« いろいろありつつも「第3章」に突入 | トップページ | 異常に眠い一日であった »

2014年5月26日 (月曜日)

仕事して気功

 7時過ぎ起床。

 洗濯物を干しに行く。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。ご飯、目玉焼きに、ほどよく焼いたベーコン。これに醬油を垂らしてご飯に載せて食べるのが好き。ホテルの朝食バイキングで病みつきになってしまった。それにインスタント味噌汁にお漬け物。

 仕事開始。「第3章」。いろいろと事件が錯綜してきたので、書く側も頭を整理しなければ。しかし、なんか、頭の中がぐちゃぐちゃ。

 ところで、この前訪れた、館山に近い「那古船形」の辺りがとても気に入って、あの辺に小さな家を持って「まとまった仕事を抱えて小屋に籠る」なんて事をしてみたいと夢想する今日この頃。

 バイパスが出来て東京や千葉と館山を結ぶメインルートから外れてしまった街。それゆえに、一種のタイムポケットみたいな、時間が止まったような空気が漂っていて、そのゆったり感がとても気に入ったのだ。まあ実際に住むには、店がないから車で遠出しないと不便だろうけど。

 しかし、穏やかで静かなあの風情は、とてもいいなあと思う。那古観音の佇まいも素晴らしいし。

 物件を捜してみたら、いろいろある。いわゆる「古民家」。しかし大改装しないとイカンだろうなあ。トイレを水洗にしたり、和室を洋間にしたり……古い家だと基礎が腐っている可能性もあるし……だったら建て替える方がよかったりして。そうなると金がかかるから、この夢想はここで終了、という事になる。

 頭の整理が徐々に出来てきたところで、タイムアップ。

 本日は、気功の日。

 iPadに原稿を入れて、持っていく。早めに着いて、少しでもやるか。

 しかし腹が減ってしまった。

 昨日の「鉄腕DASH」で長瀬が実に美味そうにラーメンを食った光景が浮かんだので、ラーメンを食う。

 東武北千住駅構内にある北海道ラーメンの店に初めて入り、塩ラーメンを試す。

 ここ、食べログなどではあまり褒められていないのだが、美味いじゃないの。とても美味しい。

 で、どういう風に食べれば、長瀬みたいに美味そうに食ってる感じになるのか、研究してみた。

 その結果は……豪快に啜り込んで、豪快に頬張る。麺を数本手繰ってちゅるちゅると吸い込むような食べ方では美味さは伝わらない。具を食べ、スープを啜るタイミングも重要。

 ……って、おれはグルメ・リポーターになるんじゃないんだから、こんな研究をする意味なんかないのだが。研究したくなるほど、長瀬は美味そうに食ったのだ。

 役者が凄いと思うのは、そんなに量が入っていないラーメンとかそばを、えんえんと食い続けるところ。しかも適度な量を口に運んでいる。すぐなくなるだろうと思うのに、上手いところでお汁を啜り具を食べて時間を稼ぐ。あれは上手いと思う。

 で、食べ終わって日比谷線に乗って人形町。この駅の方がATMが近いと思ったのに、実は水天宮前駅の方が近かった。

 お金を下ろしてコンビニに入ったら、気功仲間の、ハンドルネームやペンネームが山ほどあって、毎回なんと呼んでいいのか困る「彼」とばったり。便宜上本名の「学くん」と呼ぶことにする。

 話題と知識が嫌になるほど豊富な彼と喋っていたら、iPadを見る暇なんかなくなった。

 で、気功。本日は〆切を無事にクリアした芦川さんも早見さんも聖さんもFumikaさんも、相方も遅れて参加して、大勢。

 どっと汗をかく。

 

 相方は先に帰ったが、教室のあとは、いつもの「えいと」へ。

 午後6時台に夕食を済ませておくと、多少多めに食べても体重が増えにくい。これは多くの人が実践していることで、あの武井咲チャンもやっている。実際、おれも、17時台とか18時台に夕食を済ませると、翌朝の体重は僅かに減っているのだ。

 で、今日は16時台にラーメンを食べたので、「えいと」では控えめに。新タマネギのフライにカツオの刺身、谷中生姜、ゴボウの揚げたの、茄子田楽、出汁巻き玉子を少量ずつ。ビールはグラスで1杯と、ハイボール。

 もう1軒行く一同と別れて、早見さんと駅へ向かう。

 日比谷線に乗っていたら、激しい便意に襲われた。

 なんとか北千住まで我慢しようと思ったが、入谷でもう、ダメだと判断して降りる。下りプラットフォームにトイレがあったので助かった。

 しかし!

 2つある大便所がなかなか空かない。何度も水を流す音がするので、もう空くかと期待するのだが、全然出て来ない。

 まるで浣腸責めにあっているような感じで、いつ決壊するかハラハラ状態。

 大昔、お祭りに行って屋台で買い食いしてお腹が痛くなって、家まで我慢できずズボンの中に放出してしまった屈辱の過去を思い出した。しかしあの時、何とも言えない快感と解放感を知って、「おれってMかも」と思ったんだよなあ。

 それはともかく。

 やっと洋式トイレの方が空いて、出てきた。苦渋の表情で待っていたおれを見て、相手は驚いていたが。

 なんとか間に合って、よかった。

 で、雨の中、帰宅。

 くーたんにご飯を出し、機嫌を取って、シャワーを浴びる。帰宅してすぐに風呂場に入ると、くーたんは「どこにいるんだ!」と大きな声で鳴き続ける。

 シャワーから出て、ネットをチェックしていると、横で「遊べ!」と大声で鳴く。

 ネコは粘る。こっちが根負けして、しばし遊んでやると、けっこう短時間で満足する。「遊んでやる」という事自体が所要時間よりも重要なのだな。

 しかし世界的に極右の台頭が凄い。ヤバいなあ。極左も極右も「極」がつくのはヤバい。欧州議会では各国の「極右」勢力が数を増したと。日本でも極右のジジイが妙に元気だし、極右のオッサンも元気だし……世の中がスッキリしないときには極端なことを言う方がスッキリして判りやすいから、ウケるんだよな。

で、そんな彼らは自分たちの思想が「極」だと思っていない。至極当然の常識だと思い込んでいるから始末に悪い。

 極めて危険な徴候だと思う。

 0時30分就寝。

 2時過ぎに寝苦しくて目を覚まし、牛乳を飲み、エアコンを付ける。

 5時にも目を覚ましてトイレ。

今朝の体重:90.05キロ

本日の摂取カロリー:1932kcal

本日の消費カロリー:日常生活+503kcal+137kcal/3478歩+45kcal(自転車)

« いろいろありつつも「第3章」に突入 | トップページ | 異常に眠い一日であった »

コメント

その日の出来事やニュースを丹念に綴るのが安達さんスタイルなのに、唐突に「那古船形」が出てきたのでコメントしたくなりました。
マリー・アントワネットじゃないですが、月1万円台の貸し家か激安のボロ家を買うかすれば、童心に戻れて楽しいですよ。山中湖のボロマンションはいまや100万円くらいの価値しかないらしいんですが、この金額じゃいまや軽自動車一台も買えません(笑)。が、マンションのインテリアをこうしてああしてと想ったり、実際寝泊まりしながら寂しい感情をしみじみ味わったりすると、気分が学生時代に戻れます。いや、他にメリットなんてないからこんな物件、不必要なんですけど。私、何を言いたいんだろ(失笑)。

風様:不動産サイトで、中古の売り家と賃貸を調べてみたのですが、手ごろな価格の家は、やっぱり手を入れないと「文化的な生活」が出来そうじゃないような、「築年数不明」な家で。
どうせなら一戸建て(現地に行ったとき、ずいぶん長い間空き家になっている感じの家がたくさんあったので)がいいかと思ったんですが、そこそこしっかりしてる古民家ってのは、ないんですね。鎌倉の古民家も、実際住むとなるとかなり手を入れないと厳しいのでしょうが……。
鎌倉だと外に出るにもビシッとしてないとヤバそうですが、那古船形だったらパジャマのまま買い物に出ても通報されないんじゃないかとか勝手に思ったりして。
まあ、暮らすのは都会の方が便利なので、これは完全な妄想です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59712738

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事して気功:

« いろいろありつつも「第3章」に突入 | トップページ | 異常に眠い一日であった »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト