« 十柱戯(ボウリング)大会前に地獄を見た(*「木枯らし紋次郎」風に) | トップページ | オリエンタル・マースカレーを食べて感傷に浸る »

2014年5月18日 (日曜日)

ショックをなんとか抑え込み

 8時過ぎ起床。

 微妙な寝不足が溜まってきた。

 朝のモロモロを済ませると、もうお昼前。

 昨日のショックがまだ尾を引いている。と言ってもボウリングでさんざんな成績だったことではない。スポーツ音痴歴55年のおれだから、それは織り込み済み。自分ののミスで原稿を消してしまったことがショックなのだ。どうしてそうなったか解明されたから余計に。Macのせいに出来ないもんね。全部自分のせいだもんね。

 今日が期限の「餃子の王将」の割引券を使おうと、ブランチを食べに外出。

 千住大橋のSC「ポルテポンタ」にある「餃子の王将」は11時30分開店。11時50分頃に行ったら、すでに行列が出来ていた。凄いですね~。

 ラーメン餃子半チャーハンセットを食べる。

 食後、ABCマートで夏用のデッキシューズを買い、ヤマダ電機でエボルタ充電池を買う。

 図書館に回って必要な資料本の延長をして、帰宅。

 NHK-FMの「松尾堂」のゲストは作家の東直巳氏と探偵小説研究家の女性だった。終わり方だけ聞けたが、これ、再放送してくれないかな。

 で、「きらクラ!」。仕事をしながら聞く。

 15時を過ぎた頃、猛烈な睡魔に襲われて、ソファに寝転がって半分寝ながら聞く。実に気持ちのいい瞬間。日曜の午後だねえ。

 そんなことをしていると、2時間があっという間に過ぎてしまった。

 仕事にかかる。

 ようやく心の傷も癒えて、進み出す。昨日書いたところを読み返して手を入れて、先に進む。

 昨日のボウリング大会の写真を見せて貰うと、おれのデブさ加減が圧倒的。筑波のガマになった気分。己が姿の醜さに脂汗を流して痩せればいいんだけど。

 しかし、この腹の出方はイカン。今年初頭、ひどい下痢をして一気に痩せてお腹もけっこう引っ込んだけど、下痢が治ったら徐々に腹の出具合も戻って、今は凄く出ているからなあ。ヒッチコック級だ。

 仕事をしていると18時を過ぎ、19時になった。

 「軍師官兵衛」を見なきゃいけないし、今から外に出るのは遅いので、あるもので夕食を済ませる。

 ということで、コーンフレークを食べながら、「ダーウィンが来た」を見る。屋久島の猿は鹿と仲よし。こういう光景は実に平和でいいなあと思うが、屋久島の猿は縄張り争いが熾烈。「仁義なき戦い」の世界そのものだなあ。


 コーンフレークだけでは足りないので、冷凍海老ドリアを解凍して食う。これはおやつですな。

 で、「軍師官兵衛」。信長が官兵衛を裏切者と断定してしまうのは次週か。生きていることは判っていても、荒木村重と組んでしまったのかどうかの確証がなかったのね。

 相方からメモが届いたので、それを熟読。

 仕事としてはキリのいいところまで進んだので、今日はここまで。

 風呂に入り、ゴミ出しをして夜の冷気に当たり、部屋に戻ってデル・モナコの「道化師」を聞いて、レオンカヴァッロの生涯を調べる。

 レオンカヴァッロとプッチーニは因縁のある仲で、「マノン・レスコー」の最初の台本はレオンカヴァッロが書いてボツ。「ラ・ボエーム」はレオンカヴァッロが共作を持ちかけたのに、プッチーニは「興味がない」というような返事をして断っておきながら、レオンカヴァッロが自力で書いた作品よりヒットするものを書いてしまったり。なんかレオンカヴァッロがおちょくられるような人生に見えてしまう。よく似た方向性を持ってしまった悲劇か。作曲家なら作品の力でねじ伏せるしかないけれど、プッチーニの方が腕があるもんなあ。

 とは言え、「道化師」はとても良くで来たオペラだと思うし。圧倒的才能と同時代に生まれて、似た感性を持ってしまったが故の悲劇か?前口上はやっぱり余計だと思うけど。

 くーたんと遊ぶ。しかし真剣にじゃれるくーたんは本当にもうたまらなく可愛い。

 0時前、就寝。

今朝の体重:90.60キロ

本日の摂取カロリー:1593kcal

本日の消費カロリー:日常生活+38kcal/1020歩+96kcal(自転車)

« 十柱戯(ボウリング)大会前に地獄を見た(*「木枯らし紋次郎」風に) | トップページ | オリエンタル・マースカレーを食べて感傷に浸る »

コメント

きらクラ!の放送のラストで、ラジオネーム紹介されていましたね。
3番目でしたよ。

ちょっと書きすぎました。
ご覧になったら、このコメントと共に削除してください。

BWV1000番さま:いえ、そんな秘密にするほどのものではありませんので。けっこう投稿してるんですが、読まれることもないので、最後の部分は聞き流しておりました。ご指摘がなければ知らないままでした。有り難うございました。
それにしても、再放送二回分の「BGM選手権」のレベルが高くて、舌を巻きました。みなさん、凄すぎます。
僕は「きらクラどん!」が精一杯です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59668334

この記事へのトラックバック一覧です: ショックをなんとか抑え込み:

« 十柱戯(ボウリング)大会前に地獄を見た(*「木枯らし紋次郎」風に) | トップページ | オリエンタル・マースカレーを食べて感傷に浸る »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト