« 台風接近中だけど仕事してテニス | トップページ | 老化現象いろいろ初体験 »

2014年7月10日 (木曜日)

台風のせいにしておこう

 6時過ぎ起床。

 曇り。路面は濡れている。

 朝のモロモロを済ませて、洗濯物を乾燥器にかける。雨は午後まで降らないようだが、風がキツいし、突然豪雨になる可能性もある。

 洗濯物を取り込んで、腹が減らないので、そのまま仕事開始。

 「第5章」の続き。

 相方から電話が入ってしばらく話す。

 ゴジラ生誕60年。

 第1作は、異様な緊張感があって傑作だと思う。戦争の記憶が生々しい時に作ったから、「また疎開かよ」というセリフに臨場感があった。というか、今だと絶対思い付かないセリフだ。

 その後……「キングコング対ゴジラ」はドラマの部分がかなりコミカルで楽しかったので、佳作。

 しかしそれ以降は……。

 怪獣が3頭以上出て来ると、トーナメント戦というかプロレスになってしまって、映画自体も詰まらないし、ダメになった。

 つーか、ゴジラに芸をさせるようになったら堕落だろ。「幸せだなあ」ポーズや「シェー」をさせるのは、その場ではウケるが、映画でやるべき事じゃないよなあ。

 それでもまあ、「オール怪獣総進撃」とか見続けたが、「南海の大決闘」が最後だった。その後はぷっつりと見なくなった。子供にも見放されたって事は、子供騙し以下ってこと。なんせ、詰まらないんだもん。

 ほどなく怪獣映画も不入りで中断したけど、まあ、考えてみれば、どんなシリーズも一番面白いのは第1作で、よほどのテコ入れがなければどんどん尻すぼみになっていくよなあ。

 「新ゴジラ」も見続けたが、やっぱり「平成ガメラ」シリーズには敵わない。小説に関しては、ま、棚に上げておきます。

 金子修介の平成ガメラが優れているのは、パニック映画としてきっちり作っていること。これはとても大きい。それに自衛隊を前面に出して、ミリタリー・オタクも喜ばせたこと。

 おれなんかは日テレのニュースが挟まれたシーンで、そのニュースがしっかり作られていたのに感動した。当時のキャスターを起用していつものセットから「政府は、この怪獣を『ガメラ』と呼称することに決定しました」「ガメラが接近中です」と台風やお盆の交通渋滞の映像を利用して臨場感を盛り上げた。

 往年の東宝怪獣映画には、こういう工夫が皆無だったもんね。まあ、やろうとしても上の方からダメが出た可能性が高いが。

 怪獣映画オタクと話していて、どうしても話が合わなかったのは、「怪獣映画は怪獣映画であって普通の映画とは違う」と言い張ること。まあ、おれが話した特定の人物がそう考えていたのであって、怪獣映画オタク全員がそう考えているとは思えないが。

 怪獣映画であれピンク映画であれ、映画は映画であって、映画としてのストーリーは必要だし人間のきちんとしたキャラクターも必要なのは当然のことなのに。怪獣映画は、恐怖表現やパニック描写もきちんとしなければならない。怪獣が出てきて暴れているのを見てればそれで充分だというのなら、「ウルトラ・ファイト」を繰り返し見てればいいだろ、という事になる。

 今度のハリウッド製「ゴジラ」、あんまり期待していないのだが、ゴジラで育ったおれだから、見ておくか。

 今となってはない事になっている前作の「ハリウッド・ゴジラ」、おれはそう悪いとは思わなかったし。

 で……。

 いまいちノリが悪いので、仕事を中断。

 ブランチとして、千住大橋のマクドナルドに行って、BLTサンドを食べてみる。ハッキリ言って、美味しくない。やっぱりどこでも、定番が一番美味いという法則は健在だ。ビッグマックが一番美味い。フィレオフィッシュも食う。

 

 食後、「ライフ」で買い物。今夜は台風だから、明日の昼までの食料を買い込む。美味そうなカツオのタタキがあったので、買う。付け合わせの野菜も買う。他にもいろいろ。

 帰宅して、録画した「孤独のグルメ」シーズン4の第1回を見る。

 清瀬の大衆食堂。

 いいねえ。しみじみといい。なんか感動しちゃう。毎回思うが、これは実にふしぎな体験で説明が付かない。

 松重豊がひたすら黙々とメシを食うだけなのに。

 まあ、水トアナが美味そうに食べているのを見ていると幸せな気分になるのと同じようなものか?

 いや、この番組の井ノ頭五郎は大仰な独白をし続けながら食うのがいいんだよな。毎回のメシに勝負をかけているような、その姿勢。

 しかし「スパゲティ田舎」って、どんなスパゲティ?

 この番組を見ていると、高級レストランに行きたいと思わなくなる。安くて美味くてメニューが豊富な食堂に入ってあれこれ迷って注文してワシワシとひたすら食う。これが一番じゃないの?

 そういや、「高級レストラン」なんて、何年行ってないだろう?

 仕事を再開するが、昨日は進んだのに、今日はぱったりと止まってしまった。

 う~ん。

 台風のせいか?

 

 川島なお美というと、この人も以前から叩かれやすい人だが、おれは青学の学生時代からファンなんですけどね。

 で、癌を隠して克服したと。「芸能界で35年生き延びてきたんだから、癌にも勝つ」という言葉には共感した。

 思えば、我々も、1994年のデビュー以来、なんとか生き延びてるんだよね。仲よくさせて戴いた諸先輩はみなさん大家で欠けた人はいない(亡くなった方はいるが)が……。

 大ヒットを飛ばして田園調布に家が建つなんてことは、日本代表がW杯で優勝するようなものだとして、W杯に出場する事自体、大変なことだと思う。アジア枠が減りそうだというのも、昨今の出版不況(というか、出版は斜陽産業になってしまった)と似てるよなあと思う。今後も、W杯に出場し続けられるように、頑張ろう。

 Macに向かっていて、座ったまま寝てしまった。

 昨日のテニスの疲れが、今日になってどっと出てきた。

 テニスは楽しいし、休まないで行くと、休まないでよかった!と思えるのだが、こういう時だと翌日に疲れがどっと出てしまうのがナニですな。

 「5時に夢中!」を見るが、これまた途中で寝てしまった。

 で、番組が終わったと同時に、地震。MXニュースは台風のことばかりで地震は無視。

 夕食の支度。ご飯が炊けて蒸し上がる間に、カツオのたたきの付け合わせ野菜の準備。

 タマネギは小さかったので1個全部スライスしてもまだ足りない感じ。それにキュウリを1本スライスするとキュウリが多すぎた。プラス、生姜とニンニクとミョウガと大葉と万能ネギ。

 これに買ってきたカツオのたたきを載せて、柚子ポン酢をかけて、戴きます。

Img_1622

 う、美味い!

 しかしやっぱり、キュウリが多すぎて、ミョウガが足りなかった。生姜とニンニクは適量。これが多すぎるとエグくなってしまう。

 ご飯を半分お代わり。

 台風が接近中なのに、風雨は激しくならない。農家の方には喜ばしいだろうなあ。被害が出ると深刻だから。

 台風が来ると、ずっとニュースを見る。これはもう、子供の頃からの習慣。四国は台風の通り道だし、警報が出ると学校が休みになるから、台風の進路は死活問題だったのだ。ハッキリ言っておれは学校が嫌いだったし。いや、学校より家で何かしている方が楽しかった。今でいうヒッキー予備軍?でも休まず行ったなあ。小学校の頃はズル休みはけっこうしたけど。

 で、もう眠たくて眠たくてたまらない。

 21時以降、脳味噌は完全に閉店。じゃあさっさと寝てしまえば良かったのだが、食ったモノがまだ消化中だから……。

 坂本龍一が癌のため治療に専念すると。

 スポニチが「坂本龍一は反原発の立場から放射線治療を拒否」と報じて、坂本龍一が「よくこんなデマを書くよね」と怒っている。しかしスポニチは記事を取り下げていない。まあ、スポーツ新聞が誤報で謝罪なんてしたことないんじゃないの?

 ゴミ出しに出るが、雨はぱらつく程度。

 ほんとに台風は近づいてるの?

 

 くーたんと遊んで、23時30分、就寝。

 1時過ぎに千葉が震源の地震があったようだが、まったく気づかず。

今朝の体重:90.05キロ

本日の摂取カロリー:2205kcal

本日の消費カロリー:日常生活+43kcal/1196歩+32kcal(自転車)

« 台風接近中だけど仕事してテニス | トップページ | 老化現象いろいろ初体験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59963390

この記事へのトラックバック一覧です: 台風のせいにしておこう:

« 台風接近中だけど仕事してテニス | トップページ | 老化現象いろいろ初体験 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト