をして地域の連帯を醸成するとか言うが。

 極め付けは原発についての認識。どこの御用学者に聞いたのか、福島から避難する必要なんかなかったのに政府が間違った避難をさせて地域を崩壊させたとか、核廃棄物は全然コワくないとか、もう、正気の沙汰とは思えない発言を連発。これはもう、まともな反論をするのもバカバカしくなって苦笑するしかないだろ。

 で、そんなタモガミに真面目に具体的な反論をしていたのは宇都宮先生のみ。同じく反原発を掲げる細川は口を挟めずダンマリ。席が離れていたこともあったろうが、細川は他の政策についてもなんだか具体性を欠くし反応も鈍い。まあ、高齢だし遊説からスタジオに飛び込んだらしいから疲れもあったのだろうし殿様だからおっとり構えているのかもしれないが、こういう場で自分の得意分野でも全然発言しなかった。細川、大丈夫か?

 で、この「討論会」では具体的に政策をきちんと述べられたのは舛添と宇都宮先生だけ。舛添は厚労大臣を務めたことを前面に押し出すのがハナにつく。細川は総理大臣を務めたんだぞ。何もしなかったけど。

 タモガミは論外。細川もやっぱり頼りない。しかし舛添を当選させたくない。ということで誰に投票するか決めた。え?マック赤坂?

 「アメトーク」の「柔道芸人」をついつい見てしまった。やっぱりこの番組は見せ方が上手い。運動神経ゼロ芸人の村上を用意して技の掛けられ役をさせたのは大成功。

 

 迷ったが、風呂に入る。もうね、このトシになると、毎日お風呂に入らないと、加齢臭がする。水曜にテニスに行って、ロッカールームを歩いていると加齢臭がハナについて「中高年ばっかりいるからなあ」と思ったが、それは自分が発する匂いだったし……。

 ゆっくりお湯に浸かってホカホカになって、早く寝ようと思ったのに、なんだかんだで1時30分就寝。

今朝の体重:88.95キロ

本日の摂取カロリー:1757kcal

本日の消費カロリー:日常生活+18kcal/482歩+45kcal(自転車)

« いろいろありすぎた1日 | トップページ | 明日は大雪か〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59085755

この記事へのトラックバック一覧です: 世間は物情騒然だけど:

« いろいろありすぎた1日 | トップページ | 明日は大雪か〜 »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト