« 仕事進んで新国でオペラ二本立鑑賞 | トップページ | 何故か深夜に仕事のスイッチが入る »

2014年5月15日 (木曜日)

頑張った翌日は息切れ状態

 7時過ぎに目が覚めてしまったので、起床。

 雨。

 今日は雨だから集中して仕事に励もう!

 と思ったのだが……なんだか疲れてしまって、集中力が出ない。責任回数投げたらしばらくお休みの先発投手じゃなくて毎日登板するリリーフみたいに仕事しなきゃいかん。

 まあ、新しいブロックに入って、どう場面転換させるか思案のしどころだったのだが。

 昨日分の日記を書くのに、マスカーニやレオンカバッロ、そしてオペラ「道化師」について調べる。

 比較的短命だったレオンカヴァッロに対して長生きしたマスカーニはオペラ作曲家としては指揮者としても成功したが、スカラ座の音楽監督の地位を求めてファシスト党に接近したので戦後は財産を没収されて悲惨な末路を辿った、と。無理に地位を求めるとこういう事になってしまうのね……。

 「道化師」のCDを持っていなかったので、デル・モナコの伝説の名盤を注文する。「カヴァレリア・ルスティカーナ」とのカップリングで1200円(中古)だぜ!

 アサメシは、昨日買ったスコーン(というには小さなおむすびみたいな形だが)を温めてオレンジ・マーマレードを付けて。これがなかなか美味かった。それとミルクティ。

 Macの前に座って、書いては消し。

 午後になって雨も完全に上がったので、ちょっと外出。

 博多ラーメン「まるなが」で味玉ラーメン+替え玉を食べ、北千住駅のみどりの窓口に行って来月の盛岡→上野の「はやぶさ」のキップを取る。日本最高時速を体験したいので。

 帰路、スーパーで今夜のメシの材料を買う。

 帰宅したら、かえって疲れが増してしまった。いかんのう。

 溜まっている新聞に目を通し、古い号の「ねこのきもち」を整理。この雑誌は創刊から定期購読しているが、記事は繰返しが多い。猫の病気、ストレス解消法、しつけ、仲良くなる方法。これが4本柱。なので古い号を順次捨てるのだが、載っている写真が愛くるしいモノばかりで、捨てがたい。だったら古い「マックピープル」の方を捨てようかと思うが、こっちもかなり捨てている。ネコの写真はどれも可愛いモノばかりだから、ここはもう割り切って、古い号を処分。

 なんだかんだで「5時に夢中!」の時間になる。今日は中瀬ゆかりはお休みで、代打に井森美幸。この人、基本的に美形なのにバラドルになってしまって中途半端になってしまった感じ。というか、仕事を選んでいるのかな?

 中瀬ゆかりがいないと、岩井志麻子はやりにくそう。

 軍歌の特集をやっていたが、「隣組」って軍歌なの?戦時歌謡じゃないの?

 調べたら、やっぱり軍歌じゃなかった。ええ加減やのう!

 番組終わって、メシの支度。牛肉とキャベツのオイル焼きをまた作る。キャベツ半分を食い、大根おろしも大量に食った。

 美味い。簡単に出来て美味い。

 アベ首相の記者会見。憲法、時の内閣の意志で解釈の変更が出来るというのはヤバいと思うぞ。それも、戦後ずっと制限してきた問題を変えるんだから。

 こういう時、反対勢力がキチッと存在すれば、政権交代して「解釈変更はナシ」に出来るのに。民主党は瓦解して、維新の会はワケが判らないし、新興政党はぐちゃぐちゃ。共産党や社民党はいつもの定番フレーズを繰り返すだけでアピール力がない。

 二大政党制で、片方がボロボロになってしまったら、こんなヤバい事になるのか、という思い。自民党の中にもアベの方向性に賛同しない人たちがいるし、民主党は安倍の方向性の賛同する前原みたいなのが混じっている。じゃあこの問題で政党を再編成すればスッキリするかと言えば、TPPや福祉問題ではまた別の色分けになるし……。

 困ったもんですな。

 仕事を再開。

 なんとか進み出す。良かった。

 仕事のメールのやり取り。連作短編のお話を戴く。とても有り難いのだが、スケジュール的にやれるだろうか?今年は既に過去やったことがないほどのキツキツ状態だぞ。

 ここは踏ん張りどころだ、とは思う。

 22時になって、「続・最後から二遍目の恋」。

 先週、おれは『 最低最悪のプロットしかないけど「これでやるしかない!」と千秋が決断して、二人でシナリオを書いたらマアマアの出来で、映像化したらなかなか良くて、何故か視聴率も取ってしまって千秋さんよかったね、という展開になるんじゃないのかなあ?』と予測したが、ヤワだった。岡田惠和はもっと辛辣だった。「全くダメな脚本だったよね?自分で読み返して判った。もう、これまで、だよね?」と彼は自分で悟って、去って行く。その前の場面で、アラフォー3人が「この歳になったらさー、自分では出来ないけど、他人の才能があるかどうか判るじゃん?だから『頑張ればなんとかなるよ』とか言えなくなるよね」という辛辣だが真実を喋らせているから、余計に響く。

 いや~この場面は見ていて怖かったよ。自分には才能があるんじゃないかと思って40くらいまで頑張ってきたけど、やっぱり才能は無くて、このままだと人生完全に棒に振ってしまうから、なんとか転身すべきだと思うけど、やっぱりしがみつきたい自分……。

「やっぱり千秋の口からキッパリ言って欲しい」

という彼のセリフは、響くな~……ホント。

 で、次の場面では、新たな脚本家が立っている。このシビアさ!前シリーズで振り回された若ママ脚本家が再登場。

 この絡みで、尾野真千子がゲスト出演したが、やたら不機嫌でガラの悪い女優が擦れ違って、というだけ。2カット。え~これで終わり?どうせならもうちょっと絡んでよ!

 いやしかし、加瀬亮の役の「彼」はどうなるんだろう?加瀬亮をキャスティングしたって事は、このままじゃ終わらないと思うんだけど。

 TBSの「ニュース23」に自民党の石破幹事長が出てきて、「実際に自衛隊を動かすには関係法令などを変えなければならず、それは国会の審議が必要なのだから、内閣が国民の意向を無視してなにかやるということではない。そして自民党はこの件について選挙の公約としてハッキリ示してきて選挙に勝ったのだから、国民の声を無視するものではない」と言っていたが……。

 しかし、こんな大きな「解釈改憲」をするなら、きちっと憲法改正を発議すべきではないのか?

 それが難しいことが判っているから、「解釈改憲」をやろうとしてるのだ。

 ズルズルいきそうで、凄く気持ち悪いのだが。

 それとは別に、気になるニュースが2つ。

 7年も認知症の妻が行方不明になっていて、先日のNHKの番組で所在が判った件で、7年間の介護費用を市が配偶者に請求するかもと言う件。これ、群馬県警が名前を間違えて登録したので配偶者は探せなかったのだ。つまり、県警のミス。その結果起きたことなんだから、請求は県警にすべき。それを配偶者にするって、おかしいだろ!

 認知症の夫が、少し目を離した隙に線路に入って撥ねられて、JRはその妻に損害賠償を請求して裁判でも妻は負けてしまった件も同じ。認知症の徘徊老人は24時間監視して座しきろうにでも入れておけというに等しい。列車事故が起きるのは困ったモノだが、老老介護には限度がある。

 それと、「すき家」のバイトが集まらなくなって、かなりの店を閉じざるを得ない状況になっている事について、ゼンショーの社長が「今の若者は3K仕事をやりたがらない」と他人事のように発言した件。ゼンショーはこれはあくまで一般論として、この発言を報じた朝日の誤報のようにコメントを出しているが、何度読み返しても、社長はたしかに一般論として言っているが、自社がブラック状態になっているから嫌われて、人が集まらないことを認識していない。ワンマンオペレーションを止めてバイト代も他社より払って、待遇を改善すれば、人は集まるだろ。待遇の悪いところに人は来ないのは当然。こんな事が判らないの?

 

 風呂に入る。

 出てから、「アメトーク」とか他の番組をザッピング。

 もう寝ようと思ったら、くーたんが「遊ばんかい!」と猛烈アピールするので、見たばかりの「続・最後から二番目の恋」を見直しながら、くーたんと遊ぶ。

 1時過ぎ、就寝。

今朝の体重:90.60キロ

本日の摂取カロリー:2347kcal

本日の消費カロリー:日常生活+161kcal/3819歩

« 仕事進んで新国でオペラ二本立鑑賞 | トップページ | 何故か深夜に仕事のスイッチが入る »

コメント

五七五ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59651650

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張った翌日は息切れ状態:

« 仕事進んで新国でオペラ二本立鑑賞 | トップページ | 何故か深夜に仕事のスイッチが入る »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト