« う〜。ゲラが進まん | トップページ | 圧力鍋でご飯を炊いてみた »

2014年10月10日 (金曜日)

ゲラ上げて、スタイラスペンの実験など

 7時ごろ起床。

 晴れ。

 しかし、台風が迫っているぞ。

 天気がいいから、ベッド・パッドを洗濯して干す。

 他、例によって朝のモロモロも済ませるが、どうも日記には書き漏らすことが多い。

 滋賀で「しつけ」と称して我が子を鎖で繋いでいたクソ親。こういうバカ親は「しつけ」と「虐待」の違いが判らないらしい。どう言う理由で我が子を鎖で繋いで、僅かな食い物とオマルを置いておくようなことをするのだ?

 この親に問題があることは、以前から学校も警察も児童相談所も知っていたのに「見守っていた」んだと。要するに、問題親と揉めたくないから先送りしていただけってことだろ?

 今回は取り返しのつかない事になる前に、友達が発見して近所のおじさんに助けを求めて助かったが……。

『逮捕を受け、市家庭児童相談室の細川顕室長は「訪問は玄関先までで、家の中の状況はわからなかった。市としてはできる範囲で対応してきた」と話した。一方、学校は7月にやけどの痕なども確認しており、市教委の清水伊佐雄副参事は「7月の時点で助けるべきだった」と語った』

 って、いつも同じ反応。全然失敗から学んで改善しているようには見えない。

 まあ、人手が足りないのも知っているし、警察みたいに強制力が無いから毒親に上手く対処出来ないのも判るし、現状でも以前よりずいぶんマシになっているのかもしれないが……。

 「出来る範囲で対応」していて、死んでしまっても、同じ事を言うんだろうなあ。

 大阪でも二歳児を虐待していた親が逮捕。この子はこれまでに二度も保護されていて、問題親だと判っていた。

 だいたい、過去に虐待をした親が、どれくらい改心するのだろう?虐待した親に子供を戻して、結局殺されてしまうケースは多いのに。

 事故と虐待の見分けは難しいだろうとは思うが、一度ならず二度も、となると、そういう親は信用出来ないと判断すべきではないのか?

 北海道で母親と祖母を刺殺した女子高生の事件は、痛ましい限りで、この子にはまったく罪はない。

 虐待されても親を殺す子はいないから、とこの子を責める「識者」もいるが、虐待親を殺さない子は、完全に洗脳されているか、極限まで我慢しているのだ。そういう子供を基準に考えてはいけない。ただの少年犯罪とはワケが違うのだ。

 アサメシは、目玉焼きに……と思ったら、卵がない。今から買いに出るのも面倒なので、ご飯にインスタント味噌汁にしらすに漬け物で済ます。

 で、仕事開始。

 ゲラがどうして進まないのだろうとつらつら考えるに、さっさと処理してしまおうという意識が先に立っていたからだと気づく。

 頭から順にきちんと読み直して、直すべき所を直すという、通常の方法を取ればいいのに。

 そう思って、改めて頭から読んでいくと、今日は内容が頭に入って、どんどん進む。昨日からこうしていればよかったのに!

 で、「ここの部分は設定を変更して直した方がいいのでは?」とチェックされた箇所に来た。

 何度も読み返すが、官能小説としての見せ場として書いた部分なので、その「キモ」をカットするのは官能小説としてどうなんだろう?と悩む。

 悩んだ末に、ここは元のままにすることにして、最後までやってしまった。

 しかし……本当に、信頼する編集のY氏の意見を無視していいのか?と悩みはじめて……。

 だったら確認した方がいいではないかと、メールを出す。

 返事が来るまで外出。

 iPadを使って、PDFファイルで届いたゲラを、外でチェック出来ないか、と。出来るのだが、iPadの画面を指でなぞって文字を書くと、細かい文字が書けないし、画面が汚れてしまう。

 画面には保護シールを貼ったが、やっぱり指で書くよりスタイラス・ペンを使うべきじゃないのか?

 調べてみると、スタイラス・ペンって高い!細い文字が書けるという、Evernoteお勧めのものは8000円超。他のものだって数千円する。買ってみて期待外れだったら高くて無駄な買い物になる。

 で、いろいろ調べていたら、100円ショップの「セリア」のみスタイラスペンを扱っていることを知った。

 ウチの近所だと、千住大橋のポルテポンタの中にある。

 ということで、千住大橋へ。

 久々に「大戸屋」でカキフライを食べてから、「セリア」へ。

 ありましたありました。100円のスタイラスペン。DS用という細いのも売っていたので、使えなくてモトモトな気分で、両方買う。

 帰宅したら、編集Y氏から確認メールの返事が届いていた。どうして直して欲しいと思ったのか、その理由が詳細に記されていた。

 それを読んで、おおいに納得したので、直しにかかる。

 けっこう大直しで分量も多いので、「差し替え」することにして、親本のテキストデータを捜して、その箇所を抜き出して、テキスト上で書き直す。ゲラに書き込むより読みやすいし、その方が早い。

 カットするだけでは弱いので、新たな要素を付け加えてみた。

 ゲラの書式にあわせてプリントアウトしてゲラに入れ、ゲラ拝終了。

 で、買ってきたスタイラス・ペンを試してみる。

 DS用のものにはiPadは無反応。もう1本の方は使えたが、線が太くて……。

Img_1699

(過去のゲラをPDFにしてテストに使ってみました)


しかし違うアプリで使ってみると、細い線が書けたが……まあ、外出時の緊急用としては使える。

Img_1700

 時間は、ちょうど夜。

 北千住東口に出て、くーたんのキャットフードを買い、「定食かあちゃん」でさんま塩焼き定食を食べる。やっぱりここは美味い。焼き魚は外で食べる方が絶対美味い。肉なら自分でも美味しく焼けるんだけど……。

 その後、ドトールで相方に会って、ゲラを渡す。そして、しばし打ち合わせと雑談。

 アメリカのクソ学生が動物園に忍び込んで雌のフラミンゴを盗み出して放置して大怪我を負わせてしまって、安楽死させることになってしまった、と。そのフラミンゴを守るために雄のフラミンゴも大怪我を負って死んでしまったと。このつがいのフラミンゴの死に涙するとともに、このクソバカ学生に同じ目に遭わせてやるべきだと思った。イラクに連れて行って放置してくるとか。イスラム国の連中がナイフで首を切ってくれるだろう。

 店が閉まる21時ごろまで居て、帰宅。

 ノーベル平和賞は、マララさんに。史上最年少。しかし、この結果には誰しも納得するだろう。イスラム原理主義者以外は。

 日本国憲法第9条が受賞するのは無理があった。人じゃないし。こう言うとアレかもしれないが、環境破壊訴訟の原告に、その森に住んでいる動物が名を連ねるような無理さを感じていたので、まあ、順当でしょう。

 というか、身体を張って、自分の命もかけて、女性が教育を受ける権利を主張するマララさん以上の受賞適任者は居るか?

 頭部を銃撃されても奇跡の回復を遂げたマララさんは、たぶん、神に選ばれた人なんだと思う。

 フットボール日本代表の対ジャマイカ戦はニュースで見た。オウンゴールで勝ったのか。ゴン中山が言う通り、あと3点くらい入れておくべき試合展開。イライラするなあ。こういう時、きっちり点を取れないと、日本はもっと上には行けないんじゃないの?本田も岡崎も、チームでは絶好調なのに……。

 絶好調なときに日本に呼び戻されて少しやって、またチームに戻る、というのは、コンディション管理とか、大変だろうと思う。本音では、チームに専念したいだろうし。絶好調なら尚更。

 でもまあ、日本代表で活躍して注目されたから外国のチームが呼んでくれたんだし……痛し痒しですな。

 たしかテレ東が「緊急特別ドラマ」として中村教授の「闘争人生」を描いたものを放送するはず……と思ったら、それは昼間に放送していたのね。完全に見逃した。

 「金スマSP」を見たり、BS-1で「的に命中させるのにお前の弓道は弓道じゃないと言われて苦悩する天皇杯の覇者」のドキュメンタリーを途中まで見る。

 おれ、中学の頃に少しだけ弓道を囓ったのだが、とにかく礼儀作法がうるさかった。日本のものは茶道もそうだが、「道」がつくものはみんな同じ。厳しい作法を会得すると、「心」が見えてくると。

 そういうものなのかもしれないが、その「心」って、人それぞれのもので、絶対的な基準はないわけでしょ?弓道の場合、的に命中させるのは「絶対的な基準」だと思うんだけど……それだけではないのだ、と言われると、そうなのかもな、とは思う。しかしおれは、そういう曖昧模糊としたものはひどく苦手だ。

 まあ、西洋のスポーツも、ある線を越えて、スーパーな領域に達すると、自ずと心も磨かれていって、最後はその差が結果に出るようにも思える。ココロとか作法とか、そういう事をまず言われると、拒絶反応を起こしてしまうだけで、行き着くところは洋の東西を問わず、同じなんだろうけど。

 風呂に入って、ゴミを出す。

 今夜はまだ生暖かい。夏の終わりという感じ。

 難航したゲラも、結果的にはするっと終わったので、今夜はビールを飲む。

 6Pチーズを囓りつつ飲んだ350ミリリットル缶1つだけで、寝てしまうほど酔っ払って、「タモリ倶楽部」を見ながら寝てしまった。

 気がつくと「ぷっすま」が始まっていたので、ベッドへ。

 1時過ぎ就寝。

今朝の体重:90.95キロ

本日の摂取カロリー:2288kcal

本日の消費カロリー:日常生活+67kcal/1741歩+111kcal(自転車)

« う〜。ゲラが進まん | トップページ | 圧力鍋でご飯を炊いてみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60458078

この記事へのトラックバック一覧です: ゲラ上げて、スタイラスペンの実験など:

« う〜。ゲラが進まん | トップページ | 圧力鍋でご飯を炊いてみた »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト