« 新刊挨拶回り3日目&「軍師官兵衛」2話分視聴 | トップページ | 3.11 »

2014年3月10日 (月曜日)

ハンバーガー食って気功

 8時過ぎ起床。

 たっぷり寝ているはずなのに、爆睡感と爽快な目覚めがないなあ。

 朝のモロモロを済ませて、先延ばししていたあれこれを片付ける。

 まず、先月分の税金関係の書類をまとめて発送できるように準備。

 祥伝社M氏と、初校ゲラが出る日の打ち合わせ。その頃ちょうど大阪日帰り出張に当たってしまう(なんせ格安のピーチでチケットを取ったのでフライトの変更が出来ない)可能性が高いので。

 ブランチに、厚切りトースト2枚にベーコンエッグ、牛乳、コーヒー。

 相方から実業之日本社発行の「ジェイ・ノベル」用のエッセイ原稿が来たので、〆切の1週間前だが、チェックして送稿。

 おれは、週刊新潮「黒い報告書」を書こうとして、元ネタの事件報道を読み返すも、全然頭が働かない。

 で、春の旅行のために、片山津温泉で安く泊まれる旅館を調べる。金沢から片山津温泉って、JRを使うのが便利だが、今回はいろいろあって格安チケットをバラで買う旅行になるので、そのチケットは金沢まで。一番いいのは金沢から送迎バスがある宿。

 まだ先のハナシなので、いろいろ探すのも楽しい。

 ビートたけしが、3年前の東北大震災直後に出したコメントというか、連載エッセイ(これは喋ったのを誰かが文章に直してるんだろうが)が、今読み返しても物凄く説得力のある名文だと評判になっている。これ(←リンク)。

 たしかに、この文章はズバリ本質を突いていると思う。しかし……。

 たけしは、TBSの「ニュースキャスター/情報7デイズ」の中で、原発を全面的に擁護したんだからね。震災後最初の放送で。

「自動車はあれだけ事故を起こしてあれだけ人が死んでるのに誰も廃止しようとは言わないね」(大意)

とか、ガキの屁理屈みたいなことを言ったのに大いに呆れた。この件は佐高信他の人たちが本にまとめているから、この発言のアホさ加減についてはこれ以上書かないが、こういう事を言ったビートたけしの世相放談は、基本的に聞き流すことに決めている。

 まあ、たけしも電力会社の宣伝に出て原発推進発言をしていた義理とかシガラミがあったから、1度は「原発擁護発言」をしておかないとヤバい世間の義理もあったんだろう。同じように原発推進の宣伝に出て「原発推進論者」と見なされていた水道橋博士はかなりのバッシングを受けたし。

 この期に及んでも原発を擁護したり原発を推進する連中って、原子力ムラの専門バカか、同じく原子力ムラの住人で利権で儲ける事しか考えていない金の亡者なんだろう。火力発電のための重油の輸入量が増えたから日本の貿易収支が赤字になってるから原発が必要とかいう視野狭窄なヤツもいるけど、貿易赤字の元凶は「円安」だろ!円安にしても日本の国内産業は海外に工場を持っているから、日本経済はさほど浮揚しないことがハッキリした。上がったのは株価と原油価格。

 それに、トータルコストを考えれば原発はバカみたいに金を食うじゃないか。事故を起こしたらどんな事になるか(その地域が壊滅するんだぞ!)目の当たりにして、現在も進行中なのに、原発推進論者は何故か、なかったようなフリをするのはどういうことだ?爺さんや婆さんの代に起きた事じゃなくて、たった3年前に発生して、今も汚染は進行してむしろ拡大中じゃないか。汚水処理問題は解決していないし、アベは「完全にコントロールされている」と見得を切ったが、あれはホラでしかないことは明白なのに、原発推進論者は「原発を動かしても大丈夫」なことを論理的に全然説明しないもんね。出来ないんだろうけど。

 すでに出来ている原発だって維持コストはかかるし、廃棄物はどうするの。ゴミの処理が出来ずに溜まる一方だというのに、どうして原発を動かしてゴミを増やす気になれるんだ?福島第一原発だって「安全」だとされていたのに、「想定外のこと」が起きて大惨事になったのだから、今後もどんな事が起きて新たな事故が起きるか判ったものではない。専門家の安全宣言ほど信用出来ないものはないと原発推進派の連中は学び損ねたんだろうね。

 原発は、天変地異が起きなくてだだっ広いアメリカとかで使うべきもの。そのアメリカでも原発は縮小してるじゃないの。アメリカではコストの安いシェールガスが出たからだとか原発推進派は言うけど、原発のコストも安いんじゃなかったんだっけ?

 こういう事を書くと、バカは「原発に反対するのに電気使うんですか」とか狂ったチョッカイ(電気は原発でしか作れないと思い込んでる)を出してくるが、おれが使ってるのは火力や水力で作った電気だ。現に今、東京電力の管内では原子力で作った電気は流れてないだろ!

 どっちにしても、原発推進派の言うことは正気の沙汰じゃない。石原慎太郎はもう政界を引退した方がいい。

 夕方、クリーニングに出しっ放しだったジャケットやセーターを引き取りに行く。

 今まで、無くなったと思って徹底的に捜していたセーターは、無いはずだよ。クリーニングに出していたのだ。記憶では捨てたり処分したはずは無いのに、現物が見つからないので、いよいよおれの記憶もダメになってきたなと思っていたのだ。

 いや~よかった。

 というか、クリーニングに出していたことを忘れるなよ!

 で。

 本日は気功だが、人形町には、とても美味しいハンバーガー屋の「ブラザーズ」がある。評判を聞いて食いに行って感動した記憶は鮮明だ。

 なので、相方と行くことに。

 半蔵門線水天宮前からはちょっと離れている。道中に、新刊挨拶回りリストの最後の1店があるので、寄ってご挨拶。

 そして、「ブラザーズ」へ。

 気功には遅刻するが、遅れますと連絡を入れて……。

 おれはベーコンチーズバーガー。相方はベーコンエッグバーガーを食う。

 美味い。

 ただ……、その後、北千住には美味しいハンバーガー屋が次々に開店して、今や北千住は「ハンバーガー激戦区」。「サニー・ダイナー」は有名だが、後発の「KHバーガー」も美味い。おれの好みは後者。それにパブの「蜂の巣」も美味いバーガーを出す。

 なので、以前のような感動はなかった。もちろん抜群に美味いんだけど。

 で、10分遅刻して、気功。本日はみなさんお忙しくて、おれたちが行った時、会場にいたのは聖さんだけ。

 で、我々が加わって、生徒は3人。

 静かな動きだけど呼吸が苦しくて汗がどっと出る新ワザを教わる。

 横になると、瞬時に寝てしまったらしい。

 終了後、人数が少ないので、「大人数では行けないとっておきの店」に行く。

 函館直送の魚を食わせる店。

 ホッケの刺身が、絶品!ホッケって開きを焼いたのしか食べたことがなかったので、この美味さには感動した。他の刺身や「ししゃも食べ比べ」で出てきたシシャモも美味かったし……いろいろ食べて、すべて美味かった。

 その分ちょっと高いし、店にはリッチな勤め人(部長以上という感じ)がほとんど。大企業のエライ人って、ほとんど会う機会が無いのだが、地位は人を作るという言葉は本当で、上品な人が多かった。いわゆる「カッコイイおじさま」。ああいうふうにトシを取りたいなあ。

 

 魚が美味いので、お酒も結構飲んでしまった。寒い夜には熱燗。「男山」が美味しくて、ビールの上にお酒も結構飲んでしまった。

 で、〆はみんなの反対を押し切って、お握り。これが美味いのよ。

 で、23時ごろ、解散。

 半蔵門線で帰宅。

 くーたんにご飯を出し、ご機嫌を取ってしばし遊んだが、風呂は省略して、0時30分撃沈。

今朝の体重:90.60キロ

本日の摂取カロリー:2761kcal

本日の消費カロリー:日常生活+503kcal+201kcal/4801歩+53kcal(自転車)

« 新刊挨拶回り3日目&「軍師官兵衛」2話分視聴 | トップページ | 3.11 »

コメント

原発推進派には、ヲタクの人たちも多い気がします。
いま現在の経済が悪くなると、ワーキングプアが増えるとか、すでにあるものは危険をなくして活用すべきだとか……説得力のないことをいってますね。

いま原発反対の中心にいるのは、ぼくらの世代から上、つまり団塊世代といわれている人たちが多いですよね。
その団塊世代に対する反撥が、ヲタクや若い人たちにはあるようで、団塊世代が反対するなら賛成してやるというひねた根性も感じます。
なんでしょうね……団塊世代に対する反撥って???


ついに函館直送の店にいかれましたか!
ぼくは二度行きましたが、Oさんに対する唯一の自慢がなくなりました(^o^;)

あしかわ様:
オタクというのは、その専門分野についてはとても詳しいはずなのに、そんな感情的な(もっと言えばクソな)バイアスがかかって、真実が見えなくなっているとしたら、彼らはオタクの名に値しないでしょうね。僕はそう思います。オタクならオタクらしく、自分の専門分野の知識に誇りを持って戴きたいです。
で、僕は団塊の世代ではないし、原発に関しては、世代に関係のない、世代問題を超越した「自分の生存」に関る切実な問題なのに、くだらないことに絡ませるなんて、まったく意味がないと思います。
で。
函館直送のあの店は、本当に美味かったです!最高でした。特に、ホッケの刺身!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59273969

この記事へのトラックバック一覧です: ハンバーガー食って気功:

« 新刊挨拶回り3日目&「軍師官兵衛」2話分視聴 | トップページ | 3.11 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト