« 大盛りラーメン食ってテニスして夜中に大汗 | トップページ | 「秘境駅」にプチ旅行して相方のiPhoneをメンテして映画2本観て »

2014年8月14日 (木曜日)

予定無くなり、空白の一日

 7時前起床。

 途中中断があったが、トータルではよく寝た。

 曇り。

 8月に入ってから雨が多くてスッキリしない。

 愛すべきロビン・ウィリアムズが亡くなったと思ったら、ローレン・バコールも亡くなって、指揮者のフランス・ブリュッヘンも亡くなった……。

 合掌。

 ロビン・ウィリアムズは好きだったなあ……真っ先に思い出すのは「フィッシャー・キング」かなあ。名作が多くて、思い出すと涙ぐんでしまうんだけど。

 ローレン・バコールは、姐御女優みたいなイメージがあるけど、若い頃はとてもきれいで……やっぱりボガートの相手役とかやってたから、当時から姐御女優だったのね。おれは「オリエント急行殺人事件」の大富豪のアメリカ人役がまず思い出されるけど。

 

 朝のモロモロを済ませる。

 アサメシは、ご飯に玉子焼、しらす干し、シジミ汁、キュウリの漬け物。

 相方のMacとiPhoneの不調を今日、直すことにする。

 相方は夕方に来る予定。

 仕事を始めるべきなんだろう(〆切間際でバタバタするより余裕を持って書き始めようと毎回思う……これって、夏休みの宿題とまったく同じだなあ。ガキの時でも、宿題は7月中にあらかた済ませていた超優等生も存在したし。おれは毎年、8月下旬、特に最後の数日は必死だったもんなあ)が、何故か、その気にならず。

 食後、録画した「孤独のグルメ」を観る。木場のインド料理屋。美味そうだなあ。五郎さんは食べなかったが、肉の串焼きが特に美味そうだった。

 この番組の成功に刺激されて、似たようなものが幾つかあったが、どれもあんまり見る気にならず、番組も成功したとは言い難い結果に終わった。妙に趣向を凝らすよりもストレートに「食べる喜び・食べる快感」を見せるべきなのだ。そうなるとこの番組のようにしか作れなくなり、食べるヒトは松重さん以外には考えられない。かくして、この番組だけが成功するし、不思議な魅力を放ち続けるのだ。

 小林薫主演の「深夜食堂」も話題になった(おれは観なかった)けど、あっちはもっとドラマドラマしていた(らしい)もんなあ。

 漫然と過ごす。まあ、こういう日があってもいいんじゃないか?

 昼になる。

 外にでも出るか、しかし別に行くところもないし、下手にどこかに行くと混んでるぞと思っていると、雨が降ってきた。

 当然、出かけない。

 冷蔵庫にまだ残っている夏野菜カレーをさらってしまう。これが昼飯。

 「サラメシ」の再放送を見ようとしたら、違う番組をやっていた。ガッカリ。

 よく寝たはずなのに、ソファに寝転んでいると、ウトウト。

 雨の日はウトウトするのが一番かも。

 相方、来るのが遅くなると。

 「5時に夢中!」を観る。木曜日が一番面白いかもしれないなあ。

 相方は別件が終わらないので、今日はそっちをやってしまうとのこと。で、MacとiPhoneの調整は明日に。

 明日は天気もいいし波もいい感じなんだが……明後日も天気はいいし波も似たようなものなので、海には土曜に行くことにする。お盆休みの土曜日で、物凄く混むかもしれないが……海に入る人は少ないから、大丈夫か?芋洗い状態なら諦めるしかないが。

 ヒマでも、先日録画したフジテレビの日航ジャンボ機事故の再現ドラマを観る気分にならない。なんか、観るのが怖いのだ。

 ネットに「不衛生だと思うもののアンケート結果」があった。(←リンク)

 最近、潔癖症なヒトが増えている。読売読者のマジョリティがどういうタイプの人たちなのかがよく判る「発言小町」に、時々現れる「ハンドメイドのお菓子を集まりに持参するヒトの神経が判らない」という書き込み。要するに、そういう場には、お店で買った「市販のケーキやお菓子」を持ってくるべきであって、手作りのケーキやお菓子なんか口にしたくない、という事らしい。

 それに対して過半数のコメントが「手作りには心が籠っているのだから市販品より有り難く戴くべき」というものだが、中には「自分とお店で作ったもの以外は食べたくない」というコメントも少なからずあった。

 そういう時代なのかと、おれは正直呆れたのだが、このアンケートの結果を観ると、世間はもっと過敏になっているのかもしれない。こういう人たちは、外出先でトイレに入れないし、旅行に行っても温泉にも入れないし、図書館も利用出来ないのか……。書店だって、不特定多数の誰かがその本に触れているわけだし。だから本はアマゾンで買うの?

 おれが判る感覚は、ベッドに関すること。服のままベッドに座りたくないし、寝るときは風呂に入ってから。昔は、シーツがピッと張ってなければイヤだったが、今はそんなことはないけれど。

 その延長で、衛生観念が日本人とは違うアジアには行きたくないとも思うけれども。

 まあ、あんまり潔癖症が過ぎると、生きていくのに不便だろうなあと思う。

 雨も上がったので、外に出る。

 北千住東口の「定食かあちゃん」に行って、迷った末に「ミックスフライ定食」(カキフライ・トリカラ・コロッケ)とほうれん草の胡麻あえを食べる。ここで焼き魚とか刺身にすべきなんだけどねえ。

 帰宅して、ずっと躊躇していたのだが、田舎に電話をする。田舎と言っても、おれの実家は既になく、叔父のところ。

 今回の台風で徳島県は大雨で大きな被害が出たが、叔父の家がある辺りは特にニュースで触れられていなかった……。

 が、なんと、床上浸水していた!

 げーっ。知らなかったとは言え電話が遅れて済みませんと謝る。まあ、浸水したのは店の部分で、住居部分は少し高くなっていたので無事だったらしいが……。

 バアサンは100歳を超えて、元気。まだ元気と口にしてしまったが、このヒトは、リュウマチだ神経痛だと病院に通うのが趣味だったのだ。だから長生きしてるのかも。その子供たちは結構早死にしてるんだけどねえ。

 その後、東京を引き揚げて田舎に戻った旧友にも電話。まあ元気でやっているようだ。

 ニュースを見て、風呂に入り、またニュースを見る。TBSの「NEWS23」で、「人間ではないことをした94歳・元日本兵の証言」を観て、何とも言えない気分になった。この証言自体は、今まで知られていたことではあるが……。

 この証言をした元兵士は、沖縄戦の生き残り。「沖縄戦では被害者な気分だったが、何か違うと思い始めた。沖縄の前は中国戦線にいて、その時は完全に加害者だったから……」と中国での体験を話すようになった、と。

 日本軍が中国でやった蛮行、というと、ネトウヨたちは捏造だ南京大虐殺はなかった、と言い出すが、大虐殺のような大規模なまとまった蛮行ではなく、各部隊が日常的にやっていた蛮行も、捏造だと言うだろうか?言いたいヤツは言うのだろう。

 戦争は人間を狂わせる。それは確かにその通りだろうが、それで済ませるわけにはいかない。

 東京都が平和記念施設を作ろうとして、いろんな遺品を寄贈して貰ったのに、「自虐的展示にすべきではない」という声と、それに反対する声が出てまとまらないまま、施設の建設はストップして、遺品は保管されたまま。

 「日本のいちばん長い日」は、大傑作で名作だと思うが、結局、被害者意識で作られているので、そこが大いに引っかかる。日本に住んでいた多くの日本人からすれば、空襲を受けて焼け出された被害者だが、日本は、日本軍は外国に攻めていって、中国もフィリピンも戦場にして、多くの現地人を殺傷したのだ。

 この事実から目を反らすことは出来ない。

 戦争に至る経緯についての解釈はいろいろある。しかし、自衛戦争ということを以って「聖戦」というのは無理がある。植民地解放という側面を以って「聖戦」というのも無理がある。

 加害者としての日本、ということに言及すると「自虐史観」と言われるのは、まったく理解出来ないのだが。

 0時前に就寝。

今朝の体重:90.55キロ

本日の摂取カロリー:2243kcal

本日の消費カロリー:日常生活+3kcal/102歩+67kcal(自転車)

« 大盛りラーメン食ってテニスして夜中に大汗 | トップページ | 「秘境駅」にプチ旅行して相方のiPhoneをメンテして映画2本観て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60153205

この記事へのトラックバック一覧です: 予定無くなり、空白の一日:

« 大盛りラーメン食ってテニスして夜中に大汗 | トップページ | 「秘境駅」にプチ旅行して相方のiPhoneをメンテして映画2本観て »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト