« 頑張った翌日は息切れ状態 | トップページ | 十柱戯(ボウリング)大会前に地獄を見た(*「木枯らし紋次郎」風に) »

2014年5月16日 (金曜日)

何故か深夜に仕事のスイッチが入る

 8時前起床。

 晴れ。

 洗濯物を干し、ついでに夏用の掛け布団も干す。もう夏用とは言え掛布団では暑くなってきたので毛布に切り替える。7月になったらタオルケットだなあ。

 

 朝のモロモロを済ませるが、台所のラックの裏にジップロックの袋を落としてしまったので、回収作戦を。

 猫の毛が物凄く溜まっていたので、掃除機で吸い取る。

 ついでに換気扇のフィルターもかなり汚れていたので、交換。

 なんだかんだしていると、すぐにお昼近くなってしまった。

 

 アサメシというかブランチは、ご飯に海苔に目玉焼きに残り物の大根サラダにネギ味噌などにインスタント味噌汁。

 で、仕事開始。昨日はスイッチが入りかけた状態で寝たので、今日はすんなり開始出来た。しかし……調べ物をしないと書き出せないので、あれこれ調べているとリズムが狂ってしまった。って、おれは文豪か!こんな程度で調子が狂うなどとゲージツ家みたいなことを言ってはイカン!

 なんとか進み出す。この調子でこのブロックを突破できれば。

 夕方、予約してあったカイロへ。

 先月末で若い先生が辞めたので、院長先生のみ。しかし受付に美女が座っていたのでビックリ。院長先生が全部やってると大変だもんね。

 帰路、ATMに寄ってカードローンをまとめて返済して、スーパーで夕食のおかずを買って、帰宅。

 ミクシィに「すき家」を経営するゼンショーの社長の発言を報じた朝日の記事について「誤報ではない。社長の意識が低いのだ」というような書き込み(昨日の日記に書いたようなこと)をして、いつもは読める人は友人限定にしてあるけど、誰でも読めるようにしたら、物凄い数の「イイネ!」を貰った。

 「すき家」のワンマンオペレーションは合理的経営を推し進めた結果らしいが、日によって深夜でも客が押し寄せることもあるし防犯の問題もある。同じような仕事をするなら吉野家とか松屋に行くよなあ。

 会社としてはああいう風に報じられたら一言言わないとカッコが付かないだろうけど。

 「5時に夢中!」を見る。ふかわりょうは絶好調ですな。

 その後の「MXニュース」で、浅草の三社祭を報じていたアナウンサーなのかリポーターなのかが、浅草寺(せんそうじ)を「アサクサジ」と発音したぞ!さすがMXテレビ。

 で、夕食。結局、ヒルメシは食べなかった。コロッケに白身魚のフライ、ご飯、シジミ汁、キャベツの千切りにマカロニサラダ、ほうれん草の胡麻あえ。

 テレビをぼんやり眺める。

 NHK-BSで「新選組!!」(大河「新選組!」の続篇)の続篇をやっていたので見る。これ、最初の放送の時に録画して、そのまんま見てないのよね。

 おれは新選組は好きではないが、この大河で描かれた新選組の面々は好きになってしまった。特に、山南さん!そして、テーマ曲を聴くと涙ぐんでしまう。今度の大河は三谷さんの「真田丸」。期待しよう。

 で、仕事再開。なでしこジャパンの中継は見ないで「タモリ倶楽部」までやる。

 「タモリ倶楽部」は、銀座の高級クラブで出すオツマミを食べようという企画。実にこの番組らしい捻り方。しかし400円くらいのスナック菓子が3000円くらいになってしまうんだねえ。まあ、銀座のクラブって一生縁はないけど……一度だけ北山先生に有名な文壇バーに連れて行って戴いて、モーレツに緊張しまくったことはあるけれど……。すっかりご馳走になって、もう一生分の「銀座のクラブ」活動は体験しました、という感じになった。

 というか、そもそもおれは「女性のいる店」は場末のスナックでもフィリピン・バーでもなんでも、モーレツに苦手なのだ。

 自意識過剰だと自分でも思うが、沈黙が怖くて話のネタを必死に捜してウケを取ろうとしてしまう。ヘンだと思うけど、そういう性分なんだから仕方がない。だから日本語が殆ど通じないフィリピン・クラブとかに連れて行かれる(助監督時代のハナシ)と、20年分の英会話を必死でやる羽目になってしまう。

 故渡辺淳一は編集者や子分を引き連れて銀座で飲むという「文壇の大物」だったようだが、最近は村上春樹のように、そういうことをしない作家の方が多いんじゃないか?

 一度くらいは「君たち、席を外してくれないか」と言ってホステスを排除して、「密談に耽る」「謀議を凝らす」「策略を巡らす」ってやってみたいけど、そんな財前五郎みたいな人生は送ってないからなあ。

 しかし思い起こせば、映画版「白い巨塔」では、北新地のクラブに通い慣れてる大物教授と、場慣れしていない小物の教授をさらっと描き分けていたなあ。講師や助手はカウンターで小さくなって飲んでいたし。

 思えば、東宝サラリーマン喜劇にも「銀座のクラブ」「銀座のキャバレー」は頻繁に登場したよなあ。日本におけるクラブとキャバレーとサパークラブの違いが、未だに判らない。

 で。

 その後、スイッチが入って、もりもりと書き進んだ。生活パターンが基本的に朝型なのに、深夜にスイッチが入るのは困るのだ。

 いっそ、夜型に切り替えるかなあ。だけど、昼頃まで寝ていると、くーたんが起こしに来るから、結局は寝てられなくて、寝不足になるんだよなあ。

 2時就寝。

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:1847kcal

本日の消費カロリー:日常生活+22kcal/568歩+107kcal(自転車)

« 頑張った翌日は息切れ状態 | トップページ | 十柱戯(ボウリング)大会前に地獄を見た(*「木枯らし紋次郎」風に) »

コメント

ミステリー系のタイトルですね。

殺し屋っすか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59656766

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か深夜に仕事のスイッチが入る:

« 頑張った翌日は息切れ状態 | トップページ | 十柱戯(ボウリング)大会前に地獄を見た(*「木枯らし紋次郎」風に) »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト