« 焼肉を腹一杯 | トップページ | 下田多々戸浜2日目 »

2014年8月19日 (火曜日)

下田多々戸浜1日目

 6時起床。

 薄曇り。

 今日から二泊三日の下田波乗りツアー。

 しかし出発間際の朝7時ごろにバイク便で再校ゲラが来る予定。

 支度をして、くーたんのご飯なども用意して、髭を剃ったりしつつ、バイク便を待つ。

 7時を過ぎても来ないので、ヤバいか?と思い出した頃、無事、到着。

 しかし封を切って中身を観ると、初校はほぼ白紙(ノーチェック)だったのに、再校ではびっしりとチェックが入っている!

 普通、これ、逆だろ!こんな著者校、初めてだぞ!

 ゲラをカバンに詰めて、出発。ボディボードは既に先方に届いている。

 駅で相方と合流し、予定より1本早い電車で、東京駅。

 駅チカでお弁当を買い、特急「踊り子」に乗り込む。普通電車を乗り継いで、と思ったが、何と言っても「踊り子」は楽に早く行けるもんね~。

 発車そうそう、まず、おにぎり弁当を食べ、小田原を過ぎた辺りでもう一つのお弁当(金沢の和風の軽めのもの)を食べる。

 空はどんどん雲が減って、ドピーカンになる。

 11時30分頃、伊豆急下田到着。

 次のバスまで時間があるので、タクシーに乗る。

 12時前には多々戸浜の民宿に到着。

 早速着替えて、海へ!

 紺碧の空。

 メロンソーダのような澄み切った青い海。

 これで波があれば言うことナシなのだが……波が……弱い。

 子供ならスイスイ乗れるけど。

 それでも、波のタイプとタイミングが合えば、乗れる。

 休憩をしながら、16時ごろまで。

 宿に戻って、屋外シャワーで砂を落として、風呂へ。

 夕食は、弁当の出前を頼んである。以前はこの民宿は料理自慢の宿だったのだが、数年前から朝食のみ提供になった。調べてみると、この界隈の民宿はおしなべて「朝食のみ」のB&B状態。夕食を出すのは大変なんだろう。

 鶏唐揚げの甘酢掛け弁当に、相方とオムレツ弁当をシェア。

 我々の部屋は1階なのだが、2階には子供の団体が入っているからもう、大変。階段をドタドタ上り下りするわ、部屋の中ではドタバタするわ……。でも、仕方ないよね。夏の民宿なんだから。子供たちもストレス解消に来てるんだから。

 食後、ゲラをやる。なんて勤勉なんでしょう!

 出来た分を相方に渡して、相方も見ていく。

 校閲のチェックが多いので、ヘロヘロ。

 そこそこやって、終了。

 それでもまだ20時。

 上の階の子供たちは、もう寝たらしい。静かになった。

 と、思ったら、ドタバタが再開。どうやら車で食事に出ていたようだ。

 それでも、ほどなく静かになった。

 風呂も空いたようなので、2度目の風呂。岩風呂に入る。この宿には合計4つの風呂があるが、部屋数も多いし、貸切状態で使うので、順番待ちが発生する。

 テレビを眺めていると、ミラノの「スイカバー」を紹介していた。ミラノの人はナイフとフォークでスイカを食べるのね。日本人がかぶりついているのを見て「子供だね!」「日本人はああやって食べるの?」と顔をしかめていた。だって日本じゃスイカは気取って食うもんじゃないからねえ。いや、ナイフとフォークを使うから「気取ってる」わけじゃないが。

 しかし、ハンガリーのコダーイゆかりの街でスイカを食ったけど、日本人と同じく、かぶりついてましたけどね。

 相方はおれより早く寝てしまったので、電気を消して、22時には完全に寝た。

今朝の体重:91.80キロ

本日の摂取カロリー:2176kcal

本日の消費カロリー:95kcal/2381歩+26kcal(自転車)+BB(不明)

« 焼肉を腹一杯 | トップページ | 下田多々戸浜2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60190143

この記事へのトラックバック一覧です: 下田多々戸浜1日目:

« 焼肉を腹一杯 | トップページ | 下田多々戸浜2日目 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト