« 仕事進めて、気学教室 | トップページ | 内房ドライブして、帰京 »

2014年6月27日 (金曜日)

南房総館山お水取り紀行

 6時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、旅支度。旅館で見るDVDを選ぶ。自分で焼いたモノはDVDのフォーマットの関係でMacでは再生出来ないので、市販のものから見繕う。

 くーたんの3食分のご飯を用意して、留守番を頼んで、出発。と言っても、自転車でレンタカー屋まで行って車を借り出して、一度戻って来て荷物を積むんだけど。

 10時30分からの予約だったが、10時20分には借り出せて、一度帰宅。

 怪訝な顔をしているくーたんを横目にボストンバッグにMacBook Proを持って、再び外出。

 相方を拾って、一路、館山へ。

 カーナビに従って運転していたら、アクアライン手前で一度一般道に降りろという不可解な指示が。訝りつつ従う。多分、事故渋滞とかがあって混んでいたのだろう。

 アクアラインを快調に飛ばしていると、白バイが走ってきたのでヤバいと思ったが、特に何と言うこともなく行ってしまったので、安心して木更津から館山道に入る。

 とても空いているので、ガンガン飛ばしていると……パトカーが並走して来て「止まれ」のサイン。

 え~100キロくらい出すの普通じゃないの?と思ったけど、ダントツで走っていたのがいけなかったんだろうなあ……。

 28キロのスピード違反。

 うわ~久々に運転したら、事故の代わりに今度はスピード違反か。しかし東名とかでは捕まった事はなかったのに。というか、こういう形で捕まったのは物凄く久しぶり。20年ぶりくらい。

 点数は3ヵ月おとなしくしてれば消えるが、罰金がなあ。なんか、ガックリだねえ。

 しかし、気を取り直して、以後は80キロぴったりで館山へ。

 途中、「道の駅ふらり」でランチ。施設の奥に漁協が経営する魚が美味い食堂があったのを失念していて、手前のお弁当屋で「ハンバーグと海老フライの弁当」という何の変哲も無いものを食べてしまった。合わせて買った「イワシのつみれ汁」がとても美味しかったが。

 その後食べたソフトクリームが、妙に腹に残った。濃い味だったもんなあ。

 ここにはツバメの巣がたくさんあって、ツバメがたくさん飛び交っている。みんな大切にしているのだろう、ツバメも人をあまり恐れていない。だから凄く近くでツバメを眺められた。

 ツバメは可愛い。

Img_1596


 今日の旅の目的は、南の大吉報を取る事。ウチから一番南だと、館山の「安房神社」。ここでお祓いを受けてお水も戴く。

 混む事を考えて1時間前の14時に到着すると……人が居ない。というか、ここは有名な神社だから、そこそこ人は居るが、「お水取り」の行列というか凄い人の数は居ない。東京方面で「南」というとここ一点になるのだが、「南」が吉方の星の人が少なかったのね。

 ホッとする。

 お水争奪戦になると嫌だなあと、心底思っていたので。

 お祓いの受付をしていると、学くん登場。

 三人で一緒にお祓いを受けて、約30分待つ。

 その間に新しいお守りを買ったりして、本殿の裏の、お水取りが出来る場所へ。

 我々が一番乗りで、15時を待つ。

Img_1601


 で、15時。

 行列はおれが先頭。なんなくお水を戴いて、おみくじを引く。

 「吉」。

 その後、境内にある茶房に寄って、三人でお茶。お店が閉まるまで、いろいろ喋る。

 東京に帰る学くんを館山駅まで送ってあげて、引き返す。

 今夜は、房総半島南端(正確には最南端ではない)にある「ジャングルパレス」に泊まる。ここは以前から「怪しい感じ」というか、なんとも昔の行楽施設(リゾートではない)がして、泊まってみたかったのだ。

Img_1604

Img_1605

Img_1608_2


 ここの特徴は、「風と共に去りぬ」のタラの家にあるような大階段があること。しかし登るのは大変だなあと思っていると、泊まる部屋は別館で、外のスロープを歩いて行く事になった。

Img_1606

Img_1607

 天気がよければ太平洋を一望出来るなかなかの景色が広がっているが、あいにくの曇天。

 すぐ食事の時間になったので、大広間へ。

 用意されているのは2席。という事は……今夜の客は2組?

 夕食は、刺身盛り合わせにカニにしゃぶしゃぶに野菜天ぷらに蕎麦に酢の物に……。

 食べきれないほど。

 小ビールを飲んだら酔ってしまった。

 ご飯はおひつで。一人2膳。

 もう満腹。動くのが苦しい。

 しかし、汗もかいたので、風呂へ。

 名物ジャングル大浴場は、まあ、要するに、熱帯植物園の中にお風呂がある、ということ。その浴槽は、小さいの(3人入ればギッシリという程度)がジャングルの中に3つ点在していて、外には小さな露天風呂もある。

 ざっとつかって、今度は「貸し切り露天風呂」へ。

 ナリは小さいが、お湯は気持ちいい。海風が気持ちいい。下の道路からは丸見えだけど。

 この宿、なかなか趣がある。しかし、古くて、「滅びる運命にある古き良き昭和の行楽施設」という感じで、それがひたぶるに身にしみてしみじみと物悲しい。

 部屋で見ようと思ってどっさり用意して来たDVDだが、もう見る気も起きず、NHKのニュースを見て、寝ることにする。

 ぬるめのお湯にゆっくりつかったので、いつまでも暑い。相方に寒いと言われるほどエアコンを効かせてしまった。

 22時には、完全に寝た。

今朝の体重:90.15キロ

本日の摂取カロリー:1838kcal

本日の消費カロリー:338kcal(車の運転)+87kcal/2249歩+22kcal(自転車)

« 仕事進めて、気学教室 | トップページ | 内房ドライブして、帰京 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59892188

この記事へのトラックバック一覧です: 南房総館山お水取り紀行:

« 仕事進めて、気学教室 | トップページ | 内房ドライブして、帰京 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト