« 新刊挨拶廻り最終日 | トップページ | 夏が去って秋が来て、これは「秋期鬱」?(いろいろ書き足し) »

2014年9月14日 (日曜日)

発作的乗り鉄プチ旅行と、三谷版「オリエント急行殺人事件」配役対照表

 6時過ぎ起床。

 快晴。

 秋晴れというか、もう完全に秋。

 

 今日は暑くなるらしいが、「最後の夏の日」みたいになる感じだなあ。海に行くにはラスト・チャンスだと思うが、相方は原稿書きで忙しい。それにまあ、連休だから、「最後の海に行こう!」という人たちも多いだろうし。江ノ島の「エッグスン・シングス」で食事して夏を締めくくりたいのは相方と同意見。しかしここは平日の夜じゃないと1時間待ちは普通だからなあ。いくら美味しくてもパンケーキを食うのに1時間は待てないぞ。

 朝のモロモロを済ませて窓外を見ると、青空がおれを呼んでいる。

 本能的に、この青空を逃がすと後々悔いが残る気がした。

 この時点の天気予報では、明日も晴れと出ているが……。

 今日は現実として、晴れ。しかし明日は予報では晴れだが実際はどうなるか判ったもんじゃない。

 よし、行こう!

 昨日、車窓から見て、森の中に鉄路が延びていて、なんだか夢のような鉄道だと感じた、「成田線」の、成田~我孫子間に乗ってこよう!

 いろいろ時間を調べて、行きは京成、帰りは1時間おきに出ている成田発上野行きの快速に乗ることにする。

 京成の駅前にあるお稲荷さんにお供えをして、新刊「友喰い」のヒット祈願をしてから、立ち食いそばとオニギリを食べる。

 

 京成の特急で、成田へ。

 京成成田とJR成田の間に、いろいろ店があるので、そこでランチ、と思ったが、全然腹が減らない。以前なら立ち食いそばとオニギリでは、すぐに腹が減っていたものなのに……老化か。ここ数日は大食いしていて胃が大きくなっているはずだから、ダイエットで胃が小さくなったとは考えにくい……。

 成田まで来たんだから、ウナギでも、と思ったが、無理して食うこともない。

 駅弁買って成田線の電車で食おうかと思ったが、駅弁屋は見当たらないし(「NEW DAYS」で売っていたのかも)、乗る予定の成田線快速にはグリーン車が付いていないので、ロングシートで駅弁を食うのは憚られる。

 

 ということで、駅弁抜きで11時15分発の電車に乗車。

 銚子や成田空港に向かう複線と分かれて、単線の成田線は森の中へ……。

 と思ったら、すぐに抜けてしまった。後から調べたら、埴生神社の鎮守の森だったようだ。

 本格的に、森の中を突っ切る路線に乗りたければ、小湊鐵道に乗るべきか。この路線は森の中をひたすら突き進むからなあ。

 成田線、次のお目当ては、利根川沿いに広がる、見渡す限りの田園というか水田の風景。以前乗った時、その青々とした稲がどこまでも広がる風景に圧倒され、感動した。

 それをもう一度見たい!

 が……。

 この地域は早場米なのね。稲刈りが進んで、田ん圃はイガグリ頭状態。

 え~。

 なんだか、がっくり。

 この辺に詳しい北山先生によれば、「稲刈りが終わったあとの、『ひこばえ』の田んぼが、最高」とのことだが、素人のおれには、ガックリでした。せめて実って頭を垂れる稲穂が広がっていれば、それはそれで素晴らしい眺めだったと思うんだけど……。

 我孫子に近づくと、普通の郊外住宅地の風景が広がってきた。

 車窓を眺めるのを止めて、iPadで「第2章」の構成を考えていると……寝てしまった。

 車内は凄く混んできて、普通の常磐線の車内と同じになった。

 次は、初夏に乗って、成田から銚子にも向かうか。以前、乗ったことあって、なかなか素晴らしい車窓の眺めだったなあ。

 夏服の女子中学生が床にベタ座りしていて、それをカッコイイ先輩がさりげなく注意していたのが実にカッコよくて青春してる!と眩しかったなあ。あ、これは銚子電鉄の車内でのことか。

 北千住で下りようと思ったが、京成の駅に自転車を置いたので、上野まで行って、上野で何か食うことにする。

 迷った末に、以前から気になっていた「光麺」に入る。ちょうど店内は昼時で混んでいて、少し待たされる。

 こういう時、女の客って食べるのが遅いし、ツレの片方が先に食べ終わってヒマだから喋り出して、まだ食っている方の進行が一層遅くなる。こういうのって、イライラするんだよなあ。ラーメンなんてツルツルッと食ってさっさと出ろ、と江戸っ子のそば食いみたいに思ってしまう。

 と思いつつ、5分も待たずに席が出来て、「とんこつラーメン全部乗せ」を注文。

 まあ、美味い、美味いけど、わざわざ上野まで来て待たされて食うほどのモノでもないか。

 食べている最中にiPhoneが鳴った。たぶん快楽亭からだろう。しかしこの店内で通話するのは憚れるので、無視。

 食べ終わり、勘定を済ませて店の外に出てかけ直したが、今度は師匠が出ない。留守電を入れておく。

 と、メールを見ると、週刊新潮N氏から。次の「黒い報告書」、〆切は特に決められていなくてアバウトに10月アタマと考えていたのだが、急遽、9月20日までに上げてくれと、予定が繰り上がった。

 19日に快楽亭に食事に誘われていたのだが、これはちょっと大事を取って置いた方がいい。いろいろ皮算用が失敗して両方に迷惑をかけるのは最悪。

 ということで、快楽亭に入れる電話の内容が180度変わってしまった。もう一度電話したが、出ない。夕方に電話し直すか。

 京成で戻り、自転車で帰宅。

 部屋に戻った途端に、快楽亭から電話。のっけに謝って、お誘いを辞退。次回の高座録音が10月18日に決まる。

 で、14時からはNHK-FM「きらクラ!」。毎回録音をしているのだが、何かのミスで録音出来ないかもしれないから、なるべくオンエアを聞くことにしている。

 今回は特記することなし。

 放送を聞きながらネットを見ていると、「三谷版オリエント急行殺人事件」のキャストが決まったと。

 シドニー・ルメットが監督したオールスターキャストの映画版のキャストと比較してみる。

(?)……ラチェット・ロバーツ(リチャード・ウィドマーク)

被害者の秘書・幕内平太(二宮和也)……ヘクター・マックィーン(アンソニー・パーキンス)

外交官・安藤伯爵(玉木宏)……ルドルフ・アンドレニイ伯爵(マイケル・ヨーク)

同夫人(杏)……エレナ・アンドレニイ伯爵夫人(ジャクリーン・ビセット)

陸軍大佐・能登巌(沢村一樹)……アッバースノット大佐(ショーン・コネリー)

家庭教師・馬場舞子(松嶋菜々子)……メアリー・デベナム(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)

万年筆の販売員・羽佐間才助(池松壮亮)……ジーノ・フォスカレリ(デニス・クイリー)

設定不明(藤本隆宏)……サイラス・ハードマン(コリン・ブレークリー)

教会に勤務する呉田その子(八木亜希子)……グレダ・オルソン(イングリッド・バーグマン)

羽鳥夫人(富司純子)……ハリエット・ベリンダ・ハッバード夫人(ローレン・バコール)

轟侯爵夫人(草笛光子)……ナタリア・ドラゴミノフ公爵夫人(ウェンディ・ヒラー)

轟侯爵夫人のメイド(青木さやか)……ヒルデガルド・シュミット(レイチェル・ロバーツ)

被害者の執事(小林隆)……エドワード・ベドゥス(ジョン・ギールグッド)

外科医・須田(笹野高史)……コンスタンティン医師(ジョージ・クールリス)

特急東洋の車掌(西田敏行)……ピエール・ミシェル車掌(ジャン=ピエール・カッセル)

西田の上司(高橋克実)……ビアンキ(マーティン・バルサム)

名探偵・勝呂(野村萬斎)…エルキュール・ポワロ(アルバート・フィニー)

 名前とか設定を考えると、かなり当たっていると思う。 

 しかし、肝心の、殺される悪党が発表されたキャストの中に見当たらない。

 ま、この配役当てはめも間違ってるかもしれないし、脚色で複数の役が統合されたり新しい役が出来るかもしれないし。

 しかし、いろいろ想像するのは楽しい。

 放送が終わったら、高校の後輩Aから電話。「たぶん『きらクラ!』聴いとって(部屋に)おると思うたけん」と。送ってくれたすだちのお礼に、心許りの品を贈った、そのお礼の電話。で、いろいろと話して、真理瓶師匠こと遠藤真理が地元のオケと共演するらしい。

 昔からある「文化センター」は、音がデッドでまるで響かなかったのだが、その後、反響板を設置して音が劇的によくなったらしい。クルト・マズアが来て、「このホールの音は素晴らしい!」と激賞したらしい。

 そんな、田舎の話題をあれこれと。

 徳島にも帰ってないな……たまには帰るかな。でも、何かイベントがないとなあ。帰省するイベントって、冠婚葬祭ってことで、今はもう葬式に法事だけだけど。

 録画した「アオイホノオ」をもう一度見たが、途中で寝てしまった。疲れが溜まってるな、これは。

 引き続き、「孤独のグルメ」も見る。こういう食堂、好きなんだよなあ。でも、枝川まで行ってハムエッグを食うのもなあ。

 「タモリ倶楽部」も見るが、今回はコケシがテーマで、あまり盛りあがらず。

 そこに相方から電話。「黒い報告書」の件で打ち合わせ。この仕事は、モデルになる事件を微妙に脚色しないといけない。というか、モデルになった事件はあくまでモデルで、事実の再録にしてはいけない。インスピレーションを得たという程度の扱いにしなければならないので、設定をどうズラすかが腕の見せどころなのだ。

 今からご飯を炊くのは面倒なので、パンをトーストして、ハムエッグを作って食う。渡辺徹は「洋食の朝飯をご飯で食うのが好き」と言っていたが、まさに同感!ホテルの朝食ブッフェではそれが出来るから好きなのだ。

 で……「軍師官兵衛」。

 今日の下りは、見るのが辛い。恭順の意を示して家臣として勤めを果たしている宇都宮一族を、秀吉の命とは言え、殺すのだから。いや~本当に、この回は見るのが辛かった。まあ、宇都宮氏が国替えに応じていれば問題はなかったのだが……。

 風呂に入り、溜まった新聞をざっと読む。

 民主党政権以降、なんだか新聞が読みたくなくなった。全マスコミが民主党政権の足を引っ張っていた感があったから。まあ、ワキが甘くて足を引っ張られる方が悪いのだが……。

 しかし、夕刊は面白い。夕刊だけ取れないかなあ?

 ゴミ出ししたりしていると、23時を過ぎてしまった。

 レシートの整理とかをして、気分をスッキリさせ、0時就寝。

 明日からは平常時モードに戻して、仕事だ!

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2693kcal

本日の消費カロリー:124kcal/3095歩+54kcal(自転車)

« 新刊挨拶廻り最終日 | トップページ | 夏が去って秋が来て、これは「秋期鬱」?(いろいろ書き足し) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60317622

この記事へのトラックバック一覧です: 発作的乗り鉄プチ旅行と、三谷版「オリエント急行殺人事件」配役対照表:

« 新刊挨拶廻り最終日 | トップページ | 夏が去って秋が来て、これは「秋期鬱」?(いろいろ書き足し) »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト