« 初校ゲラ終えて虚脱感 | トップページ | アリナミンEXの驚異的キキメと「永遠の0」に瞬間的にも勝った日 »

2014年3月18日 (火曜日)

重度の花粉症?

 8時ごろ起床。

 晴れ。

 朝から温くて洗濯日和のような気もするが、今日は春一番が吹くらしい。

 予報は的中。風が凄い。

 そのせいか、朝から目がショボショボしてくしゃみも出る。

 医者に処方して貰った花粉症の薬は飲んでいて、おれの場合、この薬が特効薬となってこの季節をほぼ快適に過ごせるのだが……どうも今年は様子が違う。

 倦怠感、眠い、集中力が出ない、という肝機能障害に似た症状は、なまけ病みたいでもあるが、どうもこれは花粉症の重い症状らしい。そう思うと、「どうりで」と腑に落ちるんだが……。


 アサイチで宅急便が。アマゾンに注文していた、早見俊さんのハードカバー「常世の勇者・信長の十一日間」(中央公論新社)が届いた。ハードカバーで本を出すのは、小説家の夢だ。謹んで勉強させていただきます。

 仕事のスイッチが入らないが、腹は減る。

 朝食は、スクランブル・エッグにベーコン、バタートーストにマーマレードの薄切りトースト、ミルクティ。どうも「イングリッシュ・ブレックファスト」という紅茶のブレンドは味が薄い。ディンブラの濃厚なコクとはほど遠い。濃いめに淹れてもそうだから、このブレンドはおれには合わないのだろう。

 「黒い報告書」なかなか書き始められない。数行書いてみるが、元ネタの事件と違ったりして、どうしようかと思うウチに時間だけが経つ。

 午後も夕方近くなって、どうしても担々麺が食べたくなって、外出。「鶴亀飯店」に行く。ライスもサービスしてますと言われるが、担々麺だけに自制。

 美味い。

 食後、スーパーに行ってあじのタタキなど買って帰宅。

 しかし風が凄い。暴風。立って歩けないほど。

 しかし帰路、「黒い報告書」の書き出しが浮かんだ。

 帰ってきて、書く。

 なんとか進み始めたが、今度は凄く眠くなってきた。

 ソファに寝転んで、村上春樹のエッセイ「意味がなければスイングはない」を読む。これで村上春樹の膨大な数のエッセイはコンプリートしたかも。

 すべてのジャンルの音楽に関するエッセイだが、クラシックを先に読む。ルドルフ・ゼルキンとアルトゥール・ルービンシュタインについての文章がとても面白い。まったく対照的なこの二人だが、その背後にある「豊かなユダヤ人が貧しいが才能ある若者を援助する文化的豊穣」がヒトラーのホロコーストで短期間で消滅してしまったことを短く記している。この部分は簡潔な表現だから、余計に衝撃的な印象を与える。実際、衝撃的な事実だが、それが如何にヨーロッパ文化ひいては人類文化にとって取り返しのつかない事だったのかを、ぐさりと描く。名文とはこの事か。

 日曜の朝に聞くプーランクの魅力を述べる、これまた魅力的な文章も。これらの音楽を心から愛していることが快活な文章から伝わってくる。それを読む喜び!

 おれは村上春樹のエッセイを心から愛する。それと同じくらいに小説も愛したいのだが、こちらはどうもおれが拒絶されている感じがあるのだなあ。

 快楽亭から電話。奥飛騨温泉ご招待の件、帰路、名古屋に寄って美味しい夕食も、という話で、帰りの新幹線代だけは自腹でという事だったので、格安チケット屋で買っておこうかと思ったが、いやいやハナシがどう変わるか判らないから待とうという判断が正解だった。名古屋の「とっておきの店」が閉店してしまったので、予定が変更になって、行きと同じルートで東京に戻ることになったと。

 慎重な判断をしてよかった。

 「5時に夢中!」を見る。マルタ共和国はいくつかの島で構成されているが、その中の1つが「猫の島」として一部では有名らしい。岡本夏生が行って、そのルポ。エエトコですなあ。こういうところに長逗留して小説を書いたら村上春樹みたいな気分になれるだろうか。気分だけはなれるだろうが、書くモノが違うからなあ。おれたちの場合は浮き世離れしてしまうとマズいだろう。

 例によって、途中ウトウトしてしまう。

 担々麺が腹に残っているので、ニュースを見る。

 ベビーシッターの事件をもっと知りたい。いろんな事がウラにあるはず。しかし被疑者の供述はあんまり報道されないし……そのうちに忘れられてしまいそう。しかしこの事件はしっかり調査報道すべきだぞ。

 しかしニュースはクリミア情勢に目が向いてしまった。

 アベ首相はロシアと友好を保って、領土問題にエネルギー問題もなんとかしようという腹だったのだろうが、こうなってしまうと、アメリカとの関係を重視しなければならないから、これまでの積み重ねがフイになってしまうかもしれない。

 佐村河内は、強力な弁護士を雇ったので急に強気になったようだ。まあ、今後予想される巨額の損害賠償請求に対処するために印税を確保しておかなければならないだろうし。だけど新垣さんを批判するのは得策じゃないぞ。この辺、強力な弁護士はきちんと助言しなきゃ。

 

 メシにする。あじのタタキ。「梅醬油」というものがついてきたので、それで食べるが、ダメ。マズい。やっぱりあじのタタキは生姜醤油に限る!

 夜になって、倦怠感はどんどん強くなり、睡魔も強力になってきた。

 とにかく、グッタリ。てっきり疲れが抜けないのだと思っていたが、そうじゃないのね。花粉症なのね。

 「福家警部補の挨拶」の檀れいは、今更だけど、美しいですな。メガネとファッションがとてもよく似合う。こういう部下がいると面倒だろうけど、このキャラクターはいいなあ。是非シリーズ化して欲しい。今回出てきた少女も可愛い。とはいえ、つまみ食い状態でしか見ていないが。

 可愛いと言えば、レオタードを大量に盗んでネットで売っていた「自称タレント」もかなり可愛かった。まともにタレントになれば、そこそこ売れたんじゃないのかなあと思ったのだが。

 夜になって、徳間Y氏から、某チェーンから「闇猫・冴子」の大量注文が入った、と。この勢いで増刷になればいいんだけどなあ。

 21時のNHKのニュースを見て、「報道ステーション」になだれ込み、23時から他局のニュースを見て、欧州情勢におののく。

 ウクライナが火種になって……という展開はちょっと考えられない。とは思うが、第一次大戦の時も第二次大戦の時も、大きな戦争にならないよう、後から考えたら失策だったとは言え、その時点では努力してはいたんだよねえ。それを思うと、実に気味が悪い。

 0時に、沈没。

 明日は頑張らないと。

今朝の体重:90.25キロ

本日の摂取カロリー:2250kcal

本日の消費カロリー:日常生活+25kcal/604歩+13kcal(自転車)

« 初校ゲラ終えて虚脱感 | トップページ | アリナミンEXの驚異的キキメと「永遠の0」に瞬間的にも勝った日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59318198

この記事へのトラックバック一覧です: 重度の花粉症?:

« 初校ゲラ終えて虚脱感 | トップページ | アリナミンEXの驚異的キキメと「永遠の0」に瞬間的にも勝った日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト