« ネコの墓参り | トップページ | プロット直して気学教室 »

2014年7月23日 (水曜日)

プロット書いて旧友とランチしてテニスして

 6時過ぎ起床。

 本当はもっと早く起きて早朝営業するつもりだった。

 薄曇り。

 朝から快晴って、ここんとこ、ないね。

 朝のモロモロもそこそこに、トースト1枚食べて、仕事開始。

 今日は高校の後輩Aとランチする約束があって、11時に上野に行かなければならない。それまでにやってしまわねば。

 いろいろ断片的に思い付いたものが、なんとか絡み合ってまとまった。

 

 10時過ぎに相方に送信。

 支度をして、京成線で上野。

 Aは「アッサリしたものが食べたい」との事だったので、新しく出来た「上野の森さくらテラス」にある「かまくら」という店に入る。

 かまくら、というから鎌倉にちなんだ店かと思ったら、さにあらず。雪の「かまくら」を模した店だった。白いコンクリートというか石膏というかで「かまくら状」の個室もどきを設えてある。

 ランチはリーズナブルな値段。Aは湯葉のセット、おれは牛の時雨煮と野菜天ぷらと釜飯のセット。実に美味かった。

 で、Aからいろいろ取材しようと思ったが、おれが聞きたいことを彼は知らなかった。

 

 で、メシを食っていると相方から電話。送ったプロットが読めないと。

 帰って送り直すことにする。

 世田谷美術館(日本の影響を受けた西洋絵画を集めたボストン美術館展をやっていて、おれも興味があったのだが)に行くというので上野で別れて、おれはそのまま帰宅。

 プロット、いろいろ条件を変えて自分に送ってみると、たしかにうまく表示されない場合があることを発見。

 何度か相方に再送信するウチに、ファイル自体に不備があるモノを送ってしまって、送り直したらそれがまた別に不備があったりして、もう一人ドタバタ状態。

 午後は、新作プロットの別案を考えつつ、その資料をネットで探す。いろいろ興味深いものが出てきたが、これは猟奇・伝奇に属する話になるなあ……。

 ソファでちょっとウトウトして、テニスの支度。今日こそテニスに行くぞ!

 夜遅くメシを食べると太る。18時くらいまでに済ませると、案外太らない。

 なので、テニスの前に、北千住駅構内の「小諸そば」で盛りそばとかき揚げ丼のセットを食べる。

 美味い!富士そばと段違いに美味い。かき揚げはカリカリしていて揚げたてだし、そばも美味い。翻って考えるに、富士そばって、不味いんだよねえ。小諸そばが駅の外にあればいいのになあ。

 が、やっぱりテニスの前にメシを食ってはいかん。腹が重い。食べて1時間空けても、ダメ。

 テニスは、まあまあ。いいショットもあったが、捕れる球を捕れなかったり、余裕で見送ってしまったり。

 しかしもう、ヘロヘロ。精も根も尽き果てた。

 だが、夏になったので、久々にプールにも行く。腰のことを考えて平泳ぎは避けて、背泳ぎ。全身のクールダウンにもなって、いいんじゃない?

 その後、風呂に入って、帰路、「喜多方ラーメン坂内小坊師」で、冷やし中華を食う。

 隣の席にはクチャラーのお父さんと小さな女の子がいて、とても仲よく食べていた。

 しかし最近はこの組み合わせは妙に疑われる感じになってしまったよねえ。

 倉敷の藤原容疑者は、離婚経験があって、親の介護のために東京での仕事を辞めて帰郷していたらしいが、ロリコン(というかペドか)の面ばかり強調されている!と報道の偏向ぶりを怒る人がいる。でもなあ、親の遺産で防音室を作って女児を誘拐してきて脅して監禁してたんだからなあ。離婚経験とか親の介護とか、そういう部分はふっ飛ぶだろうけどなあ。

 帰宅して、ネットをチェックしていたら、あっという間に23時。

 日テレとかTBSのニュースを見る。台湾で悪天候の中、旅客機が着陸失敗。

 しかし日本は、中国から食品を買わないとやっていけないのかね?安さだけを追求しなきゃいけないの?

 今回の件は氷山の一角だと思うし、劣悪な中国産の食材を、どこが使ってるか判ったもんじゃないと思う。特にコストを切り詰めている外食産業。安さで勝負してるところは大丈夫か?

 マクドナルドでチキンナゲットを食ったことはなかったし、ファミマのチキンは今月発売したばかりだったらしい。しかし……。

 これだけ中国産の食材の安全が不安である事実があるのだから、「ウチは中国産のものは使っておりません」と宣言する店が出てきてもおかしくないと思うが……やらないところを見ると、国際問題を引き起こす懸念を考えてるのだろうか。

 産地表示を信じて、客の側が選別するしかないのね。

 しかし、小牧市で起きた轢き逃げ事件はひどい。よく2ちゃんねるに貼られている外国のひどすぎる交通事故映像よりひどい。高齢の女性を自転車ごと引き擦って死体はバラバラの状態で逃走するとは……。

 中国で起きた事故かと思うほど、ひどい。

 福島第一原発の瓦礫処理で、1兆ベクレル放出って……。

 もう、感覚が完全に麻痺してしまった。この事故以前は、1ベクレルでも漏れたら大騒ぎしていたのに、今や、1兆なんて無茶苦茶な数字が出ても全然騒ぎにならない。しかも、現状でも毎時数千ベクレルの放射線が出ているのに、これまた騒がない。

 どうなってるんだ?どうしようもないのか?

 「孤独のグルメ」は録画。早々に寝ちゃおうと思っていたら、「マツコ&有吉の怒り新党」で松田優作の「探偵物語」の予告編を取り上げていたので、見てしまった。

 このドラマは見ていたが、予告編まで覚えていなかった。しかし、こんなユニークなものだったとは。

 その中で、小池要之助と連呼された最終回の予告が気になった。そう言えばあの頃、「小池要之助」という名前が妙に気になっていたのだ。

 調べてみたら、下関で演劇活動をしていて29歳で助監督になって、現場では「天才助監督」と呼ばれ、同郷の松田優作と親友になって、「探偵物語」でも何本か監督をして、松田優作の劇場映画の監督に指名されたのだが、優作とぶつかって降板。このへんの記憶がうっすらとあったのだな。

 その後、とんと名前を聞かなくなったなあと思っていたら、ドラマを離れてPRやドキュメンタリーを撮っていて、2010年に亡くなっていた……。

 なんか、晩年は、物凄くアクが強そうな人物に引き擦り回された印象があって、気の毒で……。

 1時前就寝。

今朝の体重:91.35キロ

本日の摂取カロリー:2775kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal+193kcal/5210歩+58kcal(自転車)

« ネコの墓参り | トップページ | プロット直して気学教室 »

コメント

中国では「速成鶏」の存在が社会問題になっている。
わずか40日~45日で3.5kgまで成長させて出荷するのだが、過剰にホルモン剤を与えて丸々と太らせるのだという。
日本では51日~55日程度で2.5kgほどになったら出荷するのが通常なので、中国の鶏がどれだけ大量のホルモン剤を与えられているのか想像がつく。
さらに、中国では身動きできないほど狭い不衛生なスペースで飼育されるため、鶏はすぐに病気になる。
そのため中国の養鶏家は平均して18種類もの抗生物質を与えているという。
そんな中国から加熱処理された鶏肉が、日本に21万5千トン(2012年)も輸入されている。
中国から輸入された鶏肉は、鶏肉として飲食店、弁当店、惣菜店などで使われる他、
焼鳥、空揚、チキンナゲット、ハンバーガー、ハンバーグ、フライドチキン、ローストチキン、レトルト食品及び冷凍食品などに加工される。

トリだけではなく、農産物も、残留農薬の問題がありますし……。
輸出用の農産物は大丈夫だとかいう発表がありましたが、そんな中国の発表はまったく信用出来ないことが今回の事でハッキリしましたよね。
って、事情に詳しい方なら、「そんなの常識だろ!今ごろこんな事書くなんて、なんという情弱!」とか言われそうですが……。
自炊して自分で材料を買うのなら、国内産のものを選べますが、外食だと、何を食わされてるか判ったもんじゃないという恐怖を感じます。
でもまあ、今のところ健康被害は出ていないので……、でも、数年後に発病したりするかもしれません。口に入れるものは、なるべく安全であって欲しいつ、強く希望します。(最後の方、何故か天皇陛下調)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60034970

この記事へのトラックバック一覧です: プロット書いて旧友とランチしてテニスして:

« ネコの墓参り | トップページ | プロット直して気学教室 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト