« 新刊「生贄の羊」出ました! | トップページ | サイト更新して打ち合わせ »

2014年4月10日 (木曜日)

新刊「生贄の羊」書店挨拶回り1日目

 7時起床。

 目覚まし時計でやっと目が覚めた。こういうのは結構珍しい。前日テニスをして疲れているからだろう。

 晴れ。

 本日は、新刊「生贄の羊」の挨拶で書店廻りをする。

 9時30分に相方と待ち合わせているので、朝のモロモロを手早く済ませる。

 が、相方から「9時30分には行けなくなりました。後から合流します」という連絡が来たので、予定変更。

 

 北千住から単独で出発。

 いつもの標準的コースは、もう10年以上やってきてかなり練り上げたモノだが、それゆえに、なにかの拍子で調子が狂うとガタガタになってしまう。

 今日の場合は、上野・御徒町の書店からスタートするつもりで日比谷線仲御徒町の駅から地上に上がったのだが、出口と方向を間違えて、秋葉原に向かってしまった。

 気がついたのは、秋葉原に接近した時。今から引き返すのも馬鹿らしいので、秋葉原からいつもの逆コースで行くことにする。四国八十八箇所参りだって逆回りすると弘法大師とすれ違えるらしいし。

 が、腹が減った。

 新宿辺りでメシを食おうと思っていたのだが、朝を食べていないので、保たない。

 秋葉原のマクドナルドに入って、最近始まった「ビッグ・ブレックファスト」を試してみた。

 まあ、さほどのモノではありませんな。誰かが「ソーセージエッグマフィンをバラしただけ」と書いていたが、エッグがスクランブルになっていて、それはまあ、まあまあ美味しいのだが。

 値段を考えれば、ナイフとフォークを使う分、ちょっとだけ「食事」という雰囲気にはなるかな?

 で、いつもならその日の後半になる秋葉原から、書店挨拶回りをスタート。

 どんどん回りつつ、相方と連絡を取る。

 神田・御茶ノ水・神保町と回って、ようやく相方の時間が読めるようになったので、新宿で待ち合わせることに。

 でちょうどお昼に、新宿西口で合流。京のおばんさいの店でランチを食べ、相方分のPOPを渡して、打ち合わせる。

 ここで二手に分かれて、おれは新宿の書店廻りを続行。

 山手線沿いにぐるっと回る。

 池袋のスタバで休憩。アイスラテとオレンジケーキを食べる。疲れには甘いモノが必要!と自分に言い訳。

 その後、最難関の東京駅周辺も順調にクリア。

 時間はまだ17時になっていなかったので、土曜に予定していた横浜方面も行ってしまおうと、東海道線伊東行きに乗る。

 もう、足はパンパンに張っていて、歩くと痛い。この時点で2万歩を越えていたし。

 1万歩ならまあまあだが、2万歩に迫ってくると足が痛くなって、越えるともう、キツい。

 それに、今日は暑い!もう夏みたい。女性のTシャツ姿を久々に見られた。Tシャツ・フェチなので、もう眼福。

 川崎に行くと、物凄い数の人が集まっている。「進撃の巨人」のイベントらしい。

 取材もたくさん集まっていたが、今の放送用ビデオカメラは小さいのね!家庭用のビデオカメラとあんまり変わらない。これで放送出来る画質で撮れるんだから凄いなあ。

 川崎から関内へ。

 関内の芳林堂書店さんで、安達によくしてくれる店員さんと「再会」出来た。過去2回会えなかったのだが、どうもシフトが合わなかったみたいだ。

 ここには、大量のサイン本を残してきたので、売れたかどうかずっと心配だったのだ。

「あと1冊で完売です!」

と言われて、安堵。求められてのサインだったが、迷惑をかけてしまったんじゃないかとずっと思っていたので。

 ここ以外でも、神奈川方面で安達の本のウケはいい。有り難いことだ。

 相方と二人で改めてご挨拶に来ますと約して、辞去。

 大宮方面を回っていた相方を横浜に呼んで、久々の、讃岐地鶏の店「一鶴」へ。

 ここのトリのローストは、本当に美味しい。鶏の肉の味と特製スパイスの味が見事。

 鶏も美味いがビールも美味い。今日はかなり汗をかいたので、中生だけじゃ足りなくてグラスをお代わり。

 軟らかいひな鳥を食べ、鶏飯を食ったが、ここはおにぎりを頼んで肉汁に浸しながら食べるのが至高の味だったのだ!それをコロッと忘れていた。相方はキッチリおにぎりを頼んでいたのだが。

 疲れはビールと鶏肉で充分に癒された。それと、書店の店員さんの笑顔に。売れてますと言われると、本当に有り難いし、幸せになる。

 京浜東北線でのんびり帰ってくる。

 夜は寒い。

 日中と10度くらいの寒暖差があったらしい。こういうの、カラダにキツいから勘弁して欲しい。

 しかし今日は、予定を大幅に食ったので、明日の出動をナシに出来た。

 新刊告知をサイトに書くのを忘れているので、サイトの更新もしなければならないし、明日は夕方に打ち合わせがあるのだ。

 23時過ぎに帰宅。

 くーたんに留守を詫び、ご飯を出し、メールをチェックして、風呂に入ったりしていると、あっという間に1時。

 夕刊を読むと2時になったので、慌てて寝る。

 爆睡。

今朝の体重:90.30キロ

本日の摂取カロリー:2452kcal

本日の消費カロリー:1174kcal/29993歩+31kcal(自転車)

« 新刊「生贄の羊」出ました! | トップページ | サイト更新して打ち合わせ »

コメント

お疲れ様でした〜。著者自らの営業は書店での扱いのみならず、本に熱い息吹をもたらすものだ、と思います。
さて、6年間限定香川県人として、『一鶴』の鶏を褒めてもらうことは自分の人生を褒めてもらうことと同じくらいに嬉しいです。何度も申し上げてますけど、中学1年にこの鶏を家族で食べたとき、その美味さに驚いて「世の中にこんな味覚の食べ物があるのか」と感動しました。以来、父がどこか食いに連れてってやろうか、と言うと、阿呆の一つ覚えのごとく一鶴を挙げ続けました。
当時、丸亀本店では「親鳥」が時価でした。腿の大きさによって値段が変わります。食べ盛りですから、私は「店にあるなかでいちばん大きいのを!」と注文しました。弟も同じでした。欠食児童家庭か(笑)。
横浜に支店が出来て以降、年に2回の割で通い続けてます。44年前の味をいまなお堪能できるなんて、自分はホント幸せ者です。

風様:
コメント有り難うございます。
横浜西口(あの界隈は大阪の戎橋辺りに雰囲気が似てますね。若者がわんさかいて、熱気があって、狭いところにお店がぎゅっと集まっていて)の「一鶴」は、教えて戴いて、もう大ファンです。
エレベーターに乗った時、他の店に行く女の子が「一鶴」の写真を見て「こんなの広告用だよね」と言ってましたが、「ホントにこの写真の通りので回のがドーンと出てきて、しかも美味いんだよ!」と言いたかったのですが、妙なオヤジだと思われそうだったので止めました。
しかし、あの大きさはど迫力だし、美味しいから一気に食べてしまうし、肉を箸でほぐせるほど軟らかいし。
とにかく、素晴らしいお店をご紹介戴き、本当に感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59449659

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊「生贄の羊」書店挨拶回り1日目:

« 新刊「生贄の羊」出ました! | トップページ | サイト更新して打ち合わせ »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト