« 仕事して気功 | トップページ | 世間ではいろいろあったが »

2014年5月27日 (火曜日)

異常に眠い一日であった

 まず、昨日の戴き物のご紹介を。

Photo

「怪盗ましら小僧」(芦川淳一)宝島文庫

「ましら小僧参上」と書いた紙を残していく盗賊が巷を賑わした。「ましら」とは猿のことで、その名のとおり、猿のようにすばしっこい。被害に巡った店がどこも、あくどく儲けていることから、世間は義賊ともてはやした。ある時、定町廻り同心の仙太郎が何者かに誘拐される。そこに助けに現れたのはましら小僧だった。人情時代小説に定評のある著者の新作書き下ろし、宝島社文庫に登場!(裏表紙の惹句より)

 後輩の小生があれこれご紹介するのは口幅ったいし失敬に当たるので……。この作品の面白さは惹句にすべて集約されていると思います。是非、書店で!

 

---------------------------------


 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。ご飯、目玉焼き、インスタント味噌汁、漬け物、佃煮など。

 で、このアサメシを食べるまでは普通だったのに、食べてから、モーレツに眠くなった。まるで睡眠薬でも入ってたんじゃないかと思えるほど。

 コーヒーを飲むといくぶん収まったが、それでもカフェインが切れたらダメ。

 こういう時は思い切って昼寝した方がいいんだろうが……。

 時々、読売の「発言小町」を読み耽って、仕事に使うべきエネルギーをこっちで使ってしまったんじゃないかと思える事がある。今、注目しているのは「30過ぎの長男のヨメに次男のヨメの妹(現在高校生)をなんとしかして迎えたい」という母親の相談。当然ながら袋だたきに遭っている。あと「結婚式で『Let it go』を歌いながら入場したい」というウェディングハイの女性の相談。この女性、ハタチそこそこかと思いきやアラフォーなので、これまた呆れられている。あと、ウルトラ過保護な親が28になる娘のひとり暮らしを阻止したいというモノとか。

 ネタなのかどうか判らないが、世の中いろいろだなあと、とても勉強になる。

 集中力が全然出ないので、昨日に引き続いて、千葉は那古船形の物件を捜してみたり。部屋数が10くらいある豪邸が1300万で売ってるぞ。なぜか新築2棟を「2世帯住宅」としてセットで売っているのもあるが、これは山の中。海が見えるから那古船形は魅力があるので、山の中だと、ただの田舎でしかない。

 思うに、この町に魅力を感じるのは、ポルトガルのリスボンに似ているからだ、と気づいた。一時はとても繁栄したが、今はゆったりと時間の流れる余生のような感じが。

 あげたけど、どうも気になる「第2章」。ずっと考えている。

 どうして引っかかっているのか、その原因を考える。いやそれはすでに判っているのだ。展開が単調になっている。しかしそれをどう直すか。それと、今後似た人物が登場する設定になっているが、すでに多くの人物が登場して錯綜しているので、新たに出て来る人物を整理・統合する。

 なので、「第2章」を少し書き直す。それでもアクションを増やす書き加えをするかどうかは相方に相談した方がいいので、案だけ練る。

 起きていられないほど眠くなったので、ソファに寝て、「相棒」の再放送を見る。

 脚本の作りが上手いなあ。このドラマの凄いところは、今の社会の問題点を的確にすくい取ってエンターテインメントのドラマにしているところ。ドラマだからといってテーマを描くために不自然な展開になる事もなく、杉下右京の世界のまま(あれ?今回は「相棒」が出て来なかったぞ)、ごく自然に見せてしまう。

 上手いなあ。こういう熟れ具合を見せるから、このシリーズは長く人気を保ってるんだなあ。

 とても勉強になる。

 ネットで読んだ記事で、恵庭で起きたOL殺人事件で犯人とされた女性が無実を主張していて、裁判記録を読んだ第三者の弁護士が、その「有罪ありき」な裁判の内容に驚き呆れて、そのひどさを告発するに及んで本を書いた経緯を知る。もちろんその本は即、注文した。

 こういう事があるから、にわかに警察・検察・裁判所の言うことは信用出来ないのだ。だから、片山被告の件も、警察の論理に強引さを感じて、冤罪を疑ってしまった。

 片山被告の大きな罪は、4人の無関係な人に罪を被せてしまったことと、自分の冤罪主張を信じて支援してくれた「市民団体」に泥を塗ったこと。こんなことがあっては、市民団体も馬鹿馬鹿しくて冤罪を叫ぶ容疑者・被告を支援したくなくなってしまう。市民団体を揶揄する連中は昔からいるわけだし、そういう批判に抗しながら容疑者・被告を支援するのは、冤罪を憎むからだ。そんな気持ちを踏み躙った片山被告の罪は重いぞ。

 で、事件の詳細を報道でしか知る事が出来ない我々素人としては、事件が報道されないと、事件の存在そのものを知る事が出来ないし、報道によってのみ事件の経緯や捜査や裁判の経過を知る事が出来る。

 以前は、報道そのものが警察べったりだったから、「警察に逮捕された被疑者=真犯人」という報道がなされてきた。その意識は今も強く我々に刷り込まれている。

 だから今でも冤罪は起こりうる。

 しかし、世の中には「警察は常に正しい」と強く思っている人たちも多い。そして、一部の報道を信じ込んで、単純すぎる正義感で、「電凸」したりネットに書き込んだりして、ネットで冤罪を作り出して間違った断罪をしてしまう事も増えてきた。その最たるものが「スマイリーキクチ」事件だが、ほかにも大きな事件で犯人耶蘇の関係者でもない人物の顔写真がネットに貼られて犯人扱いされてしまった事件は多い。マスコミが間違った顔写真を掲載したりしたのが発端である場合もある。

 この件については、以前からいろいろ考えているのだが、「相棒」の手法をお手本に、作品として世に問いたい。

 なんだかんだで17時。「5時に夢中!」を見る。コスプレ終了宣言をした岡本夏生は「すごく美人」になって登場。最後にカツラを北斗晶に剥ぎ取られていたが。

 今日も、見ていて途中から寝てしまった。

 くーたんがやって来て、おれの脚を枕にしてスヤスヤ寝てしまったから、余計に動けなくなって、一緒に寝た。こうなると本当に、くーたんがモーレツに可愛くて、起こせなくなるのよね。

 夜は、久々に町屋に行って、相方と食事。

 「ときわ食堂」で、アジのなめろうの定食、牛肉エリンギ炒め、ネギぬた、ほうれん草の胡麻あえを食べる。ここは腹一杯食べても安い。だから常に満員。

 「第2章」の問題点について話す。相方も同意見だったので話は早い。対策もほぼ同意見。伏線が絡んでくるので、まず書き進んで、伏線を張る必要に応じて、後戻りして書き足すことに決定。書き足す場所を特定しておく。

 帰宅して、くーたんにご飯を出す。

 iPhoneのとても便利なアプリ「Moves」を愛用している。これは何歩歩いたか、何分自転車に乗ったか、それを記録して消費カロリーも算出してくれて立ち回り先も詳細に記録してくれる。

 そのぶん、バッテリーの消費が激しくて、1日中外にいると、夕方にはバッテリーが切れてしまう。

 このアプリには「省エネモード」もある。今日一日試してみたが、たしかにバッテリーの消費は驚くほど減るのだが、その分、記録が不正確になる。自転車で駅まで行って電車に乗ると、自宅からそのまま電車に乗った記録になるし。

 こういう不正確さは嫌いなので、バッテリー消費が増えるのは仕方がないと割り切るか。

 風呂から上がって「報道ステーション」を見る。

 大阪の准看護師の事件。一連の事件を深く知っているであろう日系ブラジル人の女は、日本国籍がないので、中国からブラジルに送られてブラジルで取り調べを受けることになるのではないかという。外国人でも日本で起こした犯罪については日本で取り調べられて裁判になって服役するんじゃないの?

 この辺、スッキリしない。

 それと、原子力規制委員会で、一番厳しい意見を言って再稼働したい電力会社にとっては「敵」だった島崎委員が、任期切れを持って「交代」。明らかに邪魔な存在である島崎委員の排除。再任できないのではないのに再任しないのは、島崎委員が邪魔だからだ。

 原発事故がまた起きなければ、日本の原発政策は変わらないのだな、とハッキリ判った。暗澹たる思い。

 W杯日本代表の親善試合は日本の勝ち。でも、もっと点を入れて勝って欲しかったと素朴に思うなあ。

 星野監督、難病で長期離脱。今年の楽天は弱いから、その心労もあるのだろう。

 早々に寝ようと思いつつ、中居くんの「業界の内情暴露」をついつい見てしまった。

 23時30分就寝。

 今夜も夜中に寝苦しくなってエアコンを付け、明け方に寒くなってトイレに行く。これが「熟睡出来ていない感じ」の元凶か?

今朝の体重:90.25キロ

本日の摂取カロリー:1690kcal

本日の消費カロリー:日常生活など(記録が不正確)

« 仕事して気功 | トップページ | 世間ではいろいろあったが »

コメント

拙著を紹介してくださって、ありがとうございました♪m(*^ω^*)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59717989

この記事へのトラックバック一覧です: 異常に眠い一日であった:

« 仕事して気功 | トップページ | 世間ではいろいろあったが »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト