« 新刊書店巡り1日目 | トップページ | 壊れゆく旧友 »

2014年11月30日 (日曜日)

新刊書店廻り2日目

 7時前起床。

 曇り~晴れ~曇り。

 朝のモロモロを済ませて、外出。新刊挨拶廻りの2日目。

 別行動を取る相方にPOPを渡して、北千住駅。

 アサメシを北千住東口商店街の「定食かあちゃん」で取ろうと思ったら、アサメシの時間が過ぎていたので、断念。

 自転車を置いて、電車に乗る。昨日の取りこぼしの東京駅周辺から。

 で、八重洲地下街でどこかメシが食える店があるだろうと歩いたら、居酒屋の「初藤」が朝食をやっていた。と言ってももう11時近くだったんだが。

 ベーコンエッグ定食が美味かった。

 本日は神奈川方面を攻める。

 順調に廻って、羽田空港のドトールでホットドッグとジュース。

 駅ナカとか地下街のランチタイムに強烈に惹かれつつ、しかし腹も減っていないのに食べることはないという自制が効いて、通過。

 いつも伺っている書店さんで、とても嬉しいディスプレイが。ちょっと恥ずかしかったけど、本当に有り難いことだ。今後も頑張ります。

 初めて伺う書店さんにも寄って、16時過ぎに終了。

 北千住に戻り、夕食。「珍来」で野菜炒め定食。

 買い物をして、18時ごろに帰宅。

 もう、へとへと。

 風呂に入ってから、冷蔵庫にあったモヒートを飲み、チーズとクラッカーを食べつつ、「軍師官兵衛」。

 親子で立場を変えて、「大決戦」に挑む。徳川vs.三成の戦いは長期に及ぶというのが官兵衛の見立て。まあ普通、そう思うよねえ。その間に九州を平定(島津は?島津って危機を何度も凌いできたよねえ)してその勢いで手薄になった中国に攻め入り、播磨に達するという青写真を描く。しかし、その先はどうするつもりだったのだろう?家康と三成の勝った方に有利な条件で連合を申し入れるつもりだったのか、疲弊した両軍を引き抜いて、「第三勢力」で勝ち上がろうという目論見だったのか?

 「ごめんね青春!」は意外な展開で、実に面白いが、「あまちゃん」みたいな人畜無害でハートウォーミングじゃないから、視聴者を選ぶのは確か。でもそれがクドカン本来の姿だからねえ。

 ゴミ出しをしたりして、22時を過ぎたらもう、眠くてたまらなくなったので、就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2094kcal

本日の消費カロリー:464kcal/11540歩+76kcal(自転車) 

« 新刊書店巡り1日目 | トップページ | 壊れゆく旧友 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60741510

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊書店廻り2日目:

« 新刊書店巡り1日目 | トップページ | 壊れゆく旧友 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト