« 金沢に感銘を受けた | トップページ | 仕事して、気功 »

2014年5月11日 (日曜日)

何もしない一日

 7時前起床。

 トイレに行って寝直そうと思ったが、そのまま起きる。

 昨夜洗っておいた洗濯物を干しに行く。先手必勝で先に干して、他のヤツには絶対に使わせないのだ。

 まあ、なんと小さな争いなんだろう。

 晴れ。

 金沢で買った柏餅を2つ食べ、アサメシの代わりにする。

 朝のモロモロを済ませて、片山津・金沢旅行分の日記を書く。その過程で、北陸新幹線や加賀藩について調べたりしたので、 かなり時間がかかってしまった。

 しかし、調べれば調べるほど、徳川幕府が前田家を「別扱い」した理由がよく判らない。姻戚関係が強かったのは他の藩にもあっただろうし……伊達と並んで「もしものこと」を恐れていたから?ヤバそうな島津は遠いし毛利は力を削いだし。加賀藩が幕府にいろいろ気を遣っていたというのは知られているが、それにしても……。

 旅した町は、だいたい好きになる。旅行に行って嫌いになった街は、世界中どこにもない。あ……バンコクとチェンマイは、当時、空気が凄く悪くて街中にパクチーの臭いが充満していてそれがとてもイヤだった。

 松江もしっとりとした良い街だと思うが、やはり、仙台と金沢は文化の香りが高いし、町に気品を感じた。ぜひまた行きたいので、いろいろと調べてしまった。

 金沢が生んだ三大文豪といえば、一般には徳田秋聲、泉鏡花、室生犀星とされるが、これに是非、千草忠夫を付け加えていただきたい。思えば、千草先生の作風には金沢の空気が色濃く反映されていると思う。日本的な淫靡さと色気は、金沢が生んだものだと思うなあ。

 昼は、ご飯を炊いて、卵かけご飯。お代わりして、地海苔をぶっ掛けて。あと、インスタント味噌汁など。

 午後はぼんやり。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。写真家が撮ったとは思えない「駄目動画」をみんなで貶す。ゲストをここまで腐してもええんかいと思えるほど。

 途中、なんどか眠りに落ちてしまった。

 その後もぼんやりして、何をしたのか覚えていない。たぶん、何にもしていなかったのだろう。洗濯物を取り込む以外は。

 仕事をしようと、ファイルを開けたが、結局、1行も書けず。

 その代わり、読売の「発言小町」をたくさん読んだ。

 ここの特徴は、駄目な人の駄目な書き込みをみんなが寄ってたかって叩きまくること。最近はこの風潮がより強化されている。以前はもう少し遠慮気味というか、トピ主の(駄目なりな)気持ちに寄り添った書き込みもあったのに。攻撃する喜びを知ってしまったのだろうなあ。

 ちなみにおれは、ツイッターはまったくやらないし、以前取ってあったアカウントも消してしまった。2ちゃんねるも、B級グルメとクラシック音楽と旅行関係しか見ないし。

 もしもおれを装ったような人物が書き込んでいるとしたら、それはニセモノです。

 6月にある大イベントのスケジュールが発表されたので、それに合わせてスケジュールをいろいろと考えてみる。〆切もあるが、このイベントはとても大切にしているのだ。

 買い物に出るが、旅の無事をお願いしたお稲荷さんへのお礼がまだだったと思い出して、お酒をお供えしに行く。

 その後、スーパーで買い物。漬け物など。

 夜になって、メシの支度。牛肉とキャベツのオイル焼きを作る。大根おろしを大量にすって、ポン酢と七味を入れて、フライパンで焼いただけの牛コマとキャベツを食べる。まるで味付けしていないが、肉とキャベツの旨味が出て、美味しいのよね。

 「ダーウィンが来た」を見る。母の日なので、動物の母子を追う。どれも感動的で、母親の有り難さをしみじみ感じるが、特にぐっときたのが、群れからはぐれてしまった母子ライオンの苦難。見ていて涙が出た。余所者の雄ライオンが群れに乱入して、その群れは散り散りになってしまって、母ライオンは一頭だけで狩りをしなければならないのに、子供ライオンが余計なことをするので獲物が逃げてしまう。

 こういうの、だいたいは獲物にされる側から描くので、「逃げて!逃げて!」と思ってしまうのだが、今回は、飢えで死にそうな母子ライオンを描いているので、完全にライオンに感情移入している。試練を経て、子供ライオンも狩りを覚えて、狩りが巧くなっていく。これにも感動。

 いや~食うか食われるかの野生動物に産まれなくて良かった、としみじみ思う。

 「軍師官兵衛」を見る。いや~しかし、戦国時代って、野生動物の生き残りと同じだなあと思う。で、官兵衛が囚われたところで、金沢から帰ってきた相方から電話。

 車中で書いたメモを渡したいと。出かける支度を仕掛けたが、よく考えたら、ファックスを使えば済むんじゃないの?最近まるで使ってないので、ファックスの存在を忘れていたが……せっかくある文明の利器を使おうぜ。

 ということで、無事ファックスでメモを入手。

 その後、「NHKスペシャル」を見ようと思ったが、老いを直視したくないので止めて、ネットでニュースをいろいろ読んで、なんとなく「有吉反省会」を見る。太川陽介が無類の「卵かけご飯」好きで、どんなご馳走より好きなのが「看板タレントとして格好が付かない」とサンミュージックの相澤社長に零されて、罰として超高級卵を1ダース買わされて、みんなに食われてしまった。まあこれはご愛敬。

 その後風呂に入り、くーたんと遊んで、0時過ぎ就寝。

 明日から仕事に戻ろう!

今朝の体重:91.65キロ

本日の摂取カロリー:1972kcal

本日の消費カロリー:日常生活+28kcal/699歩+56kcal(自転車)

« 金沢に感銘を受けた | トップページ | 仕事して、気功 »

コメント

初ガツオ無為は百為に値して亡父のタタキ胸に沸き出で。←短歌ざます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59629593

この記事へのトラックバック一覧です: 何もしない一日:

« 金沢に感銘を受けた | トップページ | 仕事して、気功 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト