« エピローグ直して、いろいろ「待ち」状態 | トップページ | 高座録音をマスタリングして「きらクラ!」聴いて »

2014年7月19日 (土曜日)

完全脱稿して、快楽亭の高座録音

 6時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 おれが寝たのと入れ違いに相方から送られてきた最終章の大部分を見ていると、相方から電話。変更点について説明を受ける。

 おれが書いた分で曖昧だったところをハッキリさせた、と。

 自分では明解に書いたつもりだったが、合作者の目にも曖昧に映ったという事は、かなり曖昧だったのだろう。こういう修正は有り難い。

 で、最終章をやっていると、ほどなく「エピローグ」が送られてきた。

 表記の統一とか、おれの段階での書き間違いなどを訂正して、11時前に担当T氏に送る。土曜日だから、連休を挟む形になってしまうかもしれないが……それは、仕方がない。

 とにかく、脱稿。

 ゲラも済ませて作品が完全に作者の手を離れることを「脱稿」というのだ、とかつてミステリー文壇の片隅で大暴れしたW氏(氏の暴れ方が凄すぎて文春ミステリーベスト10の集計方法が変更された)が言っていたが、辞書には『原稿を書き終えること。草稿ができ上がること』とある。

 なので、脱稿したのだ。

 相方の計算では、3ヵ月半かかった。途中で大きく書き直しをしたし、他の原稿も書いたりしたし、0から専門的なことを勉強することも多かったし、かなり頑張ったのだ。

 誰も言ってくれないから、自画自賛しよう。

 ブランチを食べる。ご飯に玉子焼、しじみ汁。昨日は何ともなかったキュウリの漬け物が白くなってきたが、そのまま食ってしまう。

 最近の若い母親は凄く神経質だが、そんな無菌状態みたいな環境にいると抵抗力とか免疫力が無くなると思うぞ。雑菌は山ほどいるしそれを除去することなんか出来ないんだから。

 といいつつ、くーたんの食べ物には気を遣うんだけど。

 で、今日は「足立の花火」だが、快楽亭の毒演会の録音に行く。どっちにしても雨が心配だぞ。

 足立区は早々と「決行します!」宣言を出したけど。雨が降る予報が出ているが、やりますって。

 ずーっとハッチャキになって仕事していたのが無事に終了すると、ぽっかり時間が空いてしまう。いろいろやることはあるし、やりたかったこともあるのだが、時間が中途半端だし、夜の予定があるので、例えば電車に乗って目的もなくどこかに行くとか、そういうのもねえ。だいたい、天気が悪いし。

 ということで、部屋の中でゴロゴロ~ゴロゴロ。

 あ~トム・クルーズがおれの父ちゃんだったらなあ、とは思わないけど。

 アマゾンで購入した新しいコンデンサー・マイクのテストをする。新品だから当然、良好。

 ずっとノイズが乗ってそれをカバーするのに苦心していたマイクを退役させる。修理可能なのかな?安いマイクだし、修理代が新品を買うより高くつく気がするから、新品を買ったんだが。

 ついでに、録音機材の荷造り。

 ずっと同じバッグに詰め込んでいたのだが、肩にかけるより背負った方がラクなので、登山用のリュックに機材を詰め込み、レコーダーとして使うPowerBook(まだ現役なのだ!)とミキサーをショルダーバッグに入れる。

 本当は、1台でミキサーとレコーダーを兼ねるキカイが欲しいのだが(小さくて軽い)、快楽亭の録音以外に使わないから、まあ、1日だけ我慢すればイイと、現状維持。しかしPowerBookもずっと現役で使い続けられないだろうし。

 ここが思案のしどころじゃのう。

 くーたんのごはんの在庫が少なくなってきたので、買いに出る。

 腹は減らないので、買い物だけして帰宅。

 「軍師官兵衛」の「本能寺の変」を再度見る。この回の演出は傑出している。見直せば見直すほどに、凄さが判る。

 岡田准一が「大河史上一番悪い顔をしている」と言った通り、秀吉に例のセリフを言うところなんか、ニヤリと笑って、もう、ブラック~っ!とIKKOやKABA.ちゃんみたいに叫びたくなるぞ。

 それを受ける竹中直人の驚愕の表情がこれまた鬼気迫って怖ろしい。いや、怖ろしいことを聞いてビビるのだが。

 そうして、安国寺恵瓊とのサシの会談。軍師同士、腹黒同士のギリギリの交渉。歴史上、これほど難しく困難な外交交渉・和平交渉もなかったんじゃないかと思えるなあ。

 で、今回の演出は、安国寺恵瓊に事実をバラしてしまった。信長の死を隠したままじゃ、突然の和平交渉は出来ないよねえ。安国寺恵瓊が当然のように勘ぐって疑い出して破談になる事は必定。

 しかし……それにしても、信長って判らない人物だなあ。この時代にはあり得ない考え方を持った、エイリアン的人物だよなあ。明智光秀がついていけないと思い詰めるのもとてもよく判るなあ。

 しかし、実際はどうだったんだろう?

 激しく知りたいなあ。かと言って研究者の道は歩めないし。

 ここは先達にいろいろ質問しまくろう。

 16時になったので、出発。

 幸い、まだ雨は降ってこない。

 早めに出て、上野のどこかで早めの夕飯を食う。

 迷った末に、結局、「富士そば」でちくわ天そばとカレーのセットを食べる。ああ、ジャンクの極み。

 食べていると、モーレツな雨が降ってきた。しかしここから上野広小路亭は目と鼻の先だ。

 17時に会場に入って、師匠に挨拶。

 早速、録音の準備。今回はブラ坊くんが見台を設置してくれたので、比較的快適な環境になった。

 機材がいろいろと老朽化してきたなあ。更新するかなあ。

 その一方で、上野広小路亭の目の前の中央通りでは、上野のなんとか祭が挙行される。雨が降っても決行するらしい。

 どんちゃか音が盛大に海上に漏れる中、独演会は始まった。

 ブラ坊くんの「やかん」が口開け。

「転宅」

「宿屋の仇討ち」

~中入り~

「新・皇室アルバム」

「オナニー指南」

 というラインナップ。中入り前と中入り後の2席ずつでCDを作る。

 前二席は至極真っ当で、「転宅」のお妾さんの色気が濃厚!

 休憩時間に外に出てみたら、雨がざんざん降っているのに、ほぼ全裸のサンバ・ダンサーが踊っていたぞ!なんという光景だ!

 台東区には中止という文字はないのか!

 で……中入り後、快楽亭も、弾けた!

 「新・皇室アルバム」は凄いぞ!おれなんぞの政治ネタをはるかに凌駕する、快楽亭のとてつもない発想!全編切れ目なく繰り出される新鮮な時事政治ネタ!これは一部を切り出してポッドキャストに流すことは出来ません!是非、CDで聞いてください。

 しかし……こんな発想はなかったなあ。

 「オナニー指南」は、ギャグをすべて新しいものに入れ替えて、ほぼ新作。

 上野広小路亭は防音が悪くて、救急車が通ってもマイクが拾ってしまう。だから、サンバの音はもう、がんがん入り込んで、聞きようによってはサンバ・カーニバルの現場で落語をやってるような感じになってしまうかもしれない。しかしそれも、季節の風物詩というか、その時のリアルな記録として、ご笑覧ならぬ、ご笑聴をお願いする次第でござりまする。

 後片付けが、何故かとても効率的に出来て、上野広小路亭を出ると、雨は上がっていた。

 中央通りではもう、照明やPAの片付けが始まっていた。

 京成線に乗る。

 千住大橋で降りたら、浴衣姿の人たちが電車に乗ってきた。

 時間は21時過ぎ。

 もしかして、この大雨の中、花火大会も決行したのか?

 日光街道を警察車両が帰って行く。ビニールシートを自転車に積んだお父さんが走って行く。

 こりゃ、雨の中、決行したんだな。

 腹が減ったので、マクドナルドに寄って、ビッグマックとコーラ。牛丼や炒飯などと比較して、一番カロリーが低かったのだ。

 帰宅して、扉を開けると、扉の脇に置いてあるキャットツリーに、くーたんが目をキラキラさせて待っていた。

 もうね、こういうのを見ると、デレデレになる。

 くーたんを抱っこしてブラシをかけて、ご飯を出す。

 荷物をバラシたら、汗ビッショリになったので、風呂。

 ゆっくり浸かったあと、PowerBookから録音データをiMacに移す。マスタリングは、明日。

 ネットで調べると、足立の花火は雨の中、やっぱり、やったようだ。途中少し中断はあったようだけど。

 しかし、見物する方もびしょびしょに濡れてしまったんじゃないか?

 今回、荒川の土手にペンキのスプレーで場所取りをするバカ野郎が多数発生したが、こんなの完全に無視すればよろしい。

 関係者が掃除して消していたけど。

 花見の場所取りとか、こういうのは本当に迷惑。

 バカの所業である。切腹を申しつける。


 T氏より原稿確かに受け取りましたメール。これで少しでもゲラ作業の時間に余裕が出れば……。

 脱稿と録音、という大きな事を2つ成し遂げた(いやもう、気分は天下統一ですわ)ので、ビールを飲みながら、録画した「アド街ック天国」を見る。鴨川。

 いや~知っている店がいろいろ出てきたけど、鴨川はいいねえ。下田もいいけど、鴨川は近いし、近いのに海は美しいし、ういモノは美味いし、山もあるし、天国だなあ。

 館山も穏やかでいいけど、鴨川は目の前の海には波があるもんねえ。

 マジで住みたいねえ。住まないと、鴨川のいいところは知り尽くせないはずだ。

 酔っ払って床に寝そべったら、白い床に、なにやら異様な点々が。正体不明。

 しかしまあ、今から拭き掃除するのも面倒なので、明日明日。

 0時15分のNHKニュースを見ると、倉敷で行方不明になっていた小学5年生の女の子が無事保護されたと。

 良かった~。本当に良かった。

 ウクライナでは、事故現場から親ロシア派の野蛮人どもが遺体や残骸を勝手に運び出しているらしい。

 親ロシア派の動きばかりが不審。これは報道にバイアスが掛かっているのか?だけど、マレーシア航空機撃墜以前にもウクライナ軍の輸送機を撃墜しているし、親ロシア派の犯行に間違いない気がするが。

 この野蛮人どもは、調査団が現地に入るのを妨害しているようだし、もう自分たちの組織の防衛のみに走って、事故への贖罪、犠牲者への気持ちがまるっきり感じられない。

 バックに付いているロシアは、どうする気だ?

 やっぱり、旧共産国って、中国もそうだが、違う規範で動いている気味の悪い国だ。

 小保方さんって、博士論文として「草稿」を出して、それで審査が通って博士号を貰ったの?

 ワセダの博士論文はコピペ天国と言われたし、小保方さんの博士号を取り消すと、他にも大量の取消しが出るから、取り消さないらしい。

 ワセダの博士号の価値が下がるよねえ……。それって、どう考えてるんだろう?

 0時50分就寝。

今朝の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:2160kcal

本日の消費カロリー:日常生活+118kcal/3038歩+105kcal(自転車)+重い荷物を運んだ+狭いところで3時間以上ゴソゴソしていた

« エピローグ直して、いろいろ「待ち」状態 | トップページ | 高座録音をマスタリングして「きらクラ!」聴いて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60013102

この記事へのトラックバック一覧です: 完全脱稿して、快楽亭の高座録音:

« エピローグ直して、いろいろ「待ち」状態 | トップページ | 高座録音をマスタリングして「きらクラ!」聴いて »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト