« おれだって怒るときはあるのだ | トップページ | 仕事して打ち合わせ »

2014年11月16日 (日曜日)

「きらクラ!」に採用されたりメガネ屋と和解したり

 7時30分起床。

 晴れ。

 

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 しかし、最終章を書き出すまで、もう少々時間がかかる。

 ブランチは、ご飯に目玉焼き……の予定だったが目玉焼きをフライパンから取り出すのに失敗して両面焼きの状態になってしまったので、ご飯にトッピングしてナシゴレンみたいにして食う。それにちりめんじゃこを混ぜる、かなり美味い。

 なんだかんだですぐにお昼になってしまった。

 NHK-FMを付けると、「松尾堂」をやっていて、昭和アイドルについて、元アイドルの太川陽介とアイドル研究家でもあるクリス松村が語り合うのが実に面白かった。クリスは研究家としての豊富な知識を開陳し、太川陽介は実体験を話すから、理論と実践の両面を知る事が出来て、なかなかタメになった。ちょうど太川陽介の「半生」は朝日新聞日曜版に全3回に渡って載っていたし。

 アイドルの恋愛について、百恵と友和は、映画もドラマも雑誌の表紙もだいたい二人揃ってだったので、この二人が結婚することについて違和感はあまりなかったので、ファンの反感も買わなかった「例外的なもの」というのはナルホドと思った。

 アイドルも奥が深いなあ。

 で、14時からは「きらクラ!」

 この番組にはクラシック曲のイントロ当てクイズ「きらクラどん!」のコーナーがある。今回の正解はレスピーギの交響詩「ローマの祭」の第1部「チルチェンセス」の冒頭だったが、おれは「ニアピン賞」狙いで投稿したら、読まれた!いつも狙った時は不採用で、どうせダメだろうと思いつつ投稿したモノが読まれる。不思議なものですな。

 おれが投稿したのは、アルフレッド・ニューマン作曲の映画「アナスタシア」(邦題は「追想」)のメインテーマ。これ、チャールズ・ゲルハルト指揮ナショナル・フィルの演奏でと指定したのだが、NHKには音源がないとのことで、別の演奏で流れてしまった。かなり残念。微妙にアレンジが違うので、ニアピン度合いが離れてしまったのが残念無念。このRCAのCD、NHKにはなかったのか~。おれは持ってるのに。

 冒頭だけなら著作権法に引っかからないことを願って、その演奏で冒頭だけ6秒分を切り取ったので、ちょっとご紹介。

「intro.mp3」をダウンロード

 ま、これは最優秀には選ばれず、またも番組ステッカーは逃がしてしまったのだが。

 しかし、「ニアピン賞」の投稿は初めてで、それが採用されたのはとても嬉しい。

 ふかわは、もうすぐ開催のコンサートでモーツァルトのピアノ協奏曲を弾かねばならないので、かなりテンパっている様子。これ、聞きに行きたいなあ。さいたま市でやるんだしなあ。

 楽しい番組も、16時になれば終わってしまう。

 で。

 昨日は腹を立てて帰ってきたメガネ屋にもう一度行く。

 今日出来ていなかったら、マジで怒るぞ。

 店に入ると、オヤジはおれの顔を見た瞬間、「昨日は大変失礼しました」と謝ったので、おれはその瞬間、すべてを許した。あたしは単純明快なのよ。

 で、メガネはきちんと出来ていて、フレームも調整してくれていて、最高のコンディションになっていたので、今後もこの店を利用することにした。

 いや、きちんとやってくれたら、なんの文句もないんですよ、ええ。

 昨日書いた「怒りの文章」は削除しようかと思ったが、昨日は確かに腹を立てたのだし、日記だから、おれの大人げなさを含めて、いろんな意味でそのまま残しておくことにする。

 帰りにパン屋に寄ってバゲットを、と思ったら、北千住西口の商店街にあったパン屋はなくなっていた。となると、ルミネかマルイの中のパン屋が一番近いし味もたしかだ。

 ルミネのパン屋で「バタールのハーフサイズ」と、明日の朝用のクロワッサンを買うが、レジで、ババアが店員さんと話し込んでなかなか会計が終わらない。会計待ちの行列が出来てるのに、まったく無視。こういうところが老人のダメなところだ。こういう老人にはなりたくない。

 しかし……パンを買うのになにモタモタしてるんだ!と、イライラしてしまうのは心が狭い証拠。とは思うのだが……パンを買うのにタラタラ無駄話されるのはイライラするんだよなあ。それに応じる店員も店員だ。まあ無碍には出来ないのも判るけど。

 パンを買い、商店街の激安お総菜屋で、ベーコンのマリネと白菜サラダを買って帰宅。

 昨日のクリームシチューを温め、食べる。美味いねえ。やっぱりクリームシチューにはバゲットが合うかな。食べたのはバタールだけど。

 「笑点」を見ながら食う。三遊亭好楽が座布団10枚を獲得して記念品をゲット。日テレの社員食堂の終身無料食い放題券。しかも家族も弟子一門も全員無料という太っ腹。ただし、デカいパネルが「正券」なので、これを持ってこないとダメ。

 「バンキシャ」は昨夜の錦織の試合の分析(とまではいかないか)。第3セットはやっぱり錦織の自滅だなあ。どうしても意識しちゃったんだろうね。これに勝てば「世界ベスト4」に入れるんだから!

 でも、世界ランキング第5位というのも物凄いことだ。師匠の松岡修造は世界ランク49位が最高なんだから。

 「鉄腕ダッシュ」をボンヤリ見る。松本名産のネギは美味そうだったなあ。

 で、「軍師官兵衛」

 いや~今夜も面白かった!三成にも徳川殿にも付かない。「わしはわしの道を行く!」

 お~!

 しかし、前田利家がこの回だけしか出て来ないのは……まあ、仕方がないのかねえ。五大老五奉行制を敷いたときに紹介しておけばよかったのに……と思うんだが。

 しかし、来週が気になるなあ!

 21時からは教育テレビで、ズービン・メータ指揮のイスラエル・フィルの来日公演を聴く。マーラーの5番が、素晴らしい名演。これはかなり凄い演奏だと思う。アンコールのマスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲も素晴らしかった!

 その後、「最終章」の流れを多少整理。

 0時になったので寝ようと思ったが、「なにかやり残したような気になって」BSを見たら、NHKでダニエル・バレンボイムとマルタ・アルゲリッチのピアノ連弾コンサートをやっていた。で、「春の祭典」ピアノ編曲版をやるというので、見た。

 いや~ピアノで聴くと、見事にゲンダイオンガクですな~。オーケストラの音色の面白さが剥ぎ取られて、異質さが強調される。しかしこの曲を弾くのはアクロバットみたいだなあ。

 1時40分、就寝。

今朝の体重:90.10キロ

本日の摂取カロリー:1472kcal

本日の消費カロリー:日常生活+8kcal/275歩+74kcal〈自転車)

« おれだって怒るときはあるのだ | トップページ | 仕事して打ち合わせ »

コメント

ニアピン採用おめでとうございます。
狙った時はダメで・・・まさしくその通りです。
先週の私は何匹も兎を追いかけては逃がしていましたから。


BWV1000番様:
前回、お名前を読まれてましたね。
いやしかし、今回は、指定した音源がNHKになかった、というのが意外でした。結構有名な「ハリウッド映画」シリーズで、アルフレッド・ニューマン以外に、コルンゴルトやマックス・スタイナー、フランツ・ワックスマンなどが揃っていた(しかも録音がデッカのケネス・ウィルキンソン!)、映画音楽マニアには知られているシリーズだったのですが……。
コルンゴルトはこのシリーズで復権したようなものです。アンドレ・プレヴィンもCDを出してますけど、ゲルハルト指揮のこのシリーズのモノのほうが優れていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60666795

この記事へのトラックバック一覧です: 「きらクラ!」に採用されたりメガネ屋と和解したり:

« おれだって怒るときはあるのだ | トップページ | 仕事して打ち合わせ »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト