« 快楽亭ご招待奥飛騨新穂高温泉第1日目 | トップページ | 雨上がって気学教室へ »

2014年3月26日 (水曜日)

快楽亭ご招待奥飛騨新穂高温泉第2日目&テニス

 6時過ぎ、目を覚ますと隣の師匠がいない。さては風呂に行ったな!

 綿入れを着込んで風呂へ。

 朝だから人も少ないだろうと思ってiPhoneを持っていく。

 広い風呂に師匠ひとり。

「お。来たんですか」

 と、師匠。

「寝てるから悪いと思って」

 まあ、正直、このまま寝てようかと思ったんだけど。

Img_1384

Img_1385

Img_1386

Img_1387

Img_1388

Img_1389_2

Img_1390

 さすがに朝一番の風呂は、温度が下がっていて、ぬるくて長風呂できる場所は、ぬるい。しかし他の熱いところはやっぱり熱い。

 で、ぬるいところで師匠と喋りながら1時間。

 ピンク映画のこととか、まあ、話は尽きない。

 アサメシは7時30分から。

 おれは、旅館の朝飯が大好きだ。ブッフェ形式も好きだし、セットされた朝食も好き。

 今朝の献立は、甘く干した小さなカレイを炙って。朴葉味噌を焼いて。お好みで卵とじに。味噌汁とは別に豆腐や椎茸などが入ったお汁を温めながら。ハムサラダ。ご飯。海苔。香の物。後何かあったっけ?

 納豆がないのがおれとしては嬉しい。

 で、カレイが美味しい。そして、朴葉味噌。元の味を確かめない前に玉子を落として卵とじにしてしまった。それはそれで美味しいけど、元の味が判らない……と言ったら、師匠が一口くれた。うん、どっちも美味い!

 で、これまたいろいろ喋りながら食べるが、内容は書きたいけど、書けない!

 

 アサメシをたらふく食べて部屋に戻って、朝のワイドショーを見る。「談笑は出ないんですカネ」とか言いながら。

 朴槿恵(お、一度で変換!)も国内で反日を煽りまくった手前、記者会見でにこやかにアベと同席出来なかったんだろう。だけど、一国の元首がこういう態度って言うのは、そもそも間違ってると思うぞ。だいたい国内を引き締めたり政権の人気浮揚に反日を使うのはもう勘弁して欲しいと心から思う。日本にだって足りないところはいろいろあるとは思うが。

 マレーシア航空機ミステリー。そして身近な話題で、マンションのベランダ迷惑問題。ベランダタバコが臭いというのは、たくさん吸うからなんだろうな。まあたしかに、隣人が鈍感だったりすると、トラブルにはなるよなあ。しかし文句を言う方も過敏すぎると思えるケースもあるし……。

 ま、おれの「屋上物干し場所取り事件」を考えると、人のことは言えないけど。

 で、時間が来たので、撤収。

 ロビーで師匠が支払いをしていると、同宿の女性がやって来て、「あ、テレビに映っていた人だ!」と。

 ここで師匠も、「師匠!ご活躍、拝見してます」とか言われたら愛想よく応対したんだろうが、「大須の時にテレビに出てた人」と言われたらムッとしたんだろう。荷物整理をするフリをして無視していた。聞こえないはずはないんだから、アレは意図して無視したんだろう。

 普段は愛想がいい人なのに……。

Img_1391

 ロビーの薪ストーブが温かい。


 その件にはおれも触れず、奢って貰った礼を言って、バス停へ。

 バスはぴったり定刻にやって来た。

 バスに乗ったら車内が何だか硫黄臭い。他の温泉に入ったお客が発するニオイだろう……と思ったら、おれ自身が発していた。あの温泉は無色透明無臭だと思っていたが、微かに硫黄の匂いがする。1時間以上の長風呂をしていると、匂いが染みこむのだろう。

 しかし、師匠の元気のパワーは温泉の長風呂ではないかと思うので、おれも元気でいられるかも。しばらくは。

 師匠はこのまま高山まで。おれは途中の平湯ターミナルで乗り換える。

 降りる前に師匠に再度礼を言う。

 乗り換えに1時間ある。 

 この平湯ターミナルには露天風呂もあるが、朝入ったばかりだし、また脱ぐのも面倒だから、パス。

 土産物をじっくり見て、レストランでドーナツのセットを頼む。いろいろ食い物もあったが、朝、山ほど食ったからねえ。

 小さなドーナツにカボチャアイスが付いてきた。

Img_1392

 バスターミナルにある足湯。足湯って、靴を脱がなきゃ行けないから、サンダル履きの夏ならいいんだけど……。


 で、松本行きのバスに乗る。

 車内で、冨田勲の「新日本紀行」を聞いていたら、何故か涙が止まらなくなって困った。

 今、この「新日本紀行」を聞くと、「かつて地球に存在した美しい国を偲んで」という気持ちになってしまう。マジで、日本は原発で滅んでしまうんじゃないか、とどうしても思ってしまうのだ。

 ウトウトしていると、松本着。

 バスターミナルから駅に向かうのに幹線道路を渡らなければならない。

 横断歩道の信号が青になったので渡りはじめたら、信号を完全に無視した軽自動車が突っ込んできて、そのまま走り去った。

 運転しているのは痴呆が入っているようなクソジジイだった。こんなボケたクソジジイに運転させるな!

 その車の側に横断する人がいなかったから良かったものの、いたら完全に跳ね飛ばして死亡事故になっていたはず。速度もかなり出ていたし。

 ほんと、あのクソジジイはひどい。早く死ねと真剣に念じてやったぞ!

 で、バスはちょっと遅れたのか?

 師匠に貰った「あずさ回数券」を指定券に変えるためにみどりの窓口へ。機械で出来るはずだが、やったことがないので、窓口に並ぶ。窓口だと旅行相談も兼ねているから、時間がかかる。ある女性は複雑な通勤定期を買おうとして混乱して、窓口の係の人に「判ります?」と聞かれて青い顔をして首を振っていた。その恐怖に近い表情が印象的。ああいう表情は、芝居じゃなかなか出来ないよなあ。

 なので、松本駅でそばを食べて、と思っていたのに、その時間がなくなった。立ち食いがあれば食えたのに。

 駅弁を買う。迷った末に、「おにぎり弁当」を買う。下の段に大きなオニギリが3つ、上の段にはおかずがギッシリというお買得なもの。

 プラットフォームに行くと、団体さんが。「もう何にも判らないから付いていくだけ」とか言ってるオバサンがいたが、旅行の内容とか旅程は把握しようぜ!こういうオバサンが途中ではぐれたりして迷惑な存在になるんだから。

 席について、早速弁当を広げる。

 たしかにお買い得で、満腹になる。

 帰りの車中で読もうと思って持ってきた資料本は読めず。弁当を食ったら爆睡。

 外は雨模様だし。

 が、東京に近づくと晴れてきた。

 後ろの席にいるガキ2匹がだんだんうるさくなってきた。よく喋るガキで、連れているのは孫にはアマアマなジジババ。それはそれで微笑ましい光景ではあるのだが、2匹のガキは退屈しているから、ジジババに受けるのが楽しいのだろう、下ネタ、しかもスカトロ系に走り始めて爆走状態。ガキはスカトロ系が好きだから、もう止まらない。ジジババは「あはは」とか笑っているから、もう処置なし。

 今日はテニスだが、旅行だから諦めていた。しかし、帰宅時間によっては、一度帰宅して支度して、テニスに行けるかもしれないと思っていたが、時間的には、行ける。ただ、体力と気力の問題が……。

 帰宅したらホッとして、もう外に出る元気がないかもしれない。

 ギリギリまで迷うことにする。

 新宿到着。が、キップがない。さては車内で落としたか。キップを落としたことなんかないから、改札でどう説明すればいいんだ?戻って車内清掃の人にキップを拾ってないか聞こう。

 そう思って戻ったら、ドアは閉まって清掃の人と話せない。

 困ったなと思いつつ、もう一度ポケットを探ったら……あるじゃないの。いつもキップを入れるのと反対側のポケットに入れていたのだ。

 新宿でそばでも食うかと思ったが、弁当で満腹したまま。それにそばを食っていると帰宅が遅くなる。

 16時過ぎに北千住着。

 歩くのが面倒になったので、タクシーで自宅まで。

 部屋に入ると、くーたんがお出迎え。

 抱っこして、留守番の礼を言う。

 で、テニスの支度をして、時間まで「5時に夢中!」を見る。

 中村うさぎ、再入院したはずなのに、出てる!医者のストップを振り切って出てきたらしい。「仕事あっての命だからね!」って。

 そのへん、おれなんかとは違うんだねえ。

 時間が来たので外出しようとしたら、くーたんがもう必死になって止める。旅行に出る時は知らん顔だったのに。やっと帰ってきたと思ったら、また出かけるのか、おい!という心境なんだろう。

 可愛いねえ本当に。

 で、テニス。

 最初からヘロヘロ気味でスタート。

 へたばるかと思ったらそうでもなく、最後までやる。

 いいボレーを決めたりしたが、惜しい球を何度も捕球ミス。

 ガックリ。

 風呂に入って帰路につく。

 モーレツに腹が減ったので、東武曳舟駅前の「あずま」でハンバーグ定食を食べる。夜食うにはボリュームありすぎだが、美味い。

 帰宅。

 くーたんとたくさん遊ぶ。

 それでくーたんも満足したらしい。

 「マツコ&有吉の怒り新党」を見て、途中で寝てしまったので、そこで見るのを止めて、0時30分頃、就寝。

 夜中に何度か、くーたんが布団に入ってきたので、一緒に寝る。

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2685kcal

本日の消費カロリー:705kcal+225kcal/6223歩+34kcal(自転車)

« 快楽亭ご招待奥飛騨新穂高温泉第1日目 | トップページ | 雨上がって気学教室へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59363304

この記事へのトラックバック一覧です: 快楽亭ご招待奥飛騨新穂高温泉第2日目&テニス:

« 快楽亭ご招待奥飛騨新穂高温泉第1日目 | トップページ | 雨上がって気学教室へ »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト