« 雨模様 部屋で映画を 二本観て | トップページ | 予定無くなり、空白の一日 »

2014年8月13日 (水曜日)

大盛りラーメン食ってテニスして夜中に大汗

 7時前起床。しかし寝たのが遅かったので、寝不足。

 薄曇り。

 朝の空気は涼しくて、何だか秋みたい。

 いやでも、真夏でも朝夕は涼しかったんだよなあ。夜中もムッとするくらい暑いというのは、以前はあんまりなかった気がするけど、これって記憶の捏造?

 朝のモロモロを済ませる。

 で、今日こそ散髪に行く!と、10時過ぎに外出。

 贔屓にしている安い散髪屋に行くと、すでに順番待ち。でも今日は待ってやろうじゃないの。

 30分ほど待って順番が来る。

 ここは安いし適度に丁寧で一応きちんと仕事をしてくれる。高い散髪屋は丁寧なんだろうけど、その分時間もかかるのがイヤなんだよねえ。おれの髪なんかささっと刈ってくれるでいいの。あんまり手抜きなのも困るけど。

 終わったのが11時過ぎ。

 朝から何も食べていないので、空腹。

 どうしようか考える。

 宇都宮まで行って餃子を食うか。ちょっとした旅行気分になるし。イヤでも、餃子を食うだけに宇都宮まで行くか?

 とか、いろいろ考えた末に、先日行った「弁慶」にまた行くことにする。あのギトギト味が妙に懐かしい。

 荒川を渡って、堀切菖蒲園方面へ。結構な距離があるが、その価値はある。

 で、今日は、大盛を頼む。ここの大盛は凄く量が多くて、10年前くらいに頼んで、食うのが大変だった記憶がある。それ以来頼んでいないのだが……。

 洗面器に山盛り、という感じで大盛ラーメン、登場。

 隣の客がクチャラーで、その音を聴きながら食う。

 美味い。美味いけど、量が減らない。食っても食っても減らないのは至福ではあるが、箸を持つ指がしんどくなってきた。麺が重くて。

 美味いけど、この後が心配になってくる。体調が悪いと、「便刑」が待っているからなあ。

 完食には至らず。少し残してしまった。あと少しが食い切れず、それが悔しい。

 老いを感じますなあ。というか、オッサンがここの大盛を完食するのは無謀なのかも。

 で。

 腹ごなしに、遠回りして帰ることにして、首都高に接続する道を走っていたら、小菅の下水処理場に出た。ここから荒川というか平行して流れている中川に沿って堀切橋に戻る。どうせならぐるーっと回ってもよかったんだけど。

 しかし思い出すのは、昨夜観た「キラー・インサイド・ミー」。あれほど不快な映画も珍しいが……それだけ強く印象に残った。あの主人公は二面性を持った特異な病的な男だったのか?誰しもああいう二面性は持っているのか?

 主人公に殺された女二人(ジェシカちゃんは生きていたのかも)があまりに哀れで、可哀想すぎる。

 不快だったので消してしまったが、もう一度見たくなってきた。なんか、ヤバいな。

 帰宅。

 しかし、あんまり汗をかかなかった。日陰に入ると涼しかったからか?

 扉を開けると、くーたんがキャットツリーに前足を掛けて立った状態でお出迎え。

 もう、こういう事をされると、あまりに可愛いので抱っこしてブラシをして上げる。ネコって絶対、どうすればウケるか判っていると思う。

 9月にある「お別れの会」をどうするか、大いに迷っている。会費にプラスして、ダークスーツを新調しなきゃいけないのがねえ。ダークスーツなんて、持っていても着る機会は殆どないし。いや、もういい年になったオッサンなんだから、しかるべき席にはきちんとした格好で出るようにした方がいいか?しかし、「しかるべき席」なんて、ないんだけど。乱歩賞受賞パーティだってまだ暑い頃で、スーツで来ている人の方が少ないし。冠婚葬祭は礼服があるし。我々が何か賞でも受賞したら、スーツくらいハイハイと吊しを買うんだけどねえ。

 で、花を贈って……という事を考えた。が、今回、献花はホテルの指定業者が一括して用意するらしい。その会社に問い合わせてみたら、花の代金も一律で、なかなかの金額。

 考えてしまいますな。

 ここは思案のしどころじゃのう。このセリフ、流行るかと思ったら流行らなかったね。

 ソファに寝転がってドラマの再放送を見ようと思ったら……「相棒」以外、ニュースの時間になっていた。

 見ているうちに、寝てしまった。

 寝不足だもんねえ。

 1時間ほど寝る。

 で、起きて、相方に、明日海に行く出発時間を確認するメッセージ(AppleのiMessage)を出したら、送れない。

 これは、昨日やったメンテが悪影響を及ぼしたとしか考えられない。

 相方に電話して、設定を確認するが、電話ではよく判らない。

 明日の海は中止して、もう一度MacとiPhoneのメンテをすることにする。

 しかし、ナニが悪かったのか、よく判らない。

 時間が来たので、外出。テニスのレッスン。

 北千住駅のプラットフォームでおにぎりを1個食べる。

 レッスンは調子がいい。快調。しかし、回転を聞かせた球を打つと、腕が痛くなってきた。いつもの筋肉が痛い。それをコーチに訴えたら、手首を使っているからだと。痛くなる筋肉は手首を動かすものだ、と。腕全体でボールを打てば、痛くならないもんなあ。

 試合は、いい球も打てたが、絶好球を打てなかったりして、悔しい。

 プールに行くと、水泳のレッスンがお盆でお休みなので、ガラガラ。使い放題状態なので、ゆっくりといつもより泳ぐ。

 今夜はどうしよう。昼は弁慶のギトギトラーメンを食ったから、夜はアッサリしたもののほうがいいよなあ。

 ということで、北千住まで戻って、東武線の駅構内にある「海鮮三崎港」へ。

 ここは、美味い。「すしざんまい」と比べられるほどに、美味い。ウニが甘かったもんね!「大江戸」や「くら寿司」のウニは苦いもの。

 で、ウニやイクラ、中とろ、マグロ赤身、ネギトロ、甘エビ、イカ、アナゴ、玉子にアサリ汁。

 美味かった!

 お酒も飲んでいないのに、なんだか酔っ払った気分。何故?

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、洗濯。

 あんまりニュースを見たくないので、あちこちのチャンネルをつまみ食いして、NHKを観る。

「NHKスペシャル狂気の戦場 ペリリュー」

 これは録画しているのだが、録画してしまうといつ観るか判らない。なるべくオンエアで観よう。

 あまりにひどい戦いだったので、日米双方で封印されてしまった、という、その戦いを記録した16ミリフィルムが残っていた。

 それに残された映像だけでも、ひどい。もう、文字通りの殺し合い。生き残った双方の元兵士が語る。

 日本軍の「死守せよ」というのは文字通り、死んで守れ、という意味だからなあ。

 こういう戦い方を命令した参謀たちは、地獄で未来永劫、苦しめばいいのだ。

 それはアメリカ軍も同じ。海兵隊の手柄にしたい現地司令官に、情勢が変わったのに作戦は変えない上層部。

 これでは、兵士が可哀想だ。いつも死ぬのは兵隊。バカな作戦を立案して命令する参謀たちは安全な場所にいて、戦後もアレコレ言い逃れをして生き長らえている。死ぬまで自分の責任を一切認めなかった参謀(軍事裁判でも死刑にならなかった)も多い。大日本帝国の軍人なら腹掻っ捌いて死んでいった兵士に詫びなければならないのではないのか?

 だから、旧軍を賛美する気にはまったくならないのだ。軍属として戦争に行った親父からも嫌な話をいろいろ聞いているし。

 その後、フジのTOKIOの番組を見ながら、くーたんと遊んで、0時就寝。

 関ジャニ(おれはジャニーズのアイドルたちの中で、関ジャニだけはどうも好きになれない)主演のサスペンスドラマを夢の中で観た。明らかにハッキリした証拠を「堂々と見逃す」とか、サスペンスものをアタマからバカにしたような、なんというか、関ジャニにハマるパターン。「エイトレンジャー」(予告しか観てないけど)のノリで、それなりによく出来ているなあと、夢を見ながら感心していた。覚えていたらきちんと書き出せば、作品になるぞと思っていたが、目が覚めたら殆ど忘れてしまったけど。

 そんな夢を見たせいか、4時ごろ、寝苦しくて目が覚めた。

 凄い寝相だった。

 暑い!

 もう汗ダラダラ。悪夢にうなされて寝汗をかいたのではない。

 しかし、くーたんが心配したのか、やって来てニャアニャア鳴いていたぞ。うなされていたのかなあ?

 しかし、腹立たしいが笑える夢を見ていたので、悪夢で苦しんでいたのではないのだが。

 しかし室温は26度で暑くない。でも、体感では暑い。

 トイレに行って冷えた牛乳を飲み、エアコンを強くして寝直すと、急激に寒くなってきたので、また起きて、エアコンを戻して、また寝直す。

今朝の体重:90.75キロ

本日の摂取カロリー:2705kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+135kcal(水泳)+171kcal/4038歩+265kcal(自転車)

« 雨模様 部屋で映画を 二本観て | トップページ | 予定無くなり、空白の一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60147831

この記事へのトラックバック一覧です: 大盛りラーメン食ってテニスして夜中に大汗:

« 雨模様 部屋で映画を 二本観て | トップページ | 予定無くなり、空白の一日 »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト