« プロットと音楽の日曜日 | トップページ | POP作って太田裕美に感動して号泣 »

2014年4月 7日 (月曜日)

那古船形を歩く

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 完全に、春。暖かい。

 朝のモロモロを済ませようとMacに向かうと……足元に、「うんこのライン」が。

 くーたんのフン切れが悪くてお尻を滑らせたのだ。

 ここでやられて、まあ良かった。

 アルコールを含ませたキッチンペーパーで丹念に拭き取る。

 もちろん、くーたんは叱らない。仕方がないし、怒ってもどうして怒られるのか理解出来ないだろう。

 厚切りトーストにゆで玉子のアサメシを食べて、仕事開始。

 プロットをまとめる。

 昨日はあんなに集中出来なかったのに、今朝はとても集中出来て、2時間ほどでまとまった。

 プリントアウトしてiPadにも送っておく。

 本日は、千葉・館山の一つ手前、「那古船形」を相方と歩くことにする。

 何故、「那古船形」か?ここには昔からの名水があるから。

 おれは少しだけ「水マニア」(とまではいかないけど)なのだ。

 駅で待ち合わせて、千葉へ。

 郵便局に寄って、快楽亭のCD原盤を製造会社に送る。

 それでも時間が余ったので、立ち食いそばで天ぷらそばを食べる。久々に食べたせいか、なんだかお汁の味が甘くなった気がするんだが、気のせいか?

 駅で相方と待ち合わせて、まず船橋へ。

 船橋でパンを買い、JRの君津行き快速に乗り換える。

 車内で食べるので、グリーン車へ。

 春の陽光を浴びる房総・内房は、いいですなあ。京葉工業地帯の煙突が邪魔だけど。

 

 君津で、安房鴨川行きの普通に乗り換える。

 君津を出ると、がくんと田舎の景色に変わる。駅周辺に草ぼうぼうの空き地があるかないかで都会と田舎はクッキリ分けられる感じ。

 ずっと内陸を走っていた(いや、海が埋め立てられて内陸になってしまったのか)内房線は、海沿いを走る。

 海が見えると、何か、ホッとするのはどうしてだろう?みんながみんなホッとするとは限らないとは思うけど、海が見えると無性に嬉しい。

 浜金谷付近は、フェリーがあって東京から来やすいせいか、豪華な邸宅が多い。別荘か?ちょっとしたビーチをあたかもプライベートビーチみたいにしているところもある。まあ、本当にプライベートビーチなのかもしれないが。

 で、「那古船形」。

Img_1407


 ここは「船形」という地域に駅が出来たが、昔は有名だった「那古寺」が近くにあるので、こういう駅名になったのかなと思ったら、那古寺の門前町の那古地区と船形地区の両方を取ったのね。

 駅前は閑散として、何もない。喫茶店の跡があるが、長らく営業していないようだ。

 駅からほとんど1本道。

Img_1408

Img_1409_2


 ゆっくり歩いて20分ほどで、那古寺(那古観音)への石段が現れる。この途中に、昔からの井戸「閼伽井」がある。

 が、まず先に、お参りするのが礼儀。

Img_1410


Img_1413

 立派な本堂。手を合わせ、線香をお供えする。

 ここからは東京湾が見渡せる。桜も満開で、とにかく静かでのどか。

 海が望める、というのは素晴らしい。東京湾の入り口だから、驚くほど巨大な船がゆっくり動いているのが見える。

 写真では上手く切り取れないのが残念。

Img_1416

Img_1417

Img_1418

 このへんの古民家を別荘にする、という夢想をする。伊豆は遠いけど、内房なら……。

「仕事を抱えて小屋に籠る」

 というのが積年の夢だが……紙とペンだけあれば仕事が出来るのは昔の話で、今はMacがなければ仕事が出来ない。それも、MacBookなどのノートパソコンだと、どうも駄目。使い慣れたiMacとREALFORCEという東プレのキーボードでなければ駄目なのだ。それを運ぶのは大変だなあ。

 で、「閼伽井」に戻って、お水を戴く。

 事前に調べたところでは、「きれいで美味しい水」「この水は飲めないという表示がある」と正反対の書き込みがあった。

 確かに井戸のそばには「この井戸の水は水質検査の結果、飲料水には適していません」という立て札がある。

 せっかく来たんだし、とポンプを動かしてみると……濁った水がどっと出てきた。たぶん、ほとんど使われていないのだろう。

 ポンプを頑張って動かしていると、水の汚れはなくなってきた。

 ちょっと飲んでみると、なんだか草くさい。

 もっとポンプを動かして水をどんどん汲み上げて、こんなもんかな、というところで持参したペットボトルに入れる。

 まあこれでご飯を炊いたりお茶を淹れたりするんじゃないから、まあ、大丈夫だろう。

Img_1411

Img_1412

 その後、海の方に歩いてみる。

 もう誰も住んでいないような家があちこちにある。安く買ってもリフォームするのが大変だろうな。

 でも、ちょっとした庭があって、いい感じの家も多いぞ。

 海水浴場があるらしいが、それらしい浜はない。いや、ないことはないけど……夏賑わうような風情ではない。

 空き地が多いのは、田舎だなあ。いいなあ。そこで地元の悪ガキたちが遊んでいる。いいねえ。

Img_1419


 漁港のそばに「ふれあい市場」というのがあった。食堂も併設されていて、「アジのなめろう定食」「刺身定食」「東京湾定食」などがある。ここでアジのなめろうを食べると絶対美味しいだろう、という確信があるが、車内でパン(カツサンドにフィッシュバーガー、ソーセージを細いバゲットに包んで焼いたヤツ)を食べ過ぎて、満腹状態。

 是非また来よう。

 が、「岩海苔」とか海苔関係のお土産があったので、買う。岩海苔は美味いのよ。

 干物とかもあるが、食べきれないので、パス。

 しばし探索して、駅に向かう。

 海辺の町って、いい。東日本大震災で、海の恐ろしさは判ったけれど、穏やかな海を見ると、こんな海の近くで住めたらいいなあと素朴に思う。

 ちょっと車で走り回ってみたい。狭い道が多いから、小型車で。

 「那古船形」駅に戻る。

 駅の待合室でiPhoneを見て、みんなの党の渡辺代表が辞任したことを知る。その言い訳がなんとも不自然。政治資金規正法とかに引っかからないように嘘を考えたんだろうが、「私の手元にはなかった。妻の口座にあった。私が持っていると全部使ってしまうから、妻に任せた方がいいと思った」とか、見え透いているし、あまりにも苦しい。

 渡辺個人商店だった「みんなの党」も、これで終わりだろう。事実上。

 17時19分発の千葉行きに乗る。

 先頭車両の先頭部分が「荷物」専用に仕切られていた。覗いてみると、郵便物とか新聞を運んでいた。こういうの、今でもあるんだね。

 千葉まで、いろいろ打ち合わせをする。

 千葉で東京行きの快速に乗り換えて、船橋で下車。

 JRと京成の駅を繋げるビルの中にある「大戸屋」に入って、夕食。おれはトリの柚胡椒焼きを食べる。美味い!

 店が混んでいるので、階下の「エクセルシオール」に移って、新刊のPOPを作る。と言っても、相方が書いて、おれはiPadで車内で話した打ち合わせ内容をプロットに反映させる。おれ分のPOPは明日書く。

 で、本日のミッションは達成したので、京成に乗って帰ってくる。

 22時ごろ帰宅。

 くーたんにご飯を出し、風呂に入り、くーたんとちょっと遊んで、0時50分就寝。

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:2885kcal

本日の消費カロリー:370kcal/8677歩+57kcal(自転車)

« プロットと音楽の日曜日 | トップページ | POP作って太田裕美に感動して号泣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59432893

この記事へのトラックバック一覧です: 那古船形を歩く:

« プロットと音楽の日曜日 | トップページ | POP作って太田裕美に感動して号泣 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト