« 午前快調、午後失速、夜間低迷 | トップページ | 「第4章」大改造 »

2014年6月20日 (金曜日)

これからは、セルジオ越後についていきます

 7時前起床。

 快晴。


 おれが見ると負けそうな気がして、W杯ギリシャ戦は見ないでおこうかなと思ったけど、やっぱり見た。

 おれは、フットボールに関しては完全なニワカだから、何も言う資格はないのかもしれないが、コアなファンじゃなければ何も言えないとか言いだしたら、すべてのプロスポーツからファンはいなくなりマスコミも取り上げなくなってプロとして興行が成り立たなくなるぞ。その意味では明石家さんまよりロンブー淳の言うことの方が正しいと思う。


 で。

 ニワカでど素人なおれの目には、フラストレーションが溜まって面白くない試合だった。

 後半、時間切れが迫っているのに日本代表はパスばっかり回して全然シュートを打たないように見えたし、シュートが外れても、そのこぼれ球を押し込んでやろうという勢いも感じなかった。はいはい。ど素人の言うことですから。

 で、引き分けに終わったと、各局とも、「コロンビア戦に点差を付けて勝てば、まだ望みはある」と、8月14日の御前会議の前に聖戦遂行を主張する軍部みたいなことを言っていたのにはガックリした。日本人のメンタリティって、同じじゃん……。

 常々、セルジオ越後って、言うこともキツいし、否定的なことしか言わないし、なんじゃコイツは、セルジオ・メンデスのバッタモンか、と思っていたのだが……。

 「サッカーキング」に語った以下の言葉は、とても正しい、と思う(←リンク)

「これが実力だ。結果は驚きでもなんでもない。今大会の他の試合を見れば一目瞭然だ。日本はどの国よりも未熟で、どの国よりも走っていないし、迫力がない。にも関わらず、一番期待されている国だ。海外組ブランドが喧伝され、選手たちは大スターのように扱われてきた。ヌルい親善試合と、本当のことを言おうとしないメディア。強化よりも興行に気を取られてきた結果、自分たちの実力が実態以上に大きく見えるようになってしまった。しかし、現実は隠せないということだ」

 中国のメディアが「日本はアジアではトップだが世界ではそうでもない」とか、韓国のメディアが「まるで面白くない試合」とか書いていたそうだが、これに関しては彼らの言うことは間違っていないと思う。

 しかし……。

 じゃあどうするか。

 フットボールに詳しい人は、「守るサッカーでは上には行けないから戦うサッカーを選び、ザッケローニを選んだ。そして結果は出してきたから、日本は強くなってきたのだ」と言って、なるほどと思ったけど、まだまだ世界ランキング上位のチームには勝てない、というところか。

 どう考えても、大逆転が起こって、日本代表が次に進める可能性は低い。それは、ど素人でも判る。というか普通に考えれば、コロンビアに勝てそうもないし、勝っても大量得点は無理でしょ?そもそもコートジボワールがギリシャに負けなきゃダメな話なんだから。

 ということで、なんとかこれからもW杯の中継を見て欲しい各局の思惑を前面に出した「諦めるなニッポン」というのが虚しく響く。で、終わってからマスコミは日本代表やザッケローニを袋だたきにするのだろう。それも嫌だ。小保方さんに対するのと同じ事だもんね。というか、日本のマスコミはずっと同じ事をやって来たんだけど。

 いろんな思惑に支配されて、日本代表の実力は正しく報道されてこなかった。しかし、セルジオ越後だけは「辛口で物申す」キャラを獲得しているので、そういう立場からガンガン言ってきた。

 という事は、今後は、「正しいこと」を知りたければ、セルジオ越後を信じろと言うことか。

 日本代表をリスペクトしろ、という関根勤の言い分もよく判る。W杯に出られたことだけでも凄いことだと思う。その意味で、彼らはスゴイと思うし。出る以上は「優勝を目指す」のも当然。しかしすべてのマスコミが大政翼賛会みたいになって「ベスト8だって夢じゃない」とか煽るのって、どうなの?

 と、どうしても「日本のいちばん長い日」を連想してしまう朝なのであった。

 ということで。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト1枚にコーンフレーク。卵を切らしていたので、抜き。

 仕事開始。

 とにかく「第3章」の書き直しをあげてしまおう。

 「第3章」に関しては、相方からの直しメモも来ているし、設定変更に伴う大幅な書き足し。書き直しもあるので、かなりの大工事になる。半日では済まないだろうし、どうせやるならきちんと慎重にやりたいので、ここは、今日一日じっくりやろう。

 ということで、仕事を続ける。

 昼は「マルちゃん正麺・塩」にキャベツとチャーシューを入れて。

 久々に食べる「マルちゃん正麺」は、とても美味い。

 仕事再開。

 なんとか夕方には終えて、読み返し、これでいいと判断して相方に送る。

 「5時に夢中!」を見るが、今日もすぐに寝てしまった。

 雨が降ってきそうな雲行きだったので、その前にと、北千住駅前まで走って、晩飯。

 「日高屋」で今日もW餃子定食。12個も食えば「餃子を食いたい!」という欲求は満足させられる。

 帰路、スーパーに寄って明日明後日の食材を買う。トポスよりライフの方がいいものが揃ってるな。安いし。

 東京都議会の「セクハラヤジ」。これ、「セクハラオヤジ」に見えてしまう。セクハラオヤジがセクハラヤジを飛ばしたんだけど。しかしまあ、そのヤジの内容より、ヤジった議員を庇う自民党幹事長や同僚議員の庇い方が気に食わん。「自民党の議員がヤジったらしい、と言われてもねえ」とか「聞こえなかった」「ヤジなんか誰もきちんと聞いてませんよ」とか。実際は特定されているようじゃないの。ヤジったんなら、堂々と「おれはそう思ったからヤジった」と言ってみろ。こんな態度、2ちゃんねるの書き込みと同じだ。

 まあ、あの程度のヤジだったら、アドリブで言い返すとか、アドリブで質問にセクハラについて追加するとか、議員らしく反撃出来るんじゃないの?と思ったけど。一般人が議会に呼ばれて発言したときにヤジられるのとはまた違うんだし。

 帰宅して、休憩。テレビを観る。TBS「爆報!THEフライデー」という番組で、小林千登勢が病魔に冒されて亡くなるまで、そして残された山本耕一へのインタビュー。

 小林千登勢と言えば、おれにとっては日活の「コルトは俺のパスポート」の薄幸のヒロインが忘れられない。あの美しさ!役柄も芝居も、フランス映画のヒロインみたいだったもんなあ。

 この人は、晩年になっても美しさを保ったまま、現役の女優で亡くなったんだね……。

 その後は各局ともW杯の番組になったのでテレビを消して仕事に戻り、書きかけのまま中断していた「第4章」の構成を立て直そうとしたが、もう、アタマが疲れてしまって、ダメ。

 ここのところ、微妙に寝不足が溜まってきたし、咳も全然よくならない(治りかけでストップした状態)ので、今夜は早寝しよう!

 と、風呂に入り、くーたんと遊んで、22時30分就寝。

 寝ていて、咳き込んで、爆睡出来ず。なかなか治らないねえ……。

今朝の体重:90.50キロ(むむっ)

本日の摂取カロリー:2265kcal

本日の消費カロリー:日常生活+36kcal/877歩+48kcal(自転車)

« 午前快調、午後失速、夜間低迷 | トップページ | 「第4章」大改造 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59850404

この記事へのトラックバック一覧です: これからは、セルジオ越後についていきます:

« 午前快調、午後失速、夜間低迷 | トップページ | 「第4章」大改造 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト