« 新刊挨拶回り2日目 | トップページ | 最後の新刊挨拶回りをして、気功 »

2014年4月13日 (日曜日)

海上自衛隊横須賀基地と第二術科学校見学して海軍カレー

 5時起床。

 本日は、「海上自衛隊横須賀基地艦艇乗艦見学と第二術科学校見学」ツアーに参加する。これは近畿日本ツーリストがやる日帰りツアー。個人的な見学は呉とか佐世保では出来るようだけど横須賀は無理なようなので、一般ツアーに参加。

 こういう一般向けの見学ツアーはなかなかのスグレモノで、以前参加した関西電力の黒部発電所見学ツアーは、普通では絶対に見学できないところまで案内してくれて、物凄く勉強になった。この成果は「ざ・だぶる」に盛り込ませて貰った。

 今回も取材目的。

 くーたんにご飯を出して5時45分に外出。

 駅に早く着いたので、立ち食いそばを食ってから、相方と合流して、バスの出発地である新浦安へ。何故かこのツアーは船橋市発で新浦安を経由する。船橋は6時30分出発で凄く早いので、乗り換えはあっても少しでも遅い新浦安からにしたのだ。

 10分前にバス待ち合わせ場所にいくと、既にバスは駐まっていた。予定より早く着きすぎたらしい。やっぱりな。

 で、バスは一路、海上自衛隊横須賀基地へ。

 車中で、昨日買ったサンドウィッチなどのパンを相方と分け合って食べる。

 大黒PAで小休止の後、横須賀基地船越分遣隊基地へ。ここには掃海母艦「うらが」が留まっている。海上自衛官OBの方の説明を受けるが、艦内は、この母艦に乗り組んでいる自衛官の方が詳しく説明してくれる。

 質問しまくり写真や動画を撮りまくる。その詳細は、作品の中で、ということで。

Img_1429

 もう一隻、小さな木製の掃海艇も見学して、少し離れた第二術科学校へ。エンジンが故障しても自分で直せるようになるための学校。

 エンジンも進化しているが、新技術は完全に信頼出来るまでは旧技術との併用をして慎重に実証試験のような状態を続けると。命にかかわる究極の「業務用」だから、当然だよなあと思う。すぐに新技術に飛びついて未知のトラブルが発生したら大変だ。それが戦場で起きたらもう完全にアウト。

 おれもまあ、仕事で使うMacについては、以前はかなり慎重にOSのバージョンアップとかしていたんだけど……今はもう、新しいのが出たらすぐにやってしまうなあ。

 ここには海軍の資料館もある。海上自衛隊は日本海軍を引き継いだという誇りを前面に出している。ものの本によれば、旧陸軍と決別した陸上自衛隊、完全オリジナルの航空自衛隊、とカラーが大きく異なるらしい。

 広い学校の中を歩いて見学。

 ほどよくお腹が空いたところで、「華の舞」が運営する食堂で、海軍カレーのランチ。ここの味はかなりまろやかだった。

Img_1483


 その後、手旗信号の実演など。

 PXで資料になる小冊子やお土産のチーズケーキ「専守防衛」などを買い、バスに戻る。

Img_1487

 走水というか、観音崎京急ホテルの近くにある横須賀美術館に寄る。添乗員さんが時間を間違えて、20分しかないじゃないか!と思ったら1時間以上あったので、鑑賞。

 しかしどうも、絵画は現代のモダンアートの方が面白い。うんと古いモノはまた別だけど、1920年代とか30年代に書かれた日本人画家の作品は、プロレタリア絵画の典型、みたいなのが多くて、重苦しいし、既視感バリバリ。しかし1960年代になるとそういうモノから自由になって、とても面白い作品が増えてくるなあ。というか、この日実巻の収蔵品はそういうコンセプトで集められてたりするのか?

 特に、新作バリバリの広瀬美帆の作品が面白かった。日用品を独自の画材を使って描く作品は、温かみとユーモアがあって、とてもいい感じ。等身大の芸術というか日常のアートという感じで。

 それと、音響彫刻家・原田和男の作品が面白い。叩いて音を出すオブジェのようなモノで、なかなかいい音を奏でる。こういうのがいいなあ。

 でも、音楽に関しては、ゲンダイオンガクには拒否反応を起こすのよね。絵画とかは現代の方が面白いのに。何故?

 音楽もゲンダイオンガクをバリバリ聴いていたら、そっちの方が素晴らしく感じるようになるのだろうか?いやいや、絵画は日常的に鑑賞しないけどなあ……。

 観音崎京急ホテルのケーキ得セット割引券を貰ったので、海を眺めながらお茶をする。対岸は千葉で、工業地帯とかが見えるのが、ちょっとそぐわないか。でももっと天気がよければ海も美しいだろう。

 出来れば一泊してのんびりして英気を養いたいねえ。日帰りでもいいけど。

 その後、昔懐かし、さいか屋に寄る。みなさん海軍カレーを買っていたが、おれは特に海軍カレーに価値を見いだせなかったので、違う売り場にあった「ちりめん山椒」を買い求めた。ご飯にかけると美味しいのよ。

 で、ツアーは無事終了。あとは帰るだけ。

 18時近くに、船橋到着。新浦安からの道が凄く混んでいた。

 船橋駅までしばし歩き、大戸屋で夕食。おれは前と同じチキンの柚胡椒焼き。やっぱり美味しい。

 ビールを1杯飲む。

 京成に乗って20時前に帰宅。

 くーたんは少し機嫌が悪かった。朝早く出かけたからか?

 ご飯を出してご機嫌を伺い、今日撮ってきた写真や動画をMacに移したりしていたら、すっかり「軍師官兵衛」を見るのを忘れてしまった!しかも、その後の「N響アワー」でカルミナ・ブラーナを聴くのも忘れてしまった。

 

 風呂に入って、テレビをボンヤリ眺める。

 「情熱大陸」で将棋ソフトに破れた棋士たち(かなり悔しがっていた……当然だろうなあ)を見て、「新堂本兄弟」でタカミーが還暦になったのを知り(アルフィーはいいバンドだね!)、あの阪神が5連勝してキョジンにサンタテを食わした「快挙」を見て、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:91.15キロ

本日の摂取カロリー:2452kcal

本日の消費カロリー:392kcal/9407歩+56kcal(自転車)

« 新刊挨拶回り2日目 | トップページ | 最後の新刊挨拶回りをして、気功 »

コメント

横須賀は横浜とともに私のシマです。
軍港めぐりの案内船がヴェルニー公園の南端から出ていて、いまや横須賀の風物詩的存在です。かつては「核持ち込み反対!」などと抗議活動をしていたゆえ、日記には書きませんでしたが、2度も乗船しました。ジョージワシントンという空母に船が再接近したら、米兵がこっちに向かって手を振りました。私の立場としては火炎瓶を投げるのがスジでしょうが、あいにく持って行かなかったものですから悔しい思いをしました。
一般市民が入れるのは「基地」外(きちがい)ですが、基地内に入ることが出来るんですね。小説にどう活かされるのか楽しみにしています。

風様:
横須賀は、小生の生誕の地です。佐野町5丁目に4つまでいました。番地までは覚えていないので、先日行ってみたけれどよく判りませんでした。流れていた川は暗渠になっていたし……裏山はすっかり切り崩されていたし……。50年前の話ですからね。
横須賀中央駅駅前の「さいか屋」は、以前の店はなくなってしまったようで、というか、駅前はもうすっかり変わってしまって、何がなんだか判りません。
「軍港巡り」の船には乗ってみたいし、ネイビー・バーガーも食べてみたいです。
横須賀は広いので、観音崎にはまた行きたいし、相模湾側の「荒崎」もいいところですよね。
どうも昔に意識が回帰する傾向にあるようです。トシですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59466834

この記事へのトラックバック一覧です: 海上自衛隊横須賀基地と第二術科学校見学して海軍カレー:

« 新刊挨拶回り2日目 | トップページ | 最後の新刊挨拶回りをして、気功 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト