« オリエンタル・マースカレーを食べて感傷に浸る | トップページ | テニスの後も仕事して、「第2章」あげる »

2014年5月20日 (火曜日)

痩せ薬、吉田調書、片山被告

 7時過ぎ起床。

 即、トイレ。

 一昨日から某社の「ダイエット・サプリ」を飲んでいる。

 今まで、いくつかこういうのを飲んで全然効き目はなかったのだが、今回のはたしかに効果はある。大食いしても体重の増加は最低限で、出るものはたくさん出る。このサプリは下剤のようなモノなんだな。

 しかし、なんだか疲れる。朝から疲れている。睡眠時間を取った割に、眠い。そして、気分的に、なんとも悲しい。思えば昨日、ユーミンの曲を思い出して涙ぐんだりしたのもこの影響か?

 鬱のようななんというか、凄く感傷的になって落ち込むような感じ。

 これって、「ダイエット・サプリ」のせい?

 ここ数日の体調と気分の変化を引き起こす原因は、この「ダイエット・サプリ」しか考えられない。

 そう思いつつ、朝のモロモロをやって、ブランチ。昨日大量に作ったカレー。ひとり暮らしで鍋1つ分のカレーを作ってしまうと、やっぱり多すぎる。

 食べてから、この「ダイエット・サプリ」を飲む。

 朝日朝刊に、「吉田調書」の記事が。事故当時、大量の東電職員が逃げてしまったことや政府関係者が真っ先に逃げてしまったことは既に知られているが、東電職員の9割が吉田所長の命令に背いて勝手に福島第二原発に逃げてしまったとは知らなかった。そしてこの調書を原子力規制委員会の委員長が読んでいないことや、官房長官が政府としては公表する気がないと言ったことも驚いた。

 ネットには「原発は悪くない。悪いのは東電」とかいうバカな事も書かれている。悪くない原発を作って動かしているのは、ミスをするかもしれないし逃げ出してしまうかもしれない人間なのだ。銃は悪くないが、悪人が手にすれば凶器に変わる。それと同じ事。

 原発推進派の言うことは的外れなことばかりで笑ってしまう。

 仕事開始。

 上記のように、なんだか疲れているので、思ったように進まない。今日中に「第2章」を終わりたいのだが、この調子では終わらないぞ……。

 行方不明だった片山被告が、弁護士事務所に来て、「全部私がやりました」と告白したと。

 え~っ!

 この件に関しては、一番最初は、状況証拠は揃っているから、犯人はこの人なんだろうな、と思ったが、決め手となったのが「江ノ島で猫を構う防犯カメラの映像」とか詳しく知ると、なんだか警察の強引さを感じるようになって、冤罪を疑うようになった。

 真犯人が実に巧妙で、このひとにターゲットを絞って陥れようとしているのなら、こういう風に御膳立をして警察を誘導することも可能だろうと思ったら、この片山被告も他の4人の方と同じく被害者なんじゃないか、と思うようになったのだ。

 猫カフェで猫を抱いている写真とかを見ると、「こんなに猫を可愛がる人が悪人であるはずがない」と思った事もあった。まあ思えば秘密結社(スラッシュとかスペクターとか)の悪のボスって、何故かふさふさのネコを抱いてるけれど。

 そして今回も、保釈された人間を警察が行動確認していたという執拗さが異様だったし、外で偽メールを出して、その際に使ったスマホを荒川河川敷に埋めるという、どう考えても異様な行動がまったく理解出来なかった。片山被告がこんな事をして、どんなトクになるのか?どうしてスマホを埋めたのか?こういうのは、警察が切羽詰まってでっち上げた事じゃないのか?

 そう思った。警察ってこういう強引なやり口で冤罪を仕立て上げてきた過去があるから。

 犯罪者の心理って、判らない。

 ネットでは未だに、長期間拘束されていた片山被告が精神的に追い込まれていて、やっていないけど「私がやった」と言って楽になりたかったのだ、と言う説を唱える人もいるが……こうなった以上、その説はないだろうと思う。

 そしてネットには、ひどく醒めた意見もあるし、「最初から片山でキマリだったじゃん」と勝ち誇ったような書き込みもある。まあ、ネットだからね。

 しかしおれは、もしも身に覚えもないことで捕まってしまう恐怖をまず考えるし、自分もそういうことになる可能性はある、と考えてしまう。大阪のアニメ演出家だって片山被告のなりすまし行為で捕まったんだし。

 誤認逮捕されるのは怖ろしい。そして日本では、「逮捕=犯罪者」で、捕まるやつは悪党(どうせ捕まるような悪いヤツなんだろ。と言う偏見)だと思われてしまって、それが誤認逮捕でも、名誉回復は不可能なんじゃないかと思えるほどのダメージを受ける。

 そういうことを考えると、余計に、事件の収束を急いだ警察と検察が、片山被告を有罪にして幕を引きたがっている可能性が高いと思った。そう考えると、保釈後、ずっと行動確認をしていたのも判る。

 

 当人は「(無実を訴え続けたのは)途中で引き返せなくなったから」「今回の事は、裁判を早く終わらせて母親を安心させたかったから」「警察がずっと尾行していたとは知らなかった」と言っているようだ。

 片山被告の無実を信じて、というか、依頼人の主張にそって弁護するのが弁護士の役目だから、こういうふうに本人がゲロしてしまうと弁護士も大変だ。支援者も馬鹿丸出し状態。これじゃあ冤罪防止活動をしている人たちはやってられないよなあ。

 この件、高みの見物をする気にはまったくなれない。

 冤罪に関しては他人事だとはまったく思えないから。いつ自分の身に降りかかってくるか判ったものではない、と思っているから。

 午後、カレーを温めて、トーストに付けて食べる。美味い。

 仕事再開するも、体力の低下と気分の落込みが著しい。

 やっぱり「ダイエット・サプリ」の効果だと思うなあ。

 服用を中止しよう。体重が減っても仕事が進まず気分が落ち込んだら元も子もない。

 「5時に夢中!」を見る。今日の代理MCは「我が家」の坪倉。まだ若手というか経験不足で徐行運転のまま終わってしまったが、岡本夏生が今日も凄かった。スパイダーマンだぞ!

 19時ごろに、ここまでで来たところをiPadに入れて、相方との打ち合わせに行く。

 千住大橋の「ポルテポンタ」にある大戸屋。

 サバの炭火焼き定食に豆腐とジャコのサラダを半分こして、少なめご飯をお代わり。

 食後、iPadを渡して、書いたところまでを読んで貰う。

 登場人物の言動の変更。そうすると、あとの構成も変わってくるなあ。

 21時ごろ帰宅。

 疲れてしまって、もうちょっと仕事をしたかったしするべきだったが、出来ず。

 風呂に入り、多少カツが入ったので、直す部分のメモを作る。

 「報道ステーション」を見る。公明党はかなり慎重な姿勢。この考え方には共感する。今一番支持できるのは、腰が全然据わらない民主党ではなく、口だけの社民党や共産党ではなく、ヘンな老人が牛耳っている維新の会でもなく、公明党かもしれないなあ。少なくともアベの暴走にブレーキをかけられるのは公明党だけだ。

 

 くーたんが遊べと猛烈にアピールするので、しばし遊んで、0時前就寝。もう朦朧となるほど眠いし、物凄く疲れている。

 クスリで痩せるというのはやっぱり邪道だなあ。

今朝の体重:90.50キロ

本日の摂取カロリー:2152kcal

本日の消費カロリー:日常生活+69kcal/1728歩+49kcal(自転車)

« オリエンタル・マースカレーを食べて感傷に浸る | トップページ | テニスの後も仕事して、「第2章」あげる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59679656

この記事へのトラックバック一覧です: 痩せ薬、吉田調書、片山被告:

« オリエンタル・マースカレーを食べて感傷に浸る | トップページ | テニスの後も仕事して、「第2章」あげる »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト