« 懸案、次々に解決 | トップページ | 渡辺篤史さんの思い出と、もしも映画の仕事を今もしていたら »

2014年8月 1日 (金曜日)

今日は何故かあまり進まず

 5時過ぎに目が覚める。

 エアコンのタイマーが切れたのが4時。2時間で室内はサウナみたいな状態(かなりオーバーだが)に。暑くて目が覚めた。もう全身汗びっしょり。暑い暑い。

 やっぱり、熱帯夜の時は、エアコンは回し続けないとダメだ。

 室内の気温は29度だった。

 エアコンを付けて、寝直すが、1時間も眠れなかった。

 起きて、ゴミ出しをする。

 快晴。今日も、どこかに行きたい気分……。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。例によってトースト1枚にコーンフレーク、ゆで玉子。

 その後、窓用エアコンのための「窓の隙間封じ」を実行。これは、やろうやろうと思いつつ去年からやってなかった。

 窓用エアコンは窓を開けた状態で設置されているので、本来は、窓と窓の間の隙間を塞ぐ必要がある。3年前に工事して貰った時は、かなりガチガチに隙間を埋める工事をしたのだが、夏以外のエアコンを使わないときに窓が閉められなくなってしまった。これじゃあ不便なので、必要最小限のもの以外の「隙間塞ぎ」を剥ぎ取ってしまった。そうすると、結構すきま風が入るし、夜には虫も入ってくる。外の音も聞こえる。

 で、家に残っていた「3年前の工事で余った素材」を活用して、簡単に隙間を塞いでみると、大成功。音が殆ど入ってこなくなった。ヒレみたいなのを隙間に被せただけなのに。えらいもんですな。

 さあ仕事だ!と思うが、7月分の税金関係の書類を整理してしまう。おれは「先延ばし」が嫌いなので。と言いつつ、上記の「隙間塞ぎ」は2年も先延ばししてたんだけど。他にも先延ばしにしていることもあるなあ。食器棚の耐震ストッパー設置とか。ストッパー自体は買ってあるんだが。

 1時間ほどで書類整理は完了。税理士の先生に発送するばかりになる。

 だが……。

 なんだかこれで「本日の仕事はやったぞ」的なココロモチになってしまった。これから仕事の本番だというのに。

 昨日、出だしが巧く書けたので、ホッとしてしまったか?

 机の上を整理する。いつの間にか、メモとか紙類が溜まっていくんだよなあ。光文社の作品を書くのに「座右の銘」じゃないけど傍らに置いていた資料本を片付ける。ゲラはあるけど、取りあえず傍らに置いておく必要はなくなったし。

 なーんか、ウダウダしてしまった。まあ、かの桂米朝師匠も、高座に出て、ラジオに出て、弟子に稽古を付けて、空き時間に原稿を書いて、とびっしり仕事をしていたら、参ってしまって入院したと。人間、ぼんやりする時間は必要ですわ、とおっしゃっていた。と、言い訳に使うのはよーないなあ。

 昼は、しらす丼。今回はショウガ、ミョウガ、ネギをきちんとトッピングして、大葉まで載せたぞ。美味い。

 写真を撮ったけど、たいして美味そうに映らなかったので、カット。

 愛用のビーチシューズ、底が取れかけているのを発見。口が開いてパクパクになったら用をなさない。下田駅前で買っているのだが、下田に行くまでにダメになってしまいそうだったので、ネットで探してみると、よさそうなのがあったので注文。沖縄の店だった。

 それが届いた。履いてみると、なんともいい感じ。そんなに高くないし。やっぱり土産物屋みたいなところで売ってるものは、ダメね。

 「すき家」の第三者委員会が問題点を抉り出した。アルバイトや社員から話を聞いて、文字通り聞きしに勝る「すき家」の実態が明るみに出た。

「お客様のためにやってきたが」というが、ウソを言うな。お客のタメじゃなくて、儲けのためだろ?利潤を上げるために現場の人数を絞ってキツい労働をさせてたのはもうバレてるのに、今更ナニを言ってるんだ!この偽善者どもめが!


 「ワタミ」と同じく、今は幹部となった連中(当然、社長も含む。この社長は「幹部が」「幹部が」と他人事のように言っていたが、幹部って自分も幹部だろ!)の「おれたちはやって来たんだぜ!」「おれに出来たんだからお前らにも出来るはずだ!」という『成功体験』を部下やバイトに押しつけた結果、と言うのが共通している。

 「すき家」の方がマシなのは、それを検証して公表して、改善すると明言したこと。ここまでひどい内情を明るみに出せば、改善するしかない。その点は「ワタミ」よりマシだと思う。

 しかし、ワンマンオペレーションで10時間もトイレにも行けなかったというのは、まさに奴隷。牛丼奴隷。

 幹部というのは創業メンバーとそれに準じた連中だろう。会社がどんどん大きくなれば彼らは偉くなる。それだけモチベーションも上がる。持っている株だって上がって資産は増える。しかし、充分大きくなってから入ってきた社員や、会社の成長とか関係ないバイトくんに、同じ意識を持たせるのは無理で、同じように頑張れというのは強要・強制になる。

 バイトも社員も、辞めて当然。幹部たちの成功体験の強要って、ほんと、彼らは頭が悪い。どうしようもなく頭が悪い。というか体育会系的根性論が未だに横行しているという恐怖を感じる。

 戦国武将は城持ち大名になるという野望があって、それが実現すれば家臣も偉くなれる。それと同じモデルでしょ。でも今は「切り取り次第」な状況じゃないでしょ。外食産業はかなり飽和状態なんだし、デフレは一応脱しつつあるし、蟹工船みたいな職場で頑張らなければ食えない状態でもなくなってきた。

 それも判らない経営者って、ダメだよね。社員は家族と同じ、とか、どの口が言ってるんだ、と思う。

 しかし、そんな「すき家」も、「ワタミ」より実態を公表した点においては、マシなのだ。

 いかに「ワタミ」がひどいか。裁判での「ワタミ」側の言い分を読むと吐き気がする。

 ブラックと呼ばれるには、それだけの理由があるのだ。

 オッサンの成功体験ほど、邪魔なものはない。そんな自慢は飲み屋のネーチャンにでも喋ってろ!

 腹を立てていると、もう時間。カイロの予約をしてある。

 自転車でカイロへ。

 今日は右足首が痛い。デブを支えているからなあ。

 院長先生一家が日曜に江ノ島に行ったけど、日曜なのに人が少なくて驚いたと。やっぱり海に入っている人は少なかったらしい。やっぱり福島第一原発の事故以来、そうなったんだろうか。それと、海の事故が怖い?

 音楽禁止とかビーチで酒を飲むのも自粛、というのが効いてるのかな?ビーチで酒を飲んでもいい事にすると、空き缶を砂に埋めて帰るバカが多いからなあ。

 やっぱり、この規制は続けて欲しい。海はバカのためにあるのではないのだ!

 8月に入ると、状況はまた変わるような気もするけど……。

 診て貰ったあと、北千住東口商店街に回って、キュウリの古漬けを買い、くーたんのご飯を買い、久しぶりに「珍来」で夕食。

 酢豚定食を食べながらスポーツ新聞を読む。

 新田原の「女性を標的にした連続強姦殺人鬼」、まだ容疑者段階だが、いろいろクロである証拠はあがっている。こういうヤツって、取りあえず「身に覚えがない」と言うのね。しかしコイツは、本当にやったとしたら、極悪だぞ。少なくとの2人は殺してるんだから……。

 三鷹ストーカー殺人事件、犯人の池永チャールストーマスに懲役22年だって?軽すぎないか?どうしてこんな量刑になるの?前例踏襲?マジで軽すぎると思うが。裁判員裁判が始まって厳罰化の傾向があると言われているが、これは軽いだろう!

 

 帰宅したら、暑くてグッタリ。でも、夏は暑くなければ困る。

 帰宅して、済ませる予定だった用事を済ませていないことを思い出す。税金関係の書類も、投函すればいいだけの状態にしておいたのに、持って出るのを忘れたし。

 

 窓用エアコンの窓が閉まらないようにするストッパーを設置。と言っても、長さを合わせたつっかえ棒をサッシに置くだけ。これで完璧。

 ニュースを見たりしながら、原稿のための調べ物をしてメモにする。明日は頑張るぞ!

 しかし台湾・高雄の爆発事故は凄まじい。というか、市街地に工場用のパイプラインを走らせるという発想が信じられない。コンビナートを集めて作るという発想は台湾にはなかったのか?


 窓から池袋方面が望めるのだが、物凄い稲妻が走るのがハッキリクッキリ見える。その模様は本当に怖ろしいほど。しかし不思議と雷鳴はしない。ど迫力の稲妻は見えるけど、遠いのね。レーダー画像では山梨方面で落雷と出ているし……。

 風呂に入り、ピーナッツをむさぼり食って、くーたんと遊んで、「タモリ倶楽部」は録画して23時には寝てしまおうと思いつつ、フジの「僕らの音楽」を見てしまった。アルフィーって、スターじゃなかったの?こんなにネタにされる扱いだったの?

 坂崎さんは地域猫を守る活動をしていて、それが本になっていて、偶然読んで、坂崎氏を尊敬している。命あるモノは守る、不幸な猫は増やさない。そのために自腹を切っている。

 0時就寝。

今朝の体重:91.15キロ

本日の摂取カロリー:2246kcal

本日の消費カロリー:日常生活+10kcal/355kcal+122kcal(自転車)

« 懸案、次々に解決 | トップページ | 渡辺篤史さんの思い出と、もしも映画の仕事を今もしていたら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60082166

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は何故かあまり進まず:

« 懸案、次々に解決 | トップページ | 渡辺篤史さんの思い出と、もしも映画の仕事を今もしていたら »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト