« 越しても越してもホンダラホダララホイホイ | トップページ | 「第4章」まで決定稿を出して、夜はアカデミー賞ショー »

2014年3月 2日 (日曜日)

テレ東への愛を感じつつ、一応、書き終わり

 9時ごろ起床。

 雨模様。

 朝のモロモロをやっていたら、すぐにお昼近くになってしまった。

 昨日書いた、最終章の残り部分を見直してあちこち加筆修正して、相方に送る。

 

 ブランチは、厚切りトーストにスクランブル・エッグ、ベーコン、コーヒー。

 で、「エピローグ」。いろんなオトシマエを付けなければ。まーしかし、ダラダラ喋らせては芸がない。「太陽に吠えろ」でも裕次郎がお茶目なことをしたりしてたし。

 それで思い出すのが、映画「裸の銃を持つ男」シリーズの元になったテレビシリーズ「フライング・コップ」。これのエンディング部分が無茶苦茶おかしかった。よくあるストップモーションを逆手にとって、コーヒーを淹れているところで「人間ストップモーション」をするので、コーヒーは溢れ出すわ地震が起きてセットが崩壊するわ罪人は逃亡するわ、もう無茶苦茶。映画より面白かった。DVDを借りよう。

 日曜の午後はFMタイム。「松尾堂」は桂枝雀のご子息と落語作家・評論家の小佐田定雄がゲストで、枝雀落語の魅力を語るが、もう愛に溢れていて面白い。松尾貴史もファンだったので盛りあがる。あんまり面白いのでじっくり聞いてしまった。

 引き続いて、「きらクラ!」。こっちはユルユルだったので、仕事しながら……と思ったが、ソファに寝転がってステレオから音を出して聞く。

 途中、去年の12月に賞味期限が切れていたレトルトのハヤシライスを温めて、聞きながら食う。普通に食えるじゃん。

 「ふかわりょうの『こどくら」」試作が面白かったが、オープニングが「アルビノー二のアダージョ」だとやっぱり、今から自殺しそうでヤバい。

 16時になって起き上がり、ネジを巻く。

 なんとか「エピローグ」を書いてしまわねば。

 まあ、謎解きというか後日談の部分はどうしても書いておかないといけないので、書く。そのあと、どう捻るか。

 晩飯にする。

 今日も雨だとは予想していなかったので、冷蔵庫には何もない。

 最近、雨の日に外に出るのが極端に嫌になってきた。ほとんど猫状態。風呂は好きだけど。

 なので、出前を取る。弁当やピザではなく、温かい麺が食べたい。それもうどんではなく、ラーメン系。

 いろいろ調べたら、この界隈に配達してくれる店の中で「香港の達人」が一番麺類が充実しているので、ここに頼む。しかしこの「香港の達人」は、雨の日に頼むと、5回中2回は注文を忘れられたことがあったんだよなあ。最近は改善したのかな?

 予定時間より10分ほど遅れて到着。担々麺とミニ青椒肉絲丼とザーサイ。

 担々麺は、到着時に玄関先でポットから担々麺のスープを丼に注ぐのだが、受け取って玄関マットの上に置く時に、スープを注いだ時に捲ったラップから担々麺の真っ赤なスープが零れてしまった。ま、これはおれのミス。

 早速食べる。出前のラーメンは、麺が固まっている。これがまあ出前の風情があって、妙に好き。

 食べ終わって、玄関マットを拭く。しかし赤い染みが取れない。仕方がないので漂白剤を使ってみたら、キレイに取れました。

 食後休憩で、「テレビ東京開局五十周年記念番組」を途中から見る。

 似たようなものをテレビ朝日がやっていたが、こっちは「今ウチが一番勢いがあるんだぜ!」的なプライドがぷんぷん匂って、しかも回顧したテレ朝のバラエティ番組って、イマイチ面白くないモノばかりだったので、全体にダメだった。しかしテレ東のこの番組は、「徹底的自虐史観」に基づいているので、ムチャクチャ面白かった。第一期入社の田原総一朗が「テレ東は偏差値が低い」「他所の局を落ちたヤツばっかり」と言ったら、大橋アナが「ホントそうです!」って。自分の局をこんなに卑下して自虐していいのか?!

 18年ぶりにSMAPの5人を呼んで昔のビデオを見せるのに、わざわざ社員食堂を使うという露悪ぶり。「テレ東が一番扱いが『粗い』よね」とキムタクが何度も言うほど。「2年に1回はテレ東に出て、鼻が高くなった自らを戒めないとね」と。半分キツいジョークだが、半分は本音かも。

 山城新伍の「独占!男の時間」は昔、毎日放送でもネットしていたので、見てたなあ。毎日放送と言えば「夜の大作戦」という藤田まことのバラエティをやっていて、これは赤坂のナイトクラブのショーみたいで、大阪制作のバラエティなのにかなりスマートだった。セットも妙に豪華だったし。由利徹が「おしゃまんべ」とかやっていたけど。

 旧東京12チャンネルって、「教育専門局」だったのに、一番エロい番組を放送してたよなあ。「ハレンチ学園」とか。

 「モンティパイソン」で、タモリがデビューしたのも東京12チャンネルだったよね。あれ、もうテレビ東京になってたっけ?

 大事件が起こってもアニメの通常番組を放送しているとか、テレ東が特別番組を放送するのは地球滅亡の時だけ、とか言われるほど、この局はユニーク。他の局がどこも番組もステーション・イメージも似たり寄ったりになっている中、テレ東のユニークは特筆すべきだ。

 このユルさを愛する人も多いだろう。おれも、最近好きで見ている番組って、テレ東が多いんだよなあ。あ、MXも多くなってきた。おれってやっぱりマイナー好みだなあ。阪神柏戸Macintoshだもんね(って意味不明だろうね)。Macの代わりにベータマックスを入れてもいいけど。

 「軍師官兵衛」は再放送で見ることにして、このダラダラな開局記念番組を最後まで見る。

 で。

 これでファイトが出たのか、踏ん切れたのか、「エピローグ」の最後まで書き上げる。そして、相方に送信。

 終わった~!

 相方から戻ったファイルを最終確認して祥伝社M氏に送り終えて「脱稿」と言えるのだが、おれ的には、一応「脱稿」。

 風呂に入る。右肩がもうガチガチ。テニスを休んでから、この痛みの原因は仕事以外に考えられない。キーボードとマウスの酷使。でも、キカイの方は壊れていない。

 雨の中、ゴミ出しをして、今週の予定をどうしようか考える。新刊のPOPを作らないといけないし、友人に会わないといけないし、ちょっと休みたいし……。

 くーたんと遊ばないまま、1時就寝。

 しかし、今日は何にも使ってないのに、iPhoneのバッテリーが激減!朝100%に充電して、何にも使ってないのに20%を切ってるのはどうして?

 なんか最近、自宅の無線LANを掴まえ損ねている時があるのだが、それが原因なのかな?

 朝まで爆睡。若山牧水。

今朝の体重:88.70キロ(間違いだと思って何度も計った)

本日の摂取カロリー:2157kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 越しても越してもホンダラホダララホイホイ | トップページ | 「第4章」まで決定稿を出して、夜はアカデミー賞ショー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59229936

この記事へのトラックバック一覧です: テレ東への愛を感じつつ、一応、書き終わり:

« 越しても越してもホンダラホダララホイホイ | トップページ | 「第4章」まで決定稿を出して、夜はアカデミー賞ショー »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト