« 神田川ウォーク第1回 | トップページ | 「第2章」書き始めて夜は「カルテット」を見た »

2014年5月 5日 (月曜日)

地震ののち、「第1章」直して「第2章」に突入

(昨日の続き)

 寝ていたら、P波を感じたので、これは来るかな、と思ったら、来た。

 思ったより大きいユレで、それがどんどん大きくなってきたし、がたんと何かが落ちる音がしたので、起きる。震源は遠くで規模の大きな地震だ、と思った。

 このままもっと大きくなるかと恐怖したが、収まったので、安堵。

 くーたんが心配だ。

 部屋の中を見回すと、スタンド型の掃除機が倒れ、足場の悪いスピーカーが壁に向かって傾き、大型本が傾いていた。

 それ以外は何ともなかった。

 震度5弱は千代田区だけ。足立区は4。そうだろうな。この揺れで5弱だったら、東日本大震災のあの揺れはなんだったんだ(あれは震度5強だったが)ということになる。

 くーたんを抱きしめてやろうとしたが、妙な声で鳴いて寄ってこないので、無理はせず、テレビをつける。

 各局ともにニュース特番。NHKだったか、表参道からの中継でアナウンサー(?)がメロメロになっていた。どうしてこんな程度の中継がマトモにできないんだ?「地震なんかなかった!」と叫ぶネーチャンに負けたのか?

 完全に寝不足だが、二度寝は出来ない状態。

 相方とメッセージで無事を確認し合う。

「屋根より高い親の恩~」というモルモソ教の讚美歌(by三谷幸喜)をどうしても歌ってしまう今日、5月5日はこどもの日。

 朝のモロモロをやっていると、7時を過ぎたので、NHK-FMを聴く。「きらクラ!」の再放送。以前、本番中にふかわりょうが泣き出したという「伝説の回」のリピートというか、「第1回BGM選手権」の回。絶妙な曲をつけるなあ。みなさん凄いなあ。

 あっという間の2時間マイナス5分。

 「泣いた赤鬼」には、泣いた。こういう児童文学って、寓話だから、いろんな事を考えてしまう。「青鬼はリスクを回避した」とかクソ真面目な論考をしているサイトを読んでナルホドと思ったが、まあこの話の感動のポイントは、そういうことじゃないと思うんだけどな。

 聴きながらくーたんにご飯を出したりトイレ掃除をしたりの朝のモロモロを済ませる。

 くーたんは朝ご飯を食べたらようやく落ち着いて、構ってくれとにゃあにゃあ泣くので抱っこしてやる。

 で、おれもアサメシ。薄切りトースト2枚にゆで玉子、ハム&マヨネーズ。

 コーヒーを飲んだが、眠気は取れず。

 「きらクラ!」が終わったので、「第1章」を直す。

 お昼を回って、ほうれん草とベーコンのスパゲティを作って粉チーズをたっぷりかけて食う。これも久々に作った。

 仕事再開して、14時ごろに出来上がり、相方に送る。

 友人のOがショートショートを書いたので読んでくれと、数本送ってきたが……(以下、自粛)。

 しかしまあ相手は病人の素人だから、あんまりキツい事は言えないし、生き甲斐の趣味を潰すのもよくない……。

 Oとメールでやりとりするが、意志の疎通がなかなか出来ないと言うか、こっちの言いたいことがなかなか伝わらないのでイライラ。なんやねん一体、と言いたい気分だが、彼は「急がないので時間のある時読んでくれ」と言っているので、おれが勝手にカリカリしている形になって、それもイライラ。こういう事はさっさと片付けて、本業に集中したいのだ。

 溜まった新聞を読み、整理。

 

 「第2章」の相方メモを読み込む。

 そうこうしていると、夕方。

 「5時に夢中!」を見る。ふかわりょうとマツコの間には異様な緊張がある。他のコメンテーターにとの間にはないのに。

 でも、今日のマツコとのやり取りは冴えていた。

 しかしマツコの「やっつけ晩ご飯」は大失敗していた。このコーナー、不愉快になるから止めて欲しいなあ。マツコが料理したくないのがモロ判るし。

 18時になって、夕食の準備。

 牛コマとキャベツのオイル焼きに大根おろし。

 作っていると、快楽亭から電話。「『悪漢刑事』の最新刊、やっと読みました。梅香庵が悪役で出てきたのに笑いました」と。しかし「芝居小屋の御大尽席はアレ、あくまで中村屋のシャレなんで、昔の芝居小屋には必ずあったんじゃないんですよ。平成中村座のオアソビで」と指摘されてしまった。いかんいかん。

 その他いろいろ話して「今年のコクーン歌舞伎はどうします?」と。松竹のサイトを見たらもう全席完売だったので諦めたと言ったら、中村屋の番頭に頼むから席は大丈夫と言われたが……相方が乗り気じゃないので、やっぱり今年は止めることにする。快楽亭の高座録音、次は7月。

 で、夕食を食べる。

 久々の牛コマとキャベツのオイル焼きは美味かった。

 18時からBSジャパンでやっていた「ローカル路線バスの旅」再放送、録画しているが途中から見ようとしたら、映らない!

 今朝の地震でBS受信設備が壊れた?と思ったら、アンテナの分配器から同軸ケーブルが抜けていた。これ、くーたんが弄っていて抜いてしまったのだろう。刺すときちんと映った。

 今夜の再放送は、米沢から青森の大間まで。これは見た記憶がある。あと一歩で失敗。

 やっぱりこの番組の面白さは、容赦なく「失敗は失敗」として放送してしまうところだろう。苦労に免じて成功という演出をしないで、事実をそのまま放り出す、ドキュメンタリーなところがあるので、見ている方もドキドキワクワクしてしまうのだ。

「普通の番組だったらタクシー乗ったりズルするけど、この番組は違うもんね。ガチだから」

 と太川陽介が番組の中でボヤいていたが、見ていても「これはズルしてないよなあ……」と感心してしまうほど馬鹿正直なところが支持されてるんじゃないか?まあ、とても巧妙にズルしていないとは言えないけど。荷物持ってない(3泊4日ならけっこうな荷物になるはず)し、トイレとかいつの間にか済ましてるし……。

 その後、風呂。

 昨日の高井戸の温泉は、塩分がけっこうあったので、お肌がべたついている。塩分のある温泉って、べたつく感じが残るからあんまり好きじゃないんだよなあ。でも東京の温泉はこのタイプが多いから……。

 ニュースをハシゴで見る。渡辺淳一死去のニュースが大きく取り上げられている。おれにとっては映画編集の名手・鈴木晄氏の死去(数日前のことだが)のほうが衝撃が大きいのだが。

 それにしても、ウクライナはもう内戦状態。親ロ政権を潰して西側寄りの暫定政権を立てたのに、今度は親ロ側が暴力で巻き返しを図ってるって……民主主義が根付いていないんだなあ。

 野蛮と言えば、ナイジェリアのイスラム過激派が寄宿制学校を襲って女生徒を大量に誘拐して監禁して隣国で売り飛ばしているというメチャクチャなことをしている。以前にもどこかで同じような蛮行があって、血も凍る思いをしたのだが、こんな事を繰り返しているから、イスラム過激派って狂信的なキチガイ集団としか思えないのだ。ええ、ハッキリ書きますよ。キチガイ集団だと。どんな過激派も思想信条に関係なくキチガイ集団だけど、今の世の中で、西洋式なものを排除することなんか、不可能だろうに。それがどうしても理解出来ないというか、理解したくないというのはもう、キチガイではないか。

 インドの「レイプ風土」にも呆れ果てるし。こんな国とは親しくしたくない。まったく行きたくもない。ビートルズ以降、インドを持ち上げる傾向にあるが、こんな野蛮な国、誰が敬意を持つかい!ごく一部を見て決めつけるなと言われるだろうが、じゃあインドの良識派はこういう蛮行を早急に根絶してから言って欲しい。

 0時過ぎに就寝。

 しかし、今年のGWも明日で終わりですか。おれは人混みが嫌いだし、何かするのに行列になるのは嫌いだから、なるべくピークを外して旅行しているが、こういう事が出来るのが浮草稼業の唯一の特権だなあ。まあ、ピークを外すと施設とか店が閉まっていたりするんだけど。

今朝の体重:91.25キロ(あんなに歩いたのに……)

本日の摂取カロリー:1811kcal

本日の消費カロリー:日常生活程度(外出せず)

« 神田川ウォーク第1回 | トップページ | 「第2章」書き始めて夜は「カルテット」を見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59593511

この記事へのトラックバック一覧です: 地震ののち、「第1章」直して「第2章」に突入:

« 神田川ウォーク第1回 | トップページ | 「第2章」書き始めて夜は「カルテット」を見た »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト