« 荒川サイクリングして、「ヒッチコック」を見た | トップページ | 神田川ウォーク第1回 »

2014年5月 3日 (土曜日)

散髪してプチ買い物

 8時過ぎ起床。

 晴れ。

 こんなにいい天気だと、部屋の中にいるのがもったいなく感じてしまう。かと言って、明日出かける予定だから我慢しなきゃ。

 1年で最も快適な季節。ユーミンはイースターを「一番好きな季節」と歌ったけど、梅雨に入る前の今の時期がいいなあ。

 昨日捜しても見つからなかった「メイキング・オブ・サイコ」をもう一度捜す。

 意外なところから出てきた。

 引っ越しの時に大雑把に本棚に押し込んだままなので、本の在り処はバラバラ。ちょっと分野別に整理するかな。ついでに不要な本を取り出してブックオフ(ちょっと専門的な本になると5円とか10円しか値が付かないけど、捨てるよりずっといい。本の命が救える)にでも持っていかないと、すでに本棚は溢れているし。

 で、読み返す。あの映画は、この本を元にしているが、かなり追加取材をしたり、フィクションを交えているのね。まあ当然だけど。ドキュメンタリーじゃないんだし。

 いつの世も、「前例のないこと」「タブーに挑戦すること」には困難がつきまとう。功成り名を遂げたヒッチコックが、チャレンジ精神を失わなかったのは、凄い。というか、マンネリだとか過去の焼き直しだとか言われるのを凄く気にしていたのだろう。

 この本では、「北北西に進路を取れ」のあとの次回作が幾つも準備段階でポシャっていたことが書かれている。まあそれは「ヒッチコック 映画と生涯」にも書かれていたのだが。脚本段階にまで行っていた2本がポシャった後、「マーニー」を準備し始めたら、ロバート・ブロックの例の本に出会った、と。

 この素材探しに必死な部分は、「サスペンスの巨匠」として世間の期待に応えなければならないし、フランス映画人の猛烈な追い上げ(シャブロル、クルーゾー、ダッシン……ジュールス・ダッシンはもともとアメリカ映画人だが)やアメリカ映画でもベテラン勢がヒッチコックの領域に進出してきたし。

 誰も手がけない「危ない素材」だが、その危なさが、変質者の素養があるヒッチコックに大きな刺激を与えて、「これしかない」と爆走する。パラマウントが金を出さないと決めると自己資金を用意するし、低予算を徹底するためにキャストやスタッフに工夫を重ねる(が、編集や音楽にはいつものジョージ・トマシーニやバーナード・ハーマンを起用したのは、やっぱり余人に代えがたかったからだ)。しかしこの「危ない素材」は検閲との闘いでもあって……。

 ヒットメイカーは常にヒット作を求められるし、そのジャンルの第一人者としてはクオリティも求められる。その両方を成し遂げてきたからこそ、ヒッチコックは映画史に燦然と名を残す巨匠なのだが。(それはビリー・ワイルダーも同じ)

 ランクは雲泥の差だけど、同じ作り手として、素材探しや企画もポシャりとかには共感するし、製作開始にこぎ着ける大変さも元映画屋としてよく判る。撮影が開始されたら、どんな映画だって大変だし、仕上げで試行錯誤して磨き上げていくのはどの作品も同じ。ただ、「サイコ」に関しては、失敗すると名声も財産も一挙に失いかねないという一世一代のギャンブルだった。

 それに見事に打ち克って、ヒッチコック最大のヒット作になった、という大逆転劇が実にドラマチック。映画にしたいと思ったのも当然だろうなあ。

 公開に際して、ヒッチコックはテレビで有名になっていたことを利用して、誰もやったことのない作戦を立てて実行したのも凄い。

 やっぱり、ヒット作は並の努力では生み出せないのだ。

 相方と電話で打ち合わせ。「第1章直しメモ」と「第2章」の構成メモを送りあう事にする。

 で、「第2章」のメモを作っていると、11時を回り、腹が減った。

 

 先日見た「テルマエ・ロマエⅡ」でルシウスがむさぼり食った醬油ラーメンと餃子が食べたくなった。

 北千住には豚骨系のラーメンが多いが、安くて評判の「りんりん」なら東京風の醬油ラーメンが食える。

 混む直前に店に入って、ラーメンと餃子。先客の男がやたら声がデカくて怒鳴るように喋る。こういうヒトはちょっと耳が遠いのかな?

 食べた後、並びにあるスーパーで買い物をして、帰宅。

 ちょっと汗ばむ陽気。

 夏がお嫌いな諸兄には悪いけど、おれは夏が好き。大好き。だから、この季節はとても好きだ。夏に向かうワクワク感がある。夏になる前には梅雨があるんだけど。つゆはジメジメして嫌いだけど、梅雨がなければ渇水になるしねえ。

 帰宅して、「第2章メモ」を作って、相方に送る。

 相方からは直しメモは当分来ないようなので、散髪に行く。

 高校生の頃から、散髪は年に数回しか行かなかった。おれは天然パーマだが、その「くるくる具合」が我慢できなくなったら散髪に行っていた。

 しかし、トシを取ってくると、「くるくる具合」が激しくなってきて、ちょっと伸びると爆発状態になってしまう。UNOとかの整髪料を使っても駄目。頭を洗って調えればいいんだけど……。

 それにしても頭が「わしゃわしゃ」状態なのは気分が悪い。

 調べてみると、前回は3月アタマに散髪していて、その前は1月下旬なんだよねえ。

 しかしまあ、いい機会だから散髪へ。美容室に行くほどの頭ではないし、若けりゃ違うが、もうオッサンだから、早く手安いクイック床屋で充分。とは言っても1000円カットの店だと乱暴すぎて駄目。頭に掃除機を当てて毛を吸い取るのは勘弁して欲しい。

 行きつけは、1000円カットよりちょっと高いが普通の理髪店より安い店。おれにはピッタリ。1時間かけてやってもらっても、出来上がりは殆ど同じなんだから。

 で、店に入ると、ちょうど先客が終わって席が空いたところ。今日はなんだかツイてるな。

 かなり短くして貰う。

 やって貰っている最中にiPhoneに着信。Oからなので、放置。

 終わってから店の外に出てOに電話。ずっと以前におれが彼にプレゼントした天井の照明器具が壊れたのだが保証が効くと。しかし買ったのはおれなのでおれの電話番号が必要だというので、妙な事を言うなあと思いつつもOKを出す。

 冷やしたぬきソバを食べて、その足でルミネへ。

 Tシャツとパンツが古くなって数枚捨てたのだが、その補充。

 こういうものはユニクロ。

 ここでズボンとかジャケットを買うと、大きなサイズを選んでも窮屈。細身体型しかないのだ。それは無印良品も同じ。デブはサカゼンに行けってか。

 帰宅すると、何だか疲れてしまった。

 と、Oから電話。結局、照明器具を直すのにおれの電話番号は必要なかったと。そりゃそうでしょう。

 で、ショートショートを幾つか書いたので読んでほしいと言われたので、じゃあ送ってと応じる。

 17時を回って相方から直しメモが届く。

 すぐ直せる箇所と難しい箇所があるが、2時間もあれば直せるだろうと思ったら、予想以上に難物だった。

 中断して、ご飯を炊いて、夕食の準備。

 牛コマ肉を大量に買ってきたので、小分けにして冷凍。

 今夜は久々に、牛コマのケチャップ炒めを作る。塩胡椒して小麦粉をまぶして多めの油で炒める。火が通ったらケチャップを投入して絡めて終わり。学生時代に友人に教わったのだが、そもそもはポークチョップもしくはポーク・ピカタの変形らしい。

 それにほうれん草のソテー。かなり大量に作る。

 それとマカロニサラダにご飯とチキンコンソメ・スープ。

 美味い美味い。思えば、これを作るのは本当に久しぶりだなあ。

 食後、たらたらとテレビを観る。「ロング・グッドバイ」は評判はいいけど、おれはどうも駄目。

 ハードボイルドの総本家を翻案してドラマにするというので気合いが入っているのは判るけど、画面のサイズが詰まりすぎていて(アップが多すぎる)、息が詰まる。息詰まる演出、という事かもしれないけど……。しかしハードボールドっていうと、どうしてこうカッコつけちゃうんだろう?フィリップ・マーロウの世界って、タバコ吸ったり酒を飲んだりするだけでもカッコつけちゃうのか?

 おれはロバート・ミッチャム版の「さらば愛しき女よ」を心から愛するものだが、あの世界観がハードボイルドなんじゃないのかなあ。一種の諦観。人生の諦めから出発するもの。ギラギラしていると見えないものが、一歩も二歩も退くと見えてくる。チャンドラーの名台詞は、そういうところから出て来ないと、タダの「エエカッコしい」になってしまう。かなりヨレヨレになったオッサン(しかし、タフなことはタフ)が言うから含蓄があるのだと思う。

 日本で、あの時代、自分の車を乗り回すのって、相当の金持ちじゃないと出来ない事だと思うし……でも、車がないとこの手の話は成立しないし……。

 「情報7デイズ」を見て、くーたんと遊ぶ。

 ネコは本当に真剣になって猫じゃらしを追う。それがたまらなく可愛い。ウズラもビワも5歳になった頃にはもう、老成してあんまり猫じゃらしに反応しなくなっていたと思うが、くーたんは猛烈に猫じゃらしが好き。物凄く真剣な顔がムチャクチャ可愛い。


 しかし今日は憲法記念日だというのに、それに冠した番組がなかったね。民法には期待してないけど、NHKもなにも放送しないって……。各自治体では、「護憲」活動に公的施設の貸し出しを渋るようになってきたらしいが、NHKもそうなのか?

 今日は早寝することにして、0時20分頃就寝。

 何故か子猫が生まれて、部屋の中にネコがウジャウジャいる夢を見る。

 一軒家に30匹くらいの猫を飼って本人は風呂場で寝ていた、という件を思い出した。最初の記事を読んだ時、なんて馬鹿なヤツなんだと思ったが、続報を読むと、なんて優しくて自分で抱え込んでしまう人なんだろうと深い同情と共感を感じて、最初に馬鹿にしてしまった自分を恥じた。

 周囲に「くさい」と苦情を受けて窓を閉めて監禁状態で飼っていたそうだし、猫屋敷だからと、玄関に猫を捨てていく不届き者もいたそうだし。

 しかしまあ、一人でどうしようもなくなる前に、愛護団体に相談して協力して貰うのが本当だったとは思うけど。

 でも、縁あってウチに来たんだからと可愛がる気持ちはとてもよく理解できる。

 あの人は今、どうしているのだろう?幸せに過ごしているのだろうか?

今朝の体重:90.90キロ

本日の摂取カロリー:2318kcal

本日の消費カロリー:日常生活+106kcal/2536歩+192kcal(自転車)

« 荒川サイクリングして、「ヒッチコック」を見た | トップページ | 神田川ウォーク第1回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59579839

この記事へのトラックバック一覧です: 散髪してプチ買い物:

« 荒川サイクリングして、「ヒッチコック」を見た | トップページ | 神田川ウォーク第1回 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト