« 喉は痛いが仕事は進んだ | トップページ | 咳と闘いつつなんとか「第3章」終える »

2014年6月 3日 (火曜日)

やっぱり医者に行った

 7時過ぎ起床。

 ベッドパッドを夏仕様に切り替えて、今まで使っていたモノを洗濯。今日は薄曇りなのでベッドパッドを乾かすには最適だろう。

 そんな朝のモロモロを済ませるが、どうも喉の調子が昨日より悪い。ツバを飲み込むのさえ痛いし、声も違うぞ。

 昨日よりマシになっていれば、と思ったが、悪くなっているので、これは医者だと決定。

 10時過ぎにいつもの病院へ。

 待合室には患者はチラホラとしかいなかったので、こりゃ待たずに診てもらえるわいと思ったが、どこからか患者が現れて、先に名前を呼ばれて診察室に入っていく。

 看護婦さんに「順番ずいぶん飛ばされてるようなんですけど、予約の方ですか?」と訊いたら、処置室に先に行っていた患者さんだとか。なるほど。だったら順番を待たなきゃね。

 体温を測ったら、37.3度。いわゆる微熱。特に熱があるような感じではなかったのだが、微熱があると知った瞬間、なんだか急にカラダがグッタリして重病感に襲われてしまった。逆プラセボー効果。おれはたぶん、癌ですと誤診されたら本当に癌になってしまいそうな体質だなあ。

 待つ間に、相方からメッセージが来ていたが、返事を打っているときに呼ばれるかもしれないので、後回し。

 結局、1時間ほど待って、診察。

 抗生物質などを処方して貰う。

 薬局で薬を買うが、昨日買ったトローチには薬の成分が入っているので併用して大丈夫かと訊いたら1日の摂取量を超えるので服用しないでくださいと言われた。この薬局はきちんと調べてくれるので信頼出来るなあ。

 どこかでランチを食って帰ろうかと思ったが、薬をたくさん飲まなきゃいけないので、家で弁当を食うことにして、カキフライ弁当を買って帰る。

 帰宅して、食事して薬を飲む。

 図書館から本の返却期限が過ぎているというメールが来た。

 え?この本、読んだ記憶が無いぞ……と思って部屋の中を捜したら、本の中に埋もれていた。

 ざっと見たら資料として今後も活用できそうなので、他の本と合わせてアマゾンに注文し、図書館の本は返却。

 そのために外出。

 少し暑いが、すっかり夏の風で、とても気持ちがいい。しかし今は暑いだけ。早く直さないと。

 本を返して、郵便局に寄って下田の民宿に予約金を送って、帰宅。

 仕事をしなければ。

 「第3章」で残っているのは、濡れ場の仕上げと、その後の部分。

 なんとか進めるが、薬が効いてきて、全身がカッカして、眠い。うー。

 「ミヤネ屋」を見ていると、栃木で起きた幼女殺人事件で犯人を逮捕というニュース速報が出るが、舞妓さんの取材ビデオが流れていて中断できないので、それが終わってから、ニュースに切り替わる。

 しかしこれは、冤罪となった足利事件の真犯人ではなく、ちょっと時期が外れて手口も違う事件のほうだった。別件で捕まえた犯人がこの事件もやりましたと自供していて、慎重にウラを取っていたのだと。

 栃木県警は、連続幼女殺人事件の真犯人をまだ挙げていない。「殺人犯はそこにいる」(日本推理作家協会賞受賞おめでとうございます!)が指摘した「真犯人」はまだ野放しなのだ(尾行とか付けている可能性はあるが)。

 しかしこの犯人は、鬼畜だね、本当に。子供の対する犯罪は、無条件で激怒する。動物に対しても同じだが。

 仕事に戻る。

 ちょっと頑張れば終わるのに、そのパワーが出ない。いや、ちょっと頑張れば終わるんだったら明日にしてもいいじゃん、と思ってしまう……。

 「5時に夢中!」を見る。今日の岡本夏生も「いい女」風メイク。

 18時になって、メシの支度。サッポロ一番味噌ラーメンにキャベツとソーセージとゆで玉子を入れて食い、残ったスープにゆで玉子を追加してご飯半膳分を入れて簡易おじやにして食う。この食い方が美味いのは「サッポロ一番味噌ラーメン」だけ。他の味噌ラーメンでも美味いと思うけど、塩ラーメンや醬油ラーメンや豚骨ラーメンではダメ出し、マルちゃん正麺シリーズでもエースコックのワンタンメンでもダメ。

 食後、薬を飲んで、休憩。

 ニュースを見ていると、今日はもうダメ、という感じになってきた。仕事を進めるより早く直そう。

 とは言え、明日の仕事が進みやすくなるよう、メモを書く。

 風呂に入り、22時30分に就寝。

 薬のせいか、暑い暑い。エアコンを切ったら暑くて目を覚ますだろうと思ったので、凄く弱く設定して回したまま。

 寝入ったところに電話。相手は快楽亭だった。松竹歌舞伎の地方巡業、澤瀉屋の「一本刀土俵入」を越谷まで見に行って、市川中車が悪くなかったので励ましてやろうと思ったけど、「澤瀉屋」ではみんな澤瀉屋だから区別がつかなくなるので「九代目!」と声をかけることにしてタイミングを狙っていて、ここだと思ったら、どこかの馬鹿が「ヨンダイメ!」と声をかけたと。

「四代目は猿之助であって、中車は九代目。それに四代目はヨダイメであってヨンダイメとは言わないのに。黙れこのバカとか言ってやりたかったけどそれじゃあ芝居を壊してしまうので我慢して、次のタイミングで『九代目!』とかけたら、その馬鹿がアタシのが間違いだと言わんばかりにまた『ヨンダイメ!』って。お前は猿之助と中車の区別もつかねえのかって、あんまり腹が立ったから越谷で一人飲んでました」

 という面白い電話だった。

 寝直す。

 が、2時過ぎにお腹が痛くなって起きて、2度ほどトイレへ。ヘンなモノ食った記憶は無いんだけどな。

 明け方にも起きてトイレへ行ったが、思い切り寝てやろうと思っていたので、寝直す。

今朝の体重:89.45キロ

本日の摂取カロリー:1821kcal

本日の消費カロリー:日常生活+17kcal/487歩+125kcal(自転車)

« 喉は痛いが仕事は進んだ | トップページ | 咳と闘いつつなんとか「第3章」終える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59757223

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり医者に行った:

« 喉は痛いが仕事は進んだ | トップページ | 咳と闘いつつなんとか「第3章」終える »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト