« 洗濯物干しまくって仕事もバリバリ | トップページ | 書いても書いても終わらない PART2 »

2014年7月 3日 (木曜日)

書いても書いても終わらない……

 まず、戴き物のご紹介を。

Photo

「抱かずにはいられない」(イーストプレス/悦文庫)

東京・江古田――三つの大学が集まっている学生の街。喫茶『カルチェ』はそんな街の片隅にある小さな店だ。かつてシンガーソングライターを目指していたマスター、朝倉のいれる美味いコーヒーと居心地のいい空間を求めて集う学生たちや編集者、昔のバンド仲間たち。そこには切ない別れや予想外の出会い、そして熱い想いがつまった一晩限りのセックスがあった…。70年代終わり。学生街の喫茶店を舞台に繰り広げられるノスタルジック官能の最高傑作!

 牧村さんに、発売前の御本を頂戴しました。8話からなる連作短編集です。

 この連作短編に登場する「江古田のカルチェ」は、偶然にも、おれが学生時代、毎日のように通って昼飯(スパゲティが美味かった)を食っていた喫茶店。設定はまったく違うので、名前だけ同じでモデルにはなっていないのですが、「江古田のカルチェ」というキーワードでノスタルジーのスイッチが入ってしまいました。今はもう無い、というのも「もののあはれ」を誘うし……。

 7月10日発売予定。是非、書店にて。

 で。

 6時過ぎに目が覚めて、7時ごろまでベッドでゴロゴロしていたが、起きる。

 腰痛はほぼよくなったが、まだ完全ではない。

 朝のモロモロを済ませて、ご飯を炊く。

 昨日はバリバリ進んだ「第4章」なのに、今日は止まってしまった。書く気運が盛りあがるまで、ひたすら待つしかない。

 号泣錯乱議員・野々村竜太郎の話題は、英タイムズも報じたほど、世界中でイジられる存在になった。早速アンガールズ田中がモノマネしたし、多くの芸人がネタにしているらしい。

 で、当人は取材拒否。まあ、あんなに錯乱した記者会見をやったんだから、どの面下げて公衆の面前に現れるのか、ってところだけど。

 やがてご飯が炊けたので、アサメシ。卵かけご飯。ご飯をお代わりして、磯海苔で。かなり湿ってきたので磯海苔をフライパンで炙ると、香りが復活。ちりめんじゃこもパラパラとかけて食う。美味い!

 そんなこんなで、すぐ昼になってしまった。

 NHKの「サラメシ」を見ようと思ったら、ニュースの時間がズレてお休み。残念!

 

 このところ「ユニークな番組作り」が評価されているテレ東だが、昼にやっているヒルメシを見せて貰う「昼めし旅」というっ番組は、「サラメシ」の劣化パクリ。やっぱりパクリはダメだ。「サラメシ」は取材が丁寧だし、仕事や人生についての面白い話を引き出せているから、食を通した優れたドキュメンタリーになっている。なにより中井貴一のハイテンションなナレーションがいい。

 フジテレビ「バイキング」を見ると、浅香唯がアイドル時代にスクープ写真を撮られた現場を案内していたが、浅香唯が当時住んでいたのは、助監督をしていた当時のおれが住んでいたところから目と鼻の先だった!目黒区上目黒の蛇崩川交差点。へ~。こんな近くに住んでたんだ!歩いて3分の距離。

 番組では「主演映画『YAWARA!』が大ヒット」と紹介していたが、全然ヒットしなかったんだけど。ヒットしてたら多くの人の運命が変わっていただろう。

 で、あの頃の浅香唯は、現場の態度が最悪だったんだよねえ。マネージャーたちの態度の方がひどくて、チヤホヤされすぎた結果だと思ったが。

 午後になっても書く機運は盛りあがらず……と悠長な事を言っている場合ではない。とにかく書き進めなければ。昨日の予定では、今日の午前中にあげてしまうつもりだったのに。

 と思いつつ、ずっと書きあぐねて後回しにしてきた濡れ場に手をつける。

 とにかく、やっつけるか、とやっと手をつけたら……おかしなもので、エンジンが掛かった。

 興に乗るというのはこういう事なのね。あれほど書きあぐねていた本作最大の濡れ場、なかなかイヤらしく書けた。

 あ~よかった!

 その勢いを駆って、他の部分も書く。

 ここで時間。カイロプラクティックへ。本当は明日の予約を入れてあったのだが、明日は雨模様だし、夕方には「第4章」も終わってキリがいいと思って予約を変更したのだが……。

 「第4章」はまだまだ終わらないし、雨も明日の夕方には止んでいるらしい。

 また変更するのも悪いので、仕事を中断して、カイロへ。

 施術して貰い、来週のテニスはやっていい、と許可を貰う。

 その足でスーパーに寄って、洗濯洗剤や夕食のおかずなどを買い込んで、帰宅。

 「5時に夢中!」に間に合った。

 W杯ドイツ代表の監督は、集中すると鼻くそをほじって食ってしまうと中瀬親方が先週発言したので、「あなたは鼻くそを食べますか」とバカなインタビューを表参道で敢行。よくやるね……。

 その上、ドイツ料理を出すバーのドイツ人オーナーに「ドイツ人は鼻くそを食べるのが好きなのか」とケンカを売るようなインタビューをしていた。この番組はヒドイね!

 「私はもうドイツに行けない!」と中瀬親方はこのいじられようにガックリしていたが。

 その後、TBSの夕方のニュースを見ていると、神戸のイノシシ騒動について取材していて……。

 神戸の住宅街にイノシシが出没し始めたのは21世紀初頭だったと記憶するが、当時から、イノシシにエサをやる人が問題になっていた。最近はすっかり人をナメきったイノシシが増えて、「人間は食べ物補給係」と思い込んで、襲ってくるようになった。

 で、怪我人も出ているのに、今もイノシシにエサをやっている人がいる。

 そういう人は、自分がいけないことをしていると判っている。だからカメラを向けられたオバハンは逃げ出すし、執拗に追ってくる取材に「あんたらが無茶苦茶するから」と訳の判らないことを口走り、「イノシシが可哀想やないの!エサあげないと死んでしまう」と言い放った。

 おれも野良猫にエサをやったことは多々あるからイノシシにエサをやるオバハンを批難する資格はないかもしれないが……しかしイノシシの場合は、怪我人が出ているのだ。

 「イノシシにエサをやるのを禁止する」条例が出来たが、罰則がない。しかし、今後はエサをやる人の名前は公表するらしい。しかし、この程度じゃあイノシシにエサをやる奴らはビクともしないだろう。

 同じ神戸市民が襲われて怪我をするのは、エサをやって人間を恐れなくなったイノシシが増えているからだ。なのに、エサをやる連中は、無視。

 他の市民が襲われて怪我をしているのに、エサやりオバハンとエサやりオッサン(以前の取材ではオッサンが「なんでイノシシにエサやっていかんのや!」と逆ギレしていた)はその事実を一切無視している。

 神戸市民は民度が高いと思ってきたけど、これを見ると、全然ダメじゃないか。神戸市民が自覚を持って、自分たちが被害に合うかもしれないのだから、警察や行政に頼らず、自分たちでエサやりジジババに対決しなきゃイカンだろ。市民意識もない自分勝手なジジババは、同じ市民が撲滅しなきゃ、人を襲うイノシシは増えるだけなのに。

 ま、神戸市の対応も生ぬるいのはもちろんなのだが。エサやり禁止の条例に罰則規定を設けて、何がいけないの?

 死人でも出なきゃ、どうにも出来ないの?

 このままだと、近々、足腰の弱った高齢者が襲われて死人が出るぞ。それでやっとエサやりジジババも反省するんだろうけど、遅いだろ!

 ま、神戸のことは神戸の人が何とかしてください。

 夜は、挽肉ピーマンのチャーハンを作り、買ってきたお総菜の、ミニ・メンチカツ、ピーマン肉付けフライ、椎茸肉付けフライを温め、サラダとともに。

 美味い美味い。

 「とんねるずのみなさんのおかげでした」をついつい見てしまった。軽井沢でタレントを水に落とすの、実に馬鹿馬鹿しいけど、笑っちゃうねえ。みんな騙されてると言うけど、薄々気づいてるでしょ。それを逆手に取ってる訳だけど。

「細かすぎて判らないモノマネ」は、B級インド映画を再現したチームが優勝。いやこれは優れていた。

 

 あ、そうか。もう「続・最後から二番目の恋」は終わっちゃったのね。あのラスト、思い返すと妙に切ないねえ……。

 仕事に戻る。

 夜食に、食パン1枚と牛乳。

 元AKBで、女優としていい仕事をしていたえれぴょんこと小野恵令奈が芸能界から引退するんだって!

 惜しいだろ!おれはアイドル系のタレントが引退してもあんまり惜しいとは思わないのだが、この人は「無邪気な小悪魔」が抜群に上手い逸材だと思っていたので、もったいなくてたまらないぞ!映画「さんかく」で見せた、同棲カップルの彼女側の15才の妹役「桃」(無邪気に彼にチョッカイを出す)が抜群だった。無防備なタンクトップ姿がチョー刺激的だったし。

 惜しいなあ。実に惜しい。でもまあえれぴょんも二十歳を超えて、いつまでも「無邪気な小悪魔」でもないしなあ……。

 くそ~あと少しで終わるんだけどなあ。でも後、2場面残ってるしなあ。

 もう眠くなってモーローとし始めたので諦めて、シャワーを浴びて、くーたんと遊んで、寝る。

 1時30分、就寝。

今朝の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:1970kcal

本日の消費カロリー:日常生活+17kcal/396歩+72kcal(自転車)

« 洗濯物干しまくって仕事もバリバリ | トップページ | 書いても書いても終わらない PART2 »

コメント

タイトル、クレージーキャッツですね。

ひとつ山越しゃホンダラッタホイホイ……越しても越してもホンダラッタホイホイ……どうせこの世はホンダラッタホイホイ、ですね。

(^-^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/59925040

この記事へのトラックバック一覧です: 書いても書いても終わらない……:

« 洗濯物干しまくって仕事もバリバリ | トップページ | 書いても書いても終わらない PART2 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト