« 祥伝社打ち上げ | トップページ | プロットと音楽の日曜日 »

2014年4月 5日 (土曜日)

快楽亭毒演会の録音と同人誌「本家立川流」のデータ捜索

 7時過ぎ起床。

 晴れたので、洗濯。

 朝のモロモロを済ませると10時を過ぎた。

 アサメシは買い物がてら外で。

 マクドナルドの朝食新メニューを食べてみたいが、いつも微妙にタイムアウト。

 デニーズで「ベーコンエッグ膳」を食べる。トーストじゃなくご飯でベーコンエッグを食べると一団と美味い。

 スーパーで買い物をして、帰宅。

 光文社新作のプロットを整理する。

 相方のメモを入れ込んでいくと、話が膨らんでいい感じになっていくし、これはイケると思える。

 ここで安心してはいけない。これからだ。

 お昼過ぎに、雨が降り出すという警報が鳴ったので、慌てて洗濯物を取り込んだが……確かに雨雲は近づいていたが、雨は降らず再び日が照りだした。洗濯物は生乾き。また干し直すのも面倒だから、部屋干しにする。

 トーストをおやつ代わりに1枚食べる。

 で、本日は上野広小路亭で快楽亭の毒演会を録音する。

 今までバッグ2つに録音機材を詰め込んでいたのだが、とにかく重い。しかしこれ以上軽量化は出来ない。ミキサーと録音機が一緒になって、しかも小さいフォステクスの秘密兵器があれば一気に軽量化が図れるのだが、7万もする。まあそれでも安いと思うが、ちょっと手が出ないので、なんとか現有の機材でやりくりしよう。

 で、大きめのリュックなら全部詰め込めるんじゃないかと思ってやってみたら、詰め込めた。重い荷物はシェルパのように背負うに限る。しかしクソ重いぞ。30キロはゆうにあるだろう。

 そろそろマイクも買い換えたい……まあこっちは新調してもいいかな、と思う。

 録音機代わりに使っているPowerBookG4(まだまだ現役!)も正常に動くことを確認して、 荷造りをして、出発。

 上野はもの凄い人!

 みんな花見客なんだろう。

 とにかく、凄い人。

 おれは人混みが大嫌いなので、足早に縫うように歩く。

 17時前に上野広小路亭到着。

 自ら受付をする快楽亭に、先日の旅行のお礼を言う。本来ならなにかお礼の品でも持っていくところだが、5月になったら師匠の好物の小田原・菜の花の「夏みかんゼリー」が出るので、それを送る事にしよう。

 本日の演目を聞いたら、「今考え中。だけどお客さんから『はぐれ落語家人情派』を出したんだから、今度は『旅情篇』じゃないのと言われたんで迷ってるんです」とのこと。

 で、セッティング。手慣れたもので、すぐ完了。

Img_1406


 前座のブラ坊くんの出で、お囃子のCDを操作する助っ人に談之助さんが登場。暗闇の中で軽く黙礼。

 で、ブラ坊くん、イノシシと牛を言い間違えてるぞ。

 快楽亭は4席。

「錦の袈裟」

「厩火事」

 中入り後、

「お血脈」

 寒空はだかさんを挟んで、

「三十石」。

 「錦の袈裟」の中で、「見たか、新文芸座のチラシ。四派真打ち共演。落語協会は三遊亭歌武蔵、芸協は笑福亭鶴光、円楽党は三遊亭好楽。で、立川流は立川キウイだ。新文芸座は立川流に恨みでもあるのカネ」とやったのがおかしかった。このくだりは噺の頭の方だったし、この高座はCDにはしないと言うことなので、ポッドキャストで流す。

 CDにするのは「厩火事」と「お血脈」。

 中入りの時にトイレに行ったら、談之助さんから業務連絡的に、同人誌「本家立川流」のDTPデータが欲しいと言われたので、送る事を約束。たしか、DTPマシンとして使っていたPowerBookG3がまだ元気な頃に既刊分をすべてPDFに変換して置いたはず。

 

 寒空はだかさんは、いつ見ても好青年。真面目なサラリーマンにしか見えない。そのギャップがおかしいのよね。

 「三十石」も終わって、本日も無事終了。

 しかし撤収の時に、ケーブルを乱暴に扱ったので、ムチャクチャこんがらがってしまって、ほぐすのに汗をかいた。ケーブルは丁寧に順番通り扱えば、こんがらがることはないのに。

 しかし広小路亭は早く撤収をしないと追い立てられるし、録音基地にしている舞台袖(お囃子の場所)がムチャクチャ狭いので、どうしてもいろんなケーブルが重なってしまうのよね。

 帰路、「富士そば」の誘惑に駆られたが、「富士そば」は北千住にもあるので、「餃子の王将」に入って、チャーハンと餃子のセット(トリカラが2個とポテトサラダがついている)を食べる。

 時節柄、東京に出てきたばかりの新入生が多い感じ。初々しいねえ。しかしおじさんは意地悪だから、東京に慣れていないところを揶揄ってやりたくなる誘惑に駆られるぞ。おれの先輩は優しい人ばかりで、優しく東京のイロハを教えてくれたし安くお酒を飲める店も教えてくれた(まだ18だったんだけどね)ぞ。

 京成線の駅のエレベーターに乗ったら、「乗りすぎ」でブザーが鳴るばかりで全然動かなくなった。たった4人乗っているだけなのにブザーが鳴るので、他の客は「どうしたんだろう」と言うばかり。元凶はおれだ。正確にはおれと、荷物だ。しかしそれでも200キロもないはず。

 「どうしたんだろう」というばかりなのにイライラしたおれは、一番最初にエレベーターに乗ったのだが、降りて階段を使う。クソ重い荷物だからエレベーターにしたのに。

 きっと一度全員が降りてリセットしないと駄目なのね。

 無事帰宅。

 早速、PowerBookからデータをiMacに移す。LANを使おうとしたら、なんか調子が悪くて使えない。USBメモリーを介して移す。

 

 で、データを移しながら「本家立川流」のPDFファイルを探すが……ない。

 1・2・3合本号と7・8・9合本号のものはあるのだが……4・5・6はPageMakerのデータ自体がないぞ。

 一瞬焦った。いやしかし、MOでデータは保存しているはず。慎重を期して二重に保存しているはずなのだ。しかし、10・11・12のPDFが無いと言うのはおかしい……。

 頭を捻りつつ、今回は急ぐというので、快楽亭の今夜の高座をマスタリングしてしまう。いつもより慎重にレベルを設定して、万が一にも音が割れないようにしたら、ちょっとレベルが低かったかも。CD製造の時にレベル調整してくれたら有り難いんだけどなあ。

 ほどなくマスタリングは終了。

 その勢いで、ポッドキャスト分も作る。2席分はCDにしたので、今回使わない2席のマクラを取り出す。

 が、ここで編集操作をミスってしまったので、何度もやり直す。

 で、「本家立川流」のデータも、ないと思った10・11・12のPDFデータが見つかったので「宅ふぁいる便」で談之助さんに送ろうとしたが、何故かエラーが出て送れない。

 おっかしいなあ。

 腹が減ったので、ロールパンを1個食べる。

 快楽亭のポッドキャストを「ケロログ」のサーバーに送って公開状態にしてから、再度「宅ふぁいる便」に戻ると、今度はすんなり送信に成功。夜中のネットが混んでいる時だったからエラーが出たのかな?

 とにかく、4・5・6の3号分のデータを見つけ出して、どこかでPDFに変換する必要がある。うちではもうOS9は走らないし、PageMakerの進化版であるInDesignも持っていないので、変換できない。どこかDTPデザインをやっているところならなんとかなるはずだ。InDesignがあればそれで読み取れてPDFに変換できるんだから。

 なんだかんだですべて終わると、3時になっていた。

 慌てて寝る。

今朝の体重:90.45キロ

本日の摂取カロリー:2370kcal

本日の消費カロリー:日常生活+125kcal/3404歩+74kcal(自転車)(しかし、シェルパのように重い荷物を運んだんだからその分消費しているはず)

« 祥伝社打ち上げ | トップページ | プロットと音楽の日曜日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59420834

この記事へのトラックバック一覧です: 快楽亭毒演会の録音と同人誌「本家立川流」のデータ捜索:

« 祥伝社打ち上げ | トップページ | プロットと音楽の日曜日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト