« ゲラを見て「ジャージー・ボーイズ」を見た! | トップページ | プロット立てて気学教室 »

2014年10月22日 (水曜日)

「ジャージー・ボーイズ」のことで頭がいっぱいになりつつ、仕事してテニス

 昔、「たいようがいっぱい 巨人が二敗」という駄洒落があったけど、もう大洋ホエールズはないもんね。

 戴き物のご紹介を。

Kasumi

「フライプレイ!」霞流一(原書房2000円+税)

 この帯の惹句が気になるじゃありませんか!

 「探偵スルース」と言えば、アンソニー・シェーファーが放った推理劇の金字塔で、映画版はサー・ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインという超演技派の大激突。英国流の「ユーモア」「ウィット」という口で人を殺す最大の武器を駆使する二人が、英国社会の裏側にある階級制度とかイヤミったらしい英国流のスノッブさをこれでもかと叩きのめしつつ、推理の限りを尽くして相手の裏をかきまくる、なんとも物凄い怪物的な作品。

 かたや日本が誇る演劇の金字塔「熱海殺人事件」。「ブス殺し」というタブーな言葉を世に放ち、「つまらない殺人事件を誰もが忘れない超有名な事件にしてしまおう」という筒井さんチックな擬似イベントな話に乗せて観客を爆笑させつつ、実は奥が深くて重いテーマが潜んでいる、今も改変版が上演され続けられている、ロジックを駆使した大傑作!

 この2作を下敷きにした……と言うだけで、空恐ろしい。

 しかも作者が、バカミスの王者・霞流一だ!

 と、敬称略で書いてしまいましたが……霞さんは、売れない脚本家時代にとてもお世話になった方で……こちらが安い文庫本しか進呈できないのに、霞さんからはこんな高価なハードカバーを送っていただいて、毎回恐縮しております。

 しかしこれは、そんなことを抜きにして、絶対面白い!

 で。

 7時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませるが、日記と映画感想文を書くのに時間がかかった。この映画感想文、思えば中学生の頃愛読していた「月刊ロードショー」に、「映画日記」の付録が付いてきて、それに書き留め始めてから、ずっと続いている。子供の頃の感想文を読むと、実に幼くて微笑ましい……今もあんまり変わらないか。無駄な知識ばかり増えたけど。

 

 で、「ジャージー・ボーイズ」の感動が、時間が経るにつれ、余計に強くなってきた。で、細部を思い出して感動の反芻をしてしまうと、涙ぐんでしまったり。

 「Jエドガー」で、記者会見か何かの場面でマイクのセットの仕方がメチャクチャで、どこの素人がこんなことしたんだ!イーストウッドの映画とは思えない!と憤慨したのだが、今回はさすがに、録音スタジオのセッティングは完璧で、時代の移り変わりとともに使っているマイクも変えて(同じノイマンでも50年代はU47、60年代はU67で、ライブではシュアーの俗称スケルトン、屋外のイベント会場ではもっと安物の、そのへんのダイナミックときっちり正確に使い分けていた)のが判ったりして……。

 それと、ニュージャージーの「あの辺」って、東京で言えば足立区みたいな感じ(あくまでイメージ)なんだなあと。マンハッタンのハドソン川を挟んだ対岸にあるのも、似たような感じで。あの悪ガキ時代って、ビートたけしが描く少年時代に似てるじゃないか。とかとか。

 でもやっぱり、ラストの大ミュージカル・シーンが本当に圧巻で感動的で、それを思い出すと、ほんと、涙ぐんでしまう。あの場面には、4人の人生が詰まってるんだよなあ。そう思うと余計に……。

 イーストウッド、というか、この映画に関ったスタッフ全員を賞賛したい。本当に、掛け値無しの名作なんだよねえ。

 体調不良で2度も中座したのが悔しい。もう一度きちんと見なきゃ。

 で、角川の第3章、相方から「直しメモ」が来たので、それに沿って手直し。

 途中、ブランチを挟む。

 圧力鍋でご飯を炊く。条件を少し変えて焚いたら、また腕を上げた。お焦げは美味しいけど、あんまりお焦げが多いのもアレだ。なので弱火にして炊く時間をレシピにある5分から4分にしてみたら、お焦げが減っていっそう美味しくなった。

 もう、炊飯ジャーは要らないな。

 卵かけご飯。お代わりして海苔としらすとさつま揚げで。美味い。これにアジの開きがあれば最高の朝食。旅館の朝飯ですな。

 しかし、旅館で食う「わさび漬け」ってあんなに美味しいのに、買ってきたやつはさほどでもないのはどうしてだろう?やっぱり旅先で食べると、何でも美味しく感じるんだろうな。

 仕事再開。

 思った以上に時間がかかり、15時前に終了。相方と角川の担当N氏に送る。

 その後、快楽亭のポッドキャストを手直ししてアップロードし直し、Jノベル第2回にかかる。

 まずは、相方の下書きを読んで頭に入れる。

 が……送稿しているともう17時。

 テニスのしたくをして、「5時に夢中!」を途中まで見て、出かける。中村うさぎの顔のむくみはかなり取れてきて、病気も一段落したようで、喜ばしい。美保純は相変わらず可愛らしくて、彼女こそ「美魔女」ですな。「感じるんです」の頃とあんまり変わらないのは驚異的じゃないか!

 で、雨の中、テニスへ。

 開始まで子供たちのレッスンを眺めていたら……「ジャージー・ボーイズ」でフランキーの愛娘が死んでしまうシーンを思い出して、涙が出てしまって困った。おれには子供はいないけど、猫が死んでもあんなに悲しいんだから、子供に死なれたらどれだけ悲しいことか、と思うと余計に悲しくなって。

 他人の子供がテニスをしているのを眺めながら涙ぐんでるオッサンって、気味悪いよね。

 で、前回から、腕だけで打つんじゃなくて、腰から打て、という教えを実践しようとしているのだが、なかなか……。特に試合になると、どうしても腕だけで打ってしまう。で、腕が痛くなる。

 試合は、いいところでドジを踏んで、今日はいい感じだったけど勝ちきれなかった。

 風呂に入って、何を食うか考える。

 熟慮のすえ、「上海菜館」で、今週のスペシャル(肉味噌茄子炒めの定食)と蒸し餃子を食べる。豆苗のニンニク炒めもあったのだが、単品だと量が多すぎるので、我慢。二人で来てシェアすればいいのだけど。

 食べてるときに、店のテレビではボクシングの試合を中継していた。大変失礼な話だが、格闘技全般に興味がないので、誰が誰と何級の試合をしているのか全然知らない。

 テニスの後、歩いて帰宅するのはシンドイ。けど仕方がない。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、「報道ステーション」を見るが、スポーツコーナーの前で寝てしまった。

 目が覚めると「マツコ&有吉の怒り新党」が始まっていて、ちょっと見て、11時30分頃に就寝。

今朝の体重:90.20キロ

本日の摂取カロリー:1315kcal

本日の消費カロリー:702kcal(テニス)+228kcal/5288歩

« ゲラを見て「ジャージー・ボーイズ」を見た! | トップページ | プロット立てて気学教室 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60530533

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャージー・ボーイズ」のことで頭がいっぱいになりつつ、仕事してテニス:

« ゲラを見て「ジャージー・ボーイズ」を見た! | トップページ | プロット立てて気学教室 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト