« 脱稿持ち越し | トップページ | エピローグ直して、いろいろ「待ち」状態 »

2014年7月17日 (木曜日)

0稿脱稿してウナギを食す

 6時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロとは、くーたんの世話。トイレを掃除してご飯を出し、昨日分の日記を書くこと。

 今日も、すぐ腹は減らないので、仕事開始。「第5章」のクライマックス後から章の終わりまでをとにかく、書く。

 書いていると腹が減ってきたので、メシ。今は完全に仕事モードなので食うのが面倒くさい。が、食う。

 トースト2枚にベーコン・エッグ。面倒という割にはきっちり食ってるじゃないの。

 仕事再開。

 謎解き部分、なんとか説明的にならないように……と思うが、金田一さんだって誰だって「名探偵 全員集めて さてと言い」(違ったっけ?)なんだから、まあ……。

 昨日依頼したエアコンの修理、いつ来るかの確認の電話が来ないなあ。しかし今日はエアコン、効くなあ。まあ、昨日より気温が低いからだろうなあ。

 「第5章」、11ページをなんとか午前中に書き上げる。カットしてキープしてあった分を使ったりして、なんとかなった。

 読み返して、相方に送る。

 光文社T氏に進行状況の報告メールを出す。

 で、突然、故郷・徳島の昔からの伝統の「中華そば」がモーレツに食いたくなって困る。

 今や徳島ラーメンは、甘ったるい「和歌山ラーメン」の悪影響を受けて、完全に変質してしまった。昔ながらの豚骨のスープが白くて博多ラーメンに似ているけどもっとアッサリした「白系」と区分される伝統の系譜は、徳島でも数店しか残っていない。

 その「白系」のメッカ・「岡本」のラーメンを子供の頃から食べていて、これはおれのソウルフードだ。その「岡本」の中華そばを猛烈に食べたくなって、気持ちを抑えるのに困る。夜行バスに飛び乗りたい(直行の飛行機、と思わないところに微妙な自制が働いている?)ほど。

 東京にある「徳島ラーメン」はすべて和歌山系のおれが否定するものばかりで、行く価値はない。

 ならば、博多ラーメンを食べる方がずっと「白系」に近い。

 ということで、ラーメンを食いに出る。

 ちょうどお昼なので混んじゃうな、と思ったが、待たずに着席出来た。

 結局、来たのは「東京トンコツ」の「翔竜」。博多ラーメンではないけれど、ここの味は「徳島・白系」に似ているのだ。

 サービスの半ライスを貰い、トッピングした海苔をスープに漬けて、ご飯を巻いて食べる。美味い!

 ラーメンにはニンニクをどっさり入れる。誰に会わないんだからニオイなんか気にしない。

 満足して、帰宅。

 ちょっと休憩して、「エピローグ」に取りかかる。最後の踏ん張りだ!

 

 書いていると、ノジマから電話。エアコンの修理について、「温度設定を最低にして30分以上回しても冷えませんか」って。一番暑いときはそれをやっても冷えない。コンプレッサーが動いているかどうかの確認をしたかったのだろうか?

 とにかく、一日で一番暑いときに冷えないのは、エアコンの使命を果たしていない。

 修理は明日になったが、「伺う時間が判らない」とのこと。朝8時から夜9時まで待機してくれって。なんじゃそりゃ。大手メーカーだと、午前・午後・夕方・夜とだいたいの指定は出来るのに。でもまあ直って欲しいから、一日待機しますと返事する。

 「エピローグ」8ページほどを、なんとか書き上げた。

 一応、おれ的には、脱稿。

 しかし、相方から戻ってきたファイル(「第1稿」とする)を再確認して、後から気がついた軍事的な間違いとか、後で加筆することを決めていた部分をやらないと、完全に出来たとは言えないので、あくまで「0稿」の脱稿。

 映画の場合、「0号試写」というのがある。ネガ編を終えてカラータイミングもやって、とにかく一度プリントを焼いてみて、その上で綿密な最終チェックをするためのものが「0号」。これにいろいろ修正を加えた完成品が「初号」。これで最終OKが出れば、プリントが量産されて……というのは過去の話だなあ。今はデジタルだから、どうなるんだろう?大きなスクリーンでスタッフを集めて最初に見る試写を「0号試写」と呼ぶのだろうか?

 まあとにかく、おれにとっては「0号」というか「0稿」の脱稿。

 全力で書いたから、腹が減った。

 今度はモーレツに鰻が食いたくなった。近所には鰻の名店がある。しかし、そういう店で食べると高い。特に夜だと、3000円以上はする。

 元来、鰻って高いモノであって、貧乏人はなかなか食えないものだったのだ。

 とは言え……鰻を食いたい!

 なので、吉野家に行く。鰻丼のWでも1000円チョイで食えるぞ。とにかく、鰻が食いたいのだ。焼き方とか味とか産地とか、細けえ事はいいんだよ。

 で、吉野家で鰻丼。

 美味いじゃないの。おれにはこれでいいんだよ。これで充分。と、井ノ頭五郎さんのように心の中で呟きながら食う。

 が、あっという間になくなってしまった。残念。

 19時過ぎに帰宅。

 しかしゆっくりはしてられない。

 相方から戻ってきている「第1章」から「第4章」までの最終チェック&最終加筆。

 最初は頭からじっくり読んでいたが、T氏には「第4章までを21時までは送ります」とメールしてある。

 細かな文章はゲラ出直すことにして、相方がつけた「要チェックマーク」を検索して、それを潰していく。

 そして、「第2章」に加筆する「新たなアクション場面」を書く。

 それで20時。

 チェックマークの漏れがないか、もう一度確認して、校閲者さんへの問いかけ2ヵ所(これで正しいですかね?というヵ所)は残して、チェックが済んだのが21時前。

 T氏に送る。

 と、絶妙のタイミングで相方から電話が入って、「第5章」の謎解き部分をこう書き直したいと、そして「エピローグ」の大幅変更を提案される。

 う~。

 第2部への引っ張り、ということもあるし、どうしようかねえ。

 しかし、話していると、話はまとまるものだ。

 こういう線ならいいんじゃないかというアイディアが出て、それで書き直すことにする。しかしもう、今夜はダメ。20ページほど書いて、直しもやって、もうヘロヘロ。

 明日、相方が「第5章」をやっている間に直すことにする。

 とんねるずの番組を見る。木梨たちが内房の町を訪れて、貝をとにかく食いまくる企画。ハマグリが美味そうだったなあ!グリルで焼いて醬油を垂らす。これは美味いでしょ!絶対に美味い。

 別の店では、あさりラーメン。あさりの出汁がたっぷり出て、トッピングの海苔も美味そう。これも絶対に美味いでしょ!

 バカ貝の店にも行ったが、ここでの悪ふざけはちょっと不愉快。フジテレビらしい傍若無人さ。

 しかし、房総はいいねえ。食い物が美味い。房総はいいなあ。移住したくなってくる。夏だけでも住みたい。いやしかし、そんなことしたら夏は仕事しなくなる可能性があるぞ。海に行って(内房じゃボディボードは出来ないにしろ)貝や魚を食いまくり、寝る。健康的だけど、いつ仕事するの?

 まあせめて、10日くらいのバカンスを房総で……。ニースやカンヌにゃ行けそもねえが、せめて行きたや南房総(「ドント節」のメロディで)。

 館山もいいけど、外房の鴨川もいいんだよねえ。自然を求めて移り住んだ旧都会人も多そうで、その意味では住みやすそうだし(ある程度便利じゃないとシンドイ)。

 今日から始まった武井咲の監察医のドラマ。「お天気お姉さん」の路線で、武井ちゃんは笑わない。ずっと凜としている。これがいい。これがいいのだ。しかし武井ちゃんは可愛いなあ。事務所のゴリ押しとか言われるが、武井ちゃんには実力があるし、この可愛さ美しさは国宝級だと固く信じて疑わないぞ。

 しかしベネッセから顧客データを盗み出した男、今後ベネッセから一生働いても絶対に返せない金額の損害賠償を求められるだろうなあ。この男は優秀なSEなのだそうだが、優秀なら足が付くことが判らなかったんだろうか?

 名簿屋は、取材を重ねるほどに、なんだか本当にダークな存在だねえ。こういう商売は絶対になくならないのだろうけど……データを盗み出した男だけが処罰されて、売りさばいた名簿屋は「出所を知らなかったことにすれば無実」になるのっておかしいだろ!

 それと、父子に関する最高裁判決。これもおかしい。確定した関係はDNA鑑定がどうであれ現状がどうであれ変更させない、というのは杓子定規すぎて実態にまったく合っていない。「安定した関係」になんかなってないだろ!自分の子供ではないし今は実父と暮らしてるんだから、親子関係は変更すればいいのに。

 5人中3人が支持して多数決で決まったようだが、判例になる大きな問題を多数決で決めちゃっていいの?

 しかしこの3件、いろいろ事情があるんだろうが、母親がルーズすぎて腹が立ってくる。特に、四国の件は親子ではない男に養育費とかを出させたいから裁判を起こした、と読めるのだが……。

 詳しい事も判らないのあれこれ書くと語弊が生じるだろうから、止める。

 まあこの件、週刊誌が、文春や新潮がオジサン目線で母親や実夫を追及する嫌らしい記事を絶対に載せるだろう。それを待とう。

 風呂に入り、ゴミ出しして、くーたんと遊んでいると、あっという間に0時を回ってしまった。

 ベッドに入ってiPhoneで最新ニュースを見ると、ウクライナで旅客機が墜落。親ロシア派が撃墜したのではないかという情報があると。

 うわ~なんということだ。ロシア側は絶対否定して泥試合になる事は明白だが、そうなると、撃ち落とされたマレーシア航空はたまらない。補償問題もあるし。

 しかし高高度を飛行中の旅客機を撃ち落とせるほどの高性能の地対空ロケット砲がウクライナ内戦では使われていたのか?

 この件は明日確認することにして、寝る!

今朝の体重:90.75キロ

本日の摂取カロリー:2510kcal

本日の消費カロリー:日常生活+4kcal/150歩+75kcal(自転車)

« 脱稿持ち越し | トップページ | エピローグ直して、いろいろ「待ち」状態 »

コメント

私が今夜あたり書き終える童話が「夜のうなじゅう」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60002524

この記事へのトラックバック一覧です: 0稿脱稿してウナギを食す:

« 脱稿持ち越し | トップページ | エピローグ直して、いろいろ「待ち」状態 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト