« お盆休みの江ノ島初体験 | トップページ | 焼肉を腹一杯 »

2014年8月17日 (日曜日)

午前中に任務完了

 6時過ぎ起床。

 曇り。天気予報では晴れると出ているので、洗濯物を干すが、なんか小雨が時折ぱらついてるんだけど。

 朝のモロモロを済ませると8時になったので、ボディボードのケースにボードと荷物を詰めて、クロネコヤマトの営業所に持っていく。下田に発送するのだが、ここでは今日まで受付はお休みだと言われる。そんなことネットには書いてなかったじゃないか!

 コンビニで出してくれと言われるが、コンビニにボディボードを預けるのは申し訳ないのだ。荷物がデカいから。それに、明日必着でお願いしたいし。

 事務員さんが休んでいるらしい。

 で、「強くお願い」をして、近くの他の営業所を調べて貰う。こういうの、強く言わないと気が回らないのは配達員だからか。

 結局、近所(といってもけっこう距離はある)の営業所では受付をしていると判ったので、そっちまで自転車を漕いでいく。

 1駅分の距離だから結構遠いんだよ。

 9時前に、その別の営業所に荷物を出し終える。

 やれやれ。

 で、腹も減ったので、上野のハードロックカフェに行って「美味い」と評判の朝食を食べてみるか。と、上野へ。

 上野駅構内(改札外)のハードロックカフェは、出来た当初は何度か行ったが、喧しいので足が遠ざかっていた。

 久しぶりに入ったら、店の半分はグッズ売り場になっていて、レストランは以前の半分の面積になっていた。

 で、アメリカン・ブレックファストを注文。

 席について待っていると、車椅子を押すお客が来て、注文にえんえんと時間を掛けている。ここはレジで注文してお金を払って席で待つというシステムだから、たらたらメニューで迷っていると行列が出来る。こういうの観ると、イライラしちゃう。たぶん初めてだし洋風の朝食なんか食べ慣れていないようだから、迷うのは仕方がないのだろうけど……店の外に写真入りのメニューを出してあるんだけどね。

Img_1650

 で、プレートが来ました。デカいハッシュドポテトに厚切りベーコンが2切れ、少ないスクランブルエッグにバゲットを切ったトースト2切れ。う~んこれじゃ物足りない。

 このほかには、フレンチトーストやパンケーキもあったけど。

 ランチのハンバーガーが美味そうだった。

 食べ終わり、向かいにある店で駅弁を買う。これ、昼飯用。

 青森製の「ウニ弁当」とカニチラシを買う。

 で、帰宅。

 午前中の上野駅界隈って、歩いたことがなかったから、なんだか新鮮。朝のウチに歩くのもいいですな。特に今朝はとても涼しいし。

 10時前に帰宅。

 角川の新作を書き始める。というか、その準備。

 アレコレしていると昼を過ぎたので、「ウニ弁当」を食べる。

Img_1651

 美味い!

 やっぱり、安い回転寿司で食うウニは、あれは別物だったのだ。苦いウニなんてウニじゃない。この「ウニ弁当」のウニは甘くて、とても美味い。イクラはプチプチし過ぎて、どうも人造臭いけど。

 「カニチラシ」も食べる。

 食後、ハワイアンを聴きながらタラタラしていると、すぐに夕方。光陰矢の如しですなあ。

 天気は午後になってようやく晴れてきて、暑い。

 ちょっと外出して、JTBで旅行のカタログを捜し、コンビニでサラダを買ってくる。

 今夜は、ずっと冷凍してあるステーキを焼く。冷凍は万能ではない。そろそろ食べないと傷んでしまう。

 肉は昼頃から外に出して自然解凍。

 冷凍フライドポテトをオーブントースターで焼き、ステーキを焼く。片面は強火で焼き、裏面は弱火でじっくりと。

 しかし焼きすぎてウェルダンになってしまった。塩胡椒だけでソースは使わない。

 それでも美味かったけど。薄切りのステーキ肉だと、どうしても焼きすぎてしまうなあ。

 「鉄腕DASH」を観る。TOKIOの面々、特に城島と山口は土木・建築関係の造詣が深いなあ。木工技術を熱く語れるアイドルは他にいるか?

 で、「軍師官兵衛」。

 道薫、退場。この人はもっと登場して、秀吉批判をする役回りなのかと思ったけど……史実を曲げて生かしておくことは出来ない。今回は、道薫というか田中哲司の名演が光った。これでやっと、荒木村重の「死ねない苦悩」が判ったような気がした。

 恩賞を固辞する官兵衛は、秀吉にとっては不気味な存在になっていく。

 来週は、蜂須賀小六が死んでしまうのね。蜂須賀さんはウチの殿様だから、とても親近感がある。今までの大河だと「蜂須賀小六」って、暴走族のOBみたいな感じで荒くれ者でジジイになっても暴れているイメージしかなかったが、実際は官兵衛と組んで諜略をしたり外交を担当していたのだから、今回やっと蜂須賀小六の実像を描いてくれたと思う。阿波の出の者として、嬉しゅうござりますぞ。

 この後、「NHKスペシャル」を何となく観てしまって、絶対見ようと思っていたTBS「日曜劇場」を飛ばしてしまった。國村隼と尾野真千子が共演する、絶対上質のドラマであろうのに。ああもったいない。オンデマンドで観るか。「行列の出来る法律相談所」も観たかった。コンビ仲が最悪な漫才コンビって、「Wコロン」だったのか。片方にユニークな芸があると、コンビ格差が生じて、仲が悪くなるよなあ。

 

 「おしゃれイズム」を観ると、コンビ格差が発生している「サバンナ」が、お互いの自宅を訪問。高橋の自宅はカッコイイし、「二階建て」(メゾネット)で、なるほど稼いでるんだなあという感じ。LDの感じなんか、センスあるなあと思う。

 八木の自宅は、かなり倹約してるという感じ。本当はもっといいところに住めるのだろうけど、奥さんがサイフを締めて堅実にやってる感じがする。八木も家庭を大事にしているようで、いいんじゃない?って、おれはナニサマだ?

 続いて「有吉反省会」も観てしまった。オッサンにしか見えない神取忍の弱点は「オバケが怖い」ことで、富士急ハイランドの最強のオバケ屋敷にメイドさんの格好で行くことに。これが面白かった。

 というか、有吉は反射神経が鋭くて、やっぱりレギュラーをたくさん持つ理由がよく判る。


 慶大と京大が共同で子宮移植の研究を開始したと。我々は以前に「名器移植」をネタに短編「花辯の椿」を書いた。山本周五郎の「五辯の椿」のパロディのSF官能なのだが、我ながらよく書けたと思っている。廣済堂のSFアンソロジー「SFバカ本・リモコン変化」に収録されているが……薄倖の女の復讐と臓器移植とウルトラマンという、まるで三題噺みたいなドタバタ。ちょうど日本でも心臓移植が再開されて、臓器の移送が中継されたりして大騒ぎになったころの事。もちろん、子宮移植は名器移植ではないけれど。

 

 風呂に入って、ゴミ出しをして、溜まってしまった新聞を読んだり、読売のサイトの「発言小町」を熟読したりして、なんだかんだで1時過ぎ就寝。


今朝の体重:91.10キロ

本日の摂取カロリー:2577kcal

本日の消費カロリー:日常生活+78kcal/2438歩+175kcal(自転車)

« お盆休みの江ノ島初体験 | トップページ | 焼肉を腹一杯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60169409

この記事へのトラックバック一覧です: 午前中に任務完了:

« お盆休みの江ノ島初体験 | トップページ | 焼肉を腹一杯 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト