« 痩せ薬、吉田調書、片山被告 | トップページ | 「第2章」直して、気学教室へ »

2014年5月21日 (水曜日)

テニスの後も仕事して、「第2章」あげる

 7時過ぎ起床。

 雨。

 痩せ薬を飲むのを止めたら、疲労感は消えたし、気分の落込みもなくなった。ここ数日の変化と言えば、このサプリを飲むか飲まないかの違いだけだから、やっぱりおれにはこのサプリは合わなかったのだろう。

 サプリと言えども、怖いね。

 今日こそ「第2章」を終わらせる!という固い決意をして仕事開始。

 途中、アサメシ。トースト、コーンフレーク、ゆで玉子にコーヒー。アサメシってどうして同じモノを食べても平気なんだろう?晩飯が毎日同じモノだと、イヤだもんなあ。

 仕事を続ける。

 片山被告の件、弁護団を批判する声があるのが、どうにも理解出来ない。例えばこういう記事(←リンク)。ネットの住人って、弁護士と、弁護士の活動を大いに誤解している。

 弁護士は依頼人の利益のために活動するのが仕事なのだから、仮に、弁護士が片山被告に疑念を持っていても、仕事として弁護を引き受けた以上は依頼人の主張に沿った言動をしなければならない。今回、弁護団は片山被告が「実はやってました」と告白しちゃったので、手のひら返しをしなければいけない羽目になってしまって、とても気の毒だと思ったが、だからと言って弁護団が悪いとか責任を問うとかいう声があるのが理解出来ない。

 と言いつつ、今まで弁護団の言動に怒りを感じたことはある。山口県光市の母子殺害事件の犯行当時未成年だったあの犯人の弁護団。これは被告の主張をそのまま使ったそうだが、死体を押し入れに隠しておけば生き返ると信じていたとか、なんとも稚拙で恥ずかしい正気を疑う「無罪の証明」を主張して、本当に腹が立った。当時民間人だった橋下サンが「この弁護士を懲戒請求しよう」と呼びかけた気持ちはよく判った。

 あの時も弁護団の中では「いくら被告の主張とは言え、こんな弁護をしていいのか」と激論になって一部の弁護士は辞めている。結果として、この弁護が徒となって世論が沸騰して、被告の死刑が決まったようなものだ(と思う)。

 弁護士が気の毒だった例もある。被告の無罪を主張して無罪をかち取って釈放させた直後、同じような殺人を犯して捕まり、結局死刑判決が下った事件。最初の裁判で死刑でも無期でもの判決がおりていれば新たな犯行はたぶん起きなかった。その弁護士は本当に苦渋の表情で記者会見に応じていたが。

 被告の主張を信じないで「有罪を認めて刑を軽くして貰った方がいい」と勧める弁護士もいて、富山の冤罪では第一審の弁護士が被告の無実の主張を無視した結果、被告は無実の罪で服役する羽目になり、この弁護士は冤罪が判明したあと、懲戒処分になった。


 このテーマはとても興味深い。ぼちぼちと資料を集めているが、いつか作品にしてみたい。

 午後、冷凍うどんを解凍して、きつねうどんにして食う。美味い。きつねの甘さが有り難い。

 仕事を再開して頑張る。

 しかし、思ったほどスピードが上がらない。「一気に20ページ」進める時もあるのに、今日は超スロー運転。10ページ書くのに青息吐息。しかし、明日まで持ち越すとヤバいなあ。

 が、17時になってしまった。テニスを休んで仕事をするか?そうすればなんとか今日中に「第2章」は上がると思うが……。

 テニスは休みたくない。身体を動かしたい。気分転換したい。休むとお金が惜しい。テニスがますます下手くそになる。

 今日は頑張って、テニスから帰ってきても、不屈の精神で仕事を再開する!という強い決意のもと、テニスに行く。

 北千住駅で、時間があったので、「小諸そば」に入って、「盛りそばミニかき揚げ丼セット」を食べてしまった。これ食ったから、晩飯はヌキだな。

 テニスは、どうも腕を捻って手首で打ついけないクセが付いてしまって、コーチに繰り返し注意される。これをやると腕全体を傷めるしボールに威力が無くなるし、いいことはまったく無いのだ。

 試合では、後衛ではけっこうボールを捕球出来たが、前衛で普通に返せる球をネットにかけてしまうことが多くて自滅。くそう。悔しい。

 風呂に入って右腕を揉みほぐす。

 で、駅に直行してそのまま電車に乗って帰宅。

 コンビニでサンドウィッチを買う。これを夕食代わりにしよう。

 テニスの後、晩飯を食わないと、睡魔に襲われにくいという結果が出た。いや、今夜は特別だったのかもしれないが。

 「報道ステーション」を聞きながら、「第2章」の最後の部分10ページを書く。

 福井の原発稼働差し止め判決の判決文、なかなか崇高な文章だと思う。たぶん高裁レベルでひっくり返るんだろうけど、この判決文は気高い。

 厚木基地騒音訴訟も原告側の勝利。しかし日本の裁判所は在日米軍に触れないのね。本当に触れないのか?在日米軍って、そんなにアンタッチャブルなのか……。

 時々休憩してソファに寝っ転がると、そのまま数秒寝てしまったりしたが、いつものようにモーレツな疲れは出ず、仕事をする気力は維持している。我ながら凄いじゃん。

 「マツコ&有吉の怒り新党」を見ながら、仕事を続行。

 番組終了とともに、仕事もなんとか終了。

 昨日の打ち合わせで出た、直しの部分は、どうせ出て来る他の部分と合わせて書き直すことにして、とにかく相方に送る。

 自分でもいろいろ直さなきゃいけない部分があるのは判っているし。

 牛乳をがぶがぶ飲んだら、お腹が下ってしまった。弱ってるのかな?

 何度もトイレに行って、ベッドへ。

 1時30分ごろ、就寝。

今朝の体重:90.55キロ

本日の摂取カロリー:2495kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+133kcal/3575kcal+17kcal(自転車)

« 痩せ薬、吉田調書、片山被告 | トップページ | 「第2章」直して、気学教室へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59684859

この記事へのトラックバック一覧です: テニスの後も仕事して、「第2章」あげる:

« 痩せ薬、吉田調書、片山被告 | トップページ | 「第2章」直して、気学教室へ »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト