« 仕事のみ | トップページ | 異様に眠かったが、仕事のみの1日 »

2014年10月 3日 (金曜日)

勝手乍ら本日を夏の終わりとさせて戴きます

 6時30分頃起床。

 快晴。

 これはもう、海へ行くしかない。

 サーフィン情報サイトで確認すると、本日の波は片瀬西浜の新江ノ島水族館前では「ありすぎる」ほどの波。台風18号の余波。

 気温も29度になって晴れ、水温も24度。

 これはもう、今年の本当のラスト・チャンスだろう。

 先週、江ノ島に今年のお別れをしてきたのだが……本当のお別れを言いに行こう。

 ということで、江ノ島行きを決定。

 朝のモロモロを済ませた後、出発まで仕事。

 こういう時に限って、集中力が出て仕事が進んだよなあ……。この調子でいけば確実に「第2章」は終わるのに。

 と思いつつ、時間。10時前に仕事を中断し、書けたところまでを相方に送り、手早く支度をして、くーたんに留守を頼み、外出。

 駅前のコンビニでおにぎりを買い、立ち食いそばでそばをかき込んで、駅へ。

 予定通り10時30分に相方が現れて、そのまま電車に乗って、日暮里でパンを買い、東京・藤沢経由で片瀬江ノ島。

 車窓に広がる抜けるような青空!

 部屋で仕事をしていたら、たぶん、数ヵ月は後悔しただろう。

 波は今後高くなってくるようなので、13時を待たずに即、ラブホにチェックイン。

 水着に着替えて、海へ!

 先週のマイルドな笑みを浮かべた優しい海とは表情が違っていて、かなり険しい感じ。といっても「しけ」の「険しさ」とは違うが、「ちょっと、何しに来たんだよ」という感じ。

 でもまあ、そう言わずに、せっかく来たんだからちょっと遊ばせてくださいよ、と心の中で言いながら、海に入る。

 水温は、ちょっと冷たいがすぐに慣れる。

 サーファーの邪魔にならないように場所を選んで、乗る。

 今日の波は小さく見えても力はある。江ノ島にしては強い波。

 最初はタイミングが掴めずに失敗したが、すぐに要領が判って、乗れた。

1003

(写真がないと寂しいので、サーフィン情報サイトの、3日14時30分頃の映像を借用。画像が鮮明なら、我々の雄姿も写っているはずだが……)

 乗った波が盛り返して、波のトップに押し上げられて、そのまま滑り降りる。

 勢いが付いたまま、波打ち際へ!

 まあ、外房やハワイじゃないから、そこそこの波なのだが、それでも、波のトップから滑り降りる感覚は、なかなかのもの。これがあるから病みつきになるんだよなあ!

 ただ、複雑な波なので、ボードをうまく制御しないと振り落とされてしまう。

 息を詰めて波打ち際まで行くので、終わるともう、ゼイゼイ。

 先週と大違いで、今日はいい波に乗ると凄く体力を使う感じ。

 かなり波があるのに、ウィンドサーフィンをしている人も。これって、穏やかな逗子とかの方が似合う。まあ、いつもの江ノ島なら似合うんだけど。

 15時30分頃まで、やる。

 もう、かなり体力を使った。しかし相方は「力を入れなくても乗れる」と余裕。この辺が違うところなんだろうな。おれは力が入ってしまって、疲れるし、巧く乗れなかったりするし。

 なんか、剣豪の教えに通じるなあ。テニスにしても、無駄な力が入ると疲れるし腕を痛めるし、いい球が打てないのと同じか。

 で、今度こそ本当に、江ノ島さんに今年1年のお礼を言い、来年もよろしくと言い、一礼。ゴミは特に無かった(江ノ島は藤沢市の人なのか地元のボランティアの人なのかがキレイにしているし、サーファーはゴミを出さない。鴨川が汚いのは、漂着物が多いのと、清掃作業をしないからなのだろう)ので、拾い集めない。

 その代わり、切り立った岩石とかが波打ち際に幾つかあるのをビーチの奥に投げたり。

 部屋に帰って風呂に入り、簡単に水着を洗い、休憩。買ってきて残っているパンを食べたり。

 18時過ぎにチェックアウト。シーズン中でも、海の家を使うよりラブホの方がゆっくり風呂には入れるし、疲れたら横になれるし、料金的にもそんなに変わらないから……でも、みんな考えることは同じだろうから、空室なんかないんだろうな。

 エッグスン・シングスへ行く。テラス席なら待たずに座れるというので、テラスへ。しかし風が強い。

 先週は食い過ぎたので、反省をこめて、サラダをシェアして、おれはBLTバーガー。相方はパンケーキ。5枚中2枚を貰う。

 正直、エッグスン・シングスでハンバーガーを食べても感動はない。美味いけど、特に感動はない。しかし、パンケーキを食うと、感動がある。この優しい甘さは他には代えがたい。なんというか、感動がある。先週食べた料理にもそれに通じるモノがあったのだが……ハンバーガーにはなかった。まあ、他の店でもっと美味いハンバーガーが食えるからなあ。

 で、この「不思議な優しい美味しさ」を相方に言ったら、「ここのホイップクリームは空気の含有量が多いからよ」と、まるで理系男子みたいな答えが返ってきたので、「もっと形而上的というか抽象的な事を言ってるんだ!」とネタにして笑う。

 8時6分片瀬江ノ島発の電車で藤沢。ココ始発の快速急行に乗り換える。が、急に腹が痛くなってボードを相方に託してトイレに走る。

 思ったより早く折り返しの電車が到着してしまったが、トイレから走ってドアが開くにの間に合って、相方からボードを受け取って、無事、車内へ。相方一人だったら荷物が多すぎて大変で申し訳ないことになるところだった。

 席を確保して、やれやれ。

 このまま代々木上原まで。

 先週は各停を乗り継いだので3時間もかかったが、今日は速い!2時間で町屋まで辿り着いた。

 22時過ぎに帰宅。

 シャワーを浴びつつボードを洗い、洗濯機を回す。

 MXテレビで、偶然、新番組のドラマ「新解釈・日本史」を見る。ドラマと言うよりコント。ムロツヨシが信長に扮して、まるっきり潔くなく、ジタバタする姿を……ってこれ、やっぱりコントじゃん!演出は「アオイホノオ」の福田雄一だった。「アオイホノオ」ロスに陥っているので、金曜の夜はこれを見て癒されようか……しかし、癒されるような番組じゃないなあ。

 くーたんをじゃらそうとするが、イマイチ乗ってこないし、疲れ切ってフラフラなので(日焼け止めを塗らなかったので、ちょっと熱射病になったかも)、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:90.80キロ

本日の摂取カロリー:3028kcal

本日の消費カロリー:720kcal+185kcal/4499歩+51kcal(自転車)

« 仕事のみ | トップページ | 異様に眠かったが、仕事のみの1日 »

コメント

「冬の初め」ということですか。

喜悦師さま:
短い秋の始まりということで、どうかひとつ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60418451

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手乍ら本日を夏の終わりとさせて戴きます:

« 仕事のみ | トップページ | 異様に眠かったが、仕事のみの1日 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト