« 脱稿まであと一歩 | トップページ | 0稿脱稿してウナギを食す »

2014年7月16日 (水曜日)

脱稿持ち越し

 6時前起床。

 薄曇り。

 朝からスッキリ快晴にはならない。まだ梅雨だもんね。

 朝のモロモロを早々に済ませて、一刻も早く仕事をせんと欲す。って、無茶苦茶な日本語か。

 クライマックスについては相方からメモが来るはずなので、それまで、「その後」を書くことにする。

 が……まだイメージが出来ていないので、なかなか書けない。後日談みたいになってしまうと詰まらないし、まだアイディアが足りない。

 そうこうしていると、相方からクライマックス改訂メモが届いたので、それに沿って直しを開始。改訂メモに修正を加えながら書いていく。

 アサメシは、トースト2枚にベーコンエッグ、牛乳。

 仕事を続ける。

 皮算用では、午前中にクライマックスの改稿を済ませて、午後はその続きをやって最終章を終え、夜にエピローグを書いて脱稿!

 の、つもりだったが、クライマックスの改稿が思ったより時間がかかる。説明的なセリフを極力カットしてアクションを増やすのだが、ここで喋らせておかないと、この後喋る機会が無いセリフもあるし……。

 2時間ドラマで、犯人が東尋坊で犯行の一部始終と動機、そして犯行の背景まで一切合切喋ってしまうのは、時々ギャグにされて笑いものになるが、ああいうシナリオを書いてしまう作者の気持ちは判るなあ。いろんな条件のもとで、東尋坊のような断崖絶壁に追い詰められた主人公が全部喋って身を投げる、というのは黄金のパターンというか、極めて便利だもんなあ。このパターンを創始したのは松本清張?(「ゼロの焦点」?)

 しかし、そうならないようにしなければ。

 このパターン、時代劇では、悪の張本人を追い詰めた正義の味方が形勢逆転されて完全に不利になり、殺されそうになるときに、悪の張本人が「(お前の)冥土の土産に教えてやろう」とか言い出して、犯行に関することをすべて喋ってしまう。

 このパターンも、時代劇ではよく登場するよなあ。

 だけど、今これを使うと、コントだもんなあ。

 昼は、14時を過ぎて、スパゲティを茹でて、あさりのオリーブオイル漬けの残りを全部載せ、磯海苔も散らして粉チーズをかけて食う。

 美味い!この「あさりのオリーブオイル漬け」、また買ってこなきゃ。調べたら、君津や館山、木更津や鴨川の、要するに南房総で売っているらしい。

 南房総。また行きたいねえ。夏は混むから、秋以降か。

 なんか、南房総に恋してるなあ。南伊豆の下田にも恋してるけど、下田は遠いしなあ。

 なんとか16時前に直し終わる。

 読み返して、まだまだ改良の余地はあるが、それはゲラで直す機会もあるし、とにかく先に進みたいので、相方に送る。

 で、その先に取りかかる。

 今日のテニスは、迷いに迷ったが、やっぱり休む。疲れてしまって、明日使い物にならない状態に陥るととても困ってしまう。

 「5時に夢中!」を見るが、途中で寝てしまった。しかしこの番組、なんだかんだ言ってけっこう丁寧に作ってあるんじゃないか?きっちり取材しているし。

 しかし、キッチンに取り付けた窓用エアコン、やっぱり冷えない。朝夕の外気がさほど高くないときなら冷えるが、午後から夕方の、最高に暑いときはダメ。これじゃあエアコンの役目を果たさないじゃないの。

 修理が利くか?新しいのを買うカネはないぞ。

 取りあえず、メシに出る。

 今夜も迷った末に、「富士そば」で盛りそばとミニかき揚げ丼とちくわの磯辺揚げという、最もカスなものを食ってしまって、激しく後悔。

 あああああ、どうしておれはこんなものを栄えある夕食に食ってしまったんだぁ!

 あと何回晩飯が食えるか判らない段階に近づいてきたというのに、もったいない!

 とは言え、メシを食うのがとても面倒くさかったんだよね。

 帰宅して、窓用エアコンを買ったノジマに電話して、有料でいいから修理して、と依頼する。が、修理代金と新しいのを買う代金が同じようなものだったら、新しいのにしよう。そのために、修理代金の見積もりも事前にして貰えるように頼む。

 電話を切って少しして、ノジマから電話。調べたら、長期保証契約をしていたらしい。ノジマのほうで購入した年月日をキチンと管理してくれていたので、保証が効くと。一部効かない故障もあるけど、という留保付きだが、買って2年以上経過しているエアコンだから、諦めていた。その分、嬉しい!

 ただまあ、今はエアコンのシーズンに突入したので、何時修理に来てくれるかが問題だけど。

 仕事再開。

 なんとか進める。

 あと少しで最終章があがる、というところまで肉薄したが、もう無理。

 頭がオーバーヒートした。

 それでも、テニスを休んで仕事をした甲斐はあった。レッスンして風呂に入ってメシを食って帰宅する時間を、仕事に費やしたんだから。これなら休んだ甲斐はあった。

 風呂に入る。

 先月末に、館山の安房神社にお水取りに行ったときに戴いた「御神酒」。これをお風呂に入れて「酒風呂」にしてみる。ネットで調べたら、お肌にもいいし、「気」にもいいらしい。

 ぬるめのお湯にじっくり浸かる。

 あがったら、心なしか、元気が出たような感じが。

 とっとと寝てしまおうと思ったが、なんだかカッカしてしまって、汗が引かないので、録画で見るつもりだった「孤独のグルメ」をオンエアで見る。

 銀座の、というより新橋の、飲食店が並んでいる横丁のような場所がある。以前から凄く気になっている一角だが、なかなか行く機会が無い。夜なんか、凄くいい感じの一角なんだよね。

 ここにある韓国料理屋が今回の舞台。ああ、美味そうだねえ。

 美味しく食べている、という光景は、もっとも平和で、もっとも微笑ましい光景だよなあ、と思う。だからこの番組は人気があるのだ。

 世間ではいろいろ事件があるが、おれの中では松重豊の「ひたすら食べる姿」がそれらを見事に中和してしまった。

 それにしても、共産党の中野区議が、ツイッター上で、バカを相手に集団的自衛権で言い争って「死ね」と書いてしまって議員を辞職って……。

 ツイッターでマジになっても仕方ないじゃん。相手だってマジじゃないかもしれない(今回は特にそう)のに。

 怒り損だし、暴言を吐いて議員を辞職するなんて、辞職損。だって、相手はバカなんだぜ。おれは、ツイッターで暴言を吐くのは無条件で全員バカだと思っているし、ツイッターはバカ製造器以外の何者でもないと思っているし。

 

 0時45分、就寝。

 明日こそ、脱稿だ!脱稿しなきゃ、本当にヤバいのだ。

今朝の体重:91.35キロ

本日の摂取カロリー:2423kcal

本日の消費カロリー:日常生活+4kcal/135歩+49kcal(自転車)

« 脱稿まであと一歩 | トップページ | 0稿脱稿してウナギを食す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59997463

この記事へのトラックバック一覧です: 脱稿持ち越し:

« 脱稿まであと一歩 | トップページ | 0稿脱稿してウナギを食す »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト