« 仕事進めて、テニス | トップページ | この暴力的な蒸し暑さは、なんだっ! »

2014年9月 4日 (木曜日)

今年始めての鴨川は、最高!

 6時30分起床。

 曇りだが、今日は、海、安房鴨川に行く!

 天気と波の具合を判断して、明日より今日、江ノ島より鴨川を選択。

 いや~しかし、週刊文春と週刊新潮の、今週号の広告は強烈ですな。先週、広告の掲載を拒否したから、ずっと掲載を拒否したままで通せるはずもないし、この保守系オヤジ雑誌はもっとエスカレートしていくだろうから、今週は掲載せざるを得なかったのね。先週載せていれば……そして池上さんの連載をそのまま掲載していれば……今回の件では社長など最高首脳の主導だったらしくて、下っ端のみならず幹部クラスの記者がツイッターで「社の方針」を攻撃する事態になっている。『最高首脳』の致命的判断ミスですな。メンツを守ろうとしてプライドを棄てなきゃいけない事態に立ち至ってしまったと思う。

 小学六年の頃からの愛読者としては、実に悲しむべき事態だ。

 朝のモロモロをやり、くーたんに留守番を頼んで出発。用意は常にしてあるので、ボディボード・ケースにその「まとまり」を入れるだけ。

 自転車で駅へ。

 早めに着いたので、立ち食いそばを食い、相方と合流。

 東京駅で駅弁を買い、八重洲口から安房鴨川行きのバスに乗る。長い行列が出来ていたのでヤバいと思ったが、君津行きの行列と合わさっていたのだ。

 大きなボディボードはバスのトランクに入れて席に着き、11時に発車。

 天気は悪い。心配になるほど。アクアラインから見る東京湾は重苦しく霞んでいるぞ。

 

 12時を過ぎて、弁当を広げる。季節限定の幕の内。ご飯が本当に少量で、その意味ではヘルシー。

 房総半島の山を越えて鴨川に近づくと、空は晴れてきた。

 定刻より10分遅れで、安房鴨川到着。乗客の殆どは終点の亀田病院まで行くらしい。鴨川が誇る日本有数の大病院。鴨川に住めば老後の医療は心配ない。金さえあれば。

 鴨川は最高の天気。日差しが痛いくらい。しかし鴨川でもセミは終わってしまったか。

 いつもとは違う道を歩いて海へ。

 近道だと思ったら遠回りになってしまって、所用時間は倍かかってしまった。しかし、美味しそうな店を見つけたりして収穫はあったぞ。

 去年もお世話になった、老舗サーフショップ「ノンキー」に荷物を預かって貰い、着替える。

Img_1670

 14時に、海へ!

 水はそこそこ温かい。波は、見た目は大きくてちょっと怖いが、実際はそうでもない。

 力が強くて、第一発目で、理想のライドが出来て、もう有頂天。

 波のトップから滑り降りて、ぐんぐん前進。上陸するには返しの波に阻まれて敵わなかったが、今年、江ノ島はもちろん下田・多々戸浜でも得られなかった最高のライド。

 最初の30分で、理想のライドが出来たので、もうこれでお腹いっぱいな気分。

 波の力が強い分、制御するのに力が要る。なので、だんだん疲れてきた。

Img_1669

 海の家も終わり、平日なので、サーファーも数えるほどしかいない。10人未満。もったいないねえ。こんないい波と天気なのに。まあ、サーファーにとっては物足りない波かもしれないが……しかし江ノ島ではなかなか得られない波だぞ!

 まあ、江ノ島には江ノ島独特の「ショボそうでそうでもない意外性のある波」があるのだが。

 いやあ、波ってのは人生そのものですな。

 ただ大きな波ではなくて、潮が凄く引いてその落差が大きい「掘れた波」を正しいポジションから乗れば、ほぼ100%完璧に乗れる。多少タイミングが狂っても波の強さで補正してくれる。しかしポジションを誤ると失敗するし、見た目だけが大きな波でも失敗する。いやあこれも人生の暗喩みたいですなあ。

 90分間、夢中で乗って、疲れたので、おれは休憩。相方は続けてやる。

 28度くらいの風。ちょっと涼しいが、陽が出ているので大丈夫。しかしカラダが濡れていると気化熱で体温が奪われて寒くなる。しかしそれを見越して、防温材入りのラッシュガードを着ているので、寒くない。それに日焼け止めを塗らなくていいので、快適。

 砂浜には、魚屋で売っている大きなアジと同じくらいの魚が数匹、打ち上げられている。トンビやカモメが食いに来ないのが不思議。江ノ島のトンビなら即座に盗っていくだろうに。鴨川のトンビはおっとりしているの?生存競争が厳しくないのかもなあ。

 15時30分を過ぎて、最後のライド。

 波打ち際に近いブレイク・ポイントから乗って上陸しようとしたが、どうも上手くいかない。相方は殆ど失敗なく上陸しているのだが。

 なのでおれは、第1ブレイクポイントから、ロングライドするのに戻る。波のトップから滑り落ちる快感はなかなかのもの。ジェットコースターは嫌いだけど、これは好き。一瞬宙に浮く感じがいい。凄く大きな波だと怖いが。そこそこの波、今日のような波が本当にちょうどいい。

 天気もいいし、すべてにおいて、今年のベスト・コンディション。

 来てよかった!

 16時30分までやり、お互い会心のライドが出来たところで、上がる。

 しかし……鴨川のきれいなビーチはゴミだらけ。破けたビーチボールに吸い殻多数に家庭用品かバーベキュー用品か、トイレの便器洗いとかプラスチックのトレイみたいなのとかサンポールの容器とか、ゴミが多いので、自分たちがいた範囲だけでも、と拾い集める。

 大きなレジ袋にいっぱいのゴミが集まる。

 ノンキーさんでシャワーを借りて、着替える。

 9月の末まで海は温かいよ、とマスターに教わったので、もろもろ事情が許せばまた来たい。

 おれにとって、鴨川は聖地。というか、理想の波があるところ。今年に限って言えば、下田・多々戸浜より鴨川がダントツで素晴らしかった。まあ、多々戸はもともと波が難しくて上級サーファーが集まるところなので、へっぽこボーダーなおれたちには難易度が高いところではあるのだが。

 鴨川の夜といえば、居酒屋「居瑠家」。しかし、水を吸った水着で重くなった荷物を持って、駅から結構ある「居瑠家」まで歩くのはシンドイ。

 ビーチ近くの「オリーブ」は、不定休というか、営業時間がいい加減。昼は開いていたのに、夜は閉まっている。「食べログ」に載っている定休日ではないし営業時間なのに。店に電話したら「今日は締めてます」だって。ここ数年、夜の時間にこの店がまともに営業しているのを見た事がないぞ!17時以降の夜の部。商売っ気がなさ過ぎるというか、ルーズというかアバウトというか……。シーズン中はシーズン中で別な理由を付けて店を閉めていたし。やる気あるのか?「アド街ック天国」とかテレビでよく取り上げられるようになって、いい気になってないか?

 こういう投稿を「食べログ」に書いても「店の悪口」と見なされて掲載を拒否されてしまうから、ここに書いておく。

 この店が好きなのに、入れない怒りだ!

 で。

 去年行って、感動的に美味しかった、磯料理の「長久」へ。

 ここは駅に近いし、美味しい。ただ、居酒屋ではないし、老夫婦が切り盛りしている店だから、ほんとの磯料理だけ。「いるか」ならいろんなお酒にいろんな料理が楽しめるんだけどな……でも、鴨川郵便局の向こうまで行くのはけっこう遠い。

 「長久」で、さんまの塩焼き定食。それに、なめろうと冷や奴を相方とシェア。

 生中を飲む。美味い!

 さんまも脂がのっていて、美味い!なめろうはちょっと薄味だった。

 オバチャンが話好きで、カウンター越しに話が弾んだ。こういう店もいいねえ。

 昔からの店で、地元の常連さんが集まる店でもある。

 「いるか」だと長居するけど、ここだと食事を終えたら、もうおしまい。おれたちは、魚をつまみにえんえん飲むタイプではない。

 バスの時間が合わない。ならば、電車にしようと調べると、この時間は電車の方が速く着くぞ!乗り換えは多いけど。

 ということで、18時47分発の外房線勝浦行きに乗る。

 外はもう真っ暗で、何も見えない。

 そうなんだよねえ、9月に入ると夜が早く訪れるもんねえ。

 勝浦と上総一ノ宮で乗り換えて、東京行き快速に乗って、船橋まで。

 ずっと最後尾の車両のボックス席に座れた。これはこれで快適。上総一ノ宮からの快速にはグリーン車が付いていたが、ずっと普通席で。

 船橋で京成に乗り換えて、22時前に無事、帰宅。

 くーたんの機嫌を取り、ご飯を出して、おれは風呂。

 あ~疲れた。ビールで酔っ払ったこともあるけど、昨日のテニスの疲れが重なって、クタクタ。

 代々木公園、一部を除いて閉鎖。23日の反原発集会はどうなる?やっぱり反原発運動潰しで、デング熱ウィルスをばら撒いたのか?いや、実は代々木公園の蚊はかなり以前からデング熱ウィルスを持っていたのだが、この夏初めて報道されたのだ、という説もある。反原発運動潰しに報道も荷担しているとしたら、反朝日猛攻撃が完全な茶番になるぞ。

 「アメトーク」を少し見て、0時ごろ就寝。

今朝の体重:90.70キロ

本日の摂取カロリー:2312kcal

本日の消費カロリー:630kcal(ボディボード)+221kcal/6206歩+54kcal(自転車)

« 仕事進めて、テニス | トップページ | この暴力的な蒸し暑さは、なんだっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60262889

この記事へのトラックバック一覧です: 今年始めての鴨川は、最高!:

« 仕事進めて、テニス | トップページ | この暴力的な蒸し暑さは、なんだっ! »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト