« 気功休んで、仕事 | トップページ | 仕事してテニス »

2014年11月11日 (火曜日)

お見舞いに行った

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。昨日の続きで、角川の第4章。相方から追加メモが来ている。

 途中でアサメシ。薄切りトースト2枚にゆで玉子、コーヒー。

 仕事を再開。

 

 昨日省略したので、風呂に入り、髭を剃る。

 お昼を過ぎて、作成しなければならない書類があるので書き込み、投函しに行く。

 そのついでに、弁当屋でトリカラ弁当を買って帰宅。即食べる。美味い。

 食後、「深夜食堂第二部」の第14話を見る。こういう話だと、ハッピーエンドになってくれと心から祈ってしまうねえ。懸命に生きている人を描いてバッド・エンディングだと凄くイヤだもんねえ。しかし、いつもいつもハッピーエンドにしていると「要するにそういうドラマなのね」と軽くなってしまうからなあ。でもね、「人生、そう捨てたもんでもないぞ」というドラマは暖かくて、いい。

 

 もっと見たくなる気持ちを抑えて、仕事再開。

 今夜は担当T氏の見舞いに行くので、それまで頑張らねば。

 追加メモのところまで書き終わり、1ブロック終える。しかしまだ幾つもブロックがある。書いてみて判る事だが、この章、もっと交通整理が必要だな。

 疲れてしまって、ちょっと休憩。

 ニュースを見たり。モーレツに眠くなるが、ここで昼寝してしまうと目が覚めなくなる危険があるので、我慢。

 17時過ぎに外出。

 お見舞いのお菓子を買うのに迷うだろうと、かなり早めに家を出たが、あっけなくいいものに出会ったので買い物は即終了。

 予定より30分早い状態で電車に乗る。

 T氏が入院しているのは西武池袋線の石神井方面。外出中の相方とは西武池袋駅で待ち合わせている。

 西日暮里の駅ナカの「大江戸そば」でざるそばを食う。そばを出す口のすぐ横でそばを食べているオバハン。どうしてこんな邪魔な場所で食うかねえ?食べるときに店が異様に混んでいた?こういう店に慣れていなくて配慮が出来なかった?単なる周囲が見えないバカ?

 

 夕方のラッシュの山手線に乗る。

 ちょっと押されると「ちくしょう!」と口走る短髪のオヤジ(落語に出て来る気の短い棟梁のイメージ)とか、ドアが閉まる間際に車両中央部から無言で大勢を無理矢理押しのけてドアに突進するデブとか、いろいろ。

 池袋にはやっぱり予定の30分前に着いたので、改札前の邪魔にならないところでiPadを出して今日書いたところを読み返す。

 やっぱり整理しないと終わらないな。

 と、ここで相方から電話。おれは地下改札で待っているのだが、地上改札にいると。

 じゃあプラットフォームで会おうということにして、改札を通る。

 

 で、なんだかんだで病院に19時30分ごろ到着。遅くなったが、食事も終わって病棟は落ち着いていた。

 T氏は、至極元気で、どうして入院してるんですかと訊きたくなるほど血色も良く、声にも張りがある。昨日、S氏から様子を聞いていたので驚かなかったが、状況を知らなければ、本当に驚いていただろう。

 それほど元気。奇跡的というしかない。幸運と好条件がすべて重なった感じ。こういうと語弊があるかもしれないが、T氏は神に守られているんじゃないかと思ったほど。思えば、快楽亭も同じように幸運が重なって、今は元気で弟子を叱咤してるんだもんねえ。

 面会時間ぎりぎりまで話し込んでしまった。

 ゆっくり養生してください、とエレベーターの前で別れる。

 病院内にレストランがるというので捜したが、もう閉店。東大病院の中のレストランはけっこう遅くまで営業してたんだけどな。

 駅の近くに和食レストランがあるので、入る。

 いろいろあったが、特製水餃子にご飯セットを付ける。サイドに牡蠣のオーブン焼きみたいなのを相方とシェア。

 食事を済ませて、帰宅。

 この時間、モーレツに眠い。

 北千住駅前の駐輪場に自転車を止めたのだが、ここはいつもはちょっと買い物をするだけに利用していたので、今日のような長時間駐めたことがなかったのだが……利用料金800円!もうここには駐めねえ!ちょっと離れたところなら、200円くらいで済んだのに。大いに悔やむ。こういうの、凄く悔しいのよねえ。

 22時過ぎに帰宅して、くーたんにご飯を出し、録画した「5時に夢中!」を見たが、ほとんど寝てしまった。きっちり見直すほどのものでもないので(普段だって同じように半分寝てるんだし)、見終わって、消す。

 泥のように眠いが、頑張ってゴミ出しをして、ベッドに直行して、0時、就寝。

今朝の体重:89.70キロ

本日の摂取カロリー:2527kcal

本日の消費カロリー:日常生活+177kcal/4127歩+36kcal(自転車)

« 気功休んで、仕事 | トップページ | 仕事してテニス »

コメント

おおお! ついに切りましたねo(^o^)o

日記に向かう真摯さと、毎回多岐に亘る内容なので、考えるところが多々あるのですが、今日は病人を見舞う人間らしさについて、こういうのが(人生に於いてもっとも)大切なんだよなぁ、と再認識しました。括弧で括ったのは形容が大袈裟だし、もっと大切なことはいっぱいあるだろうと自分でも思っているからなのですが、それでも最上位に人間の温かみを上げておきたいわけです。
あと、今日の日記でのツッコミどころは駐輪場の料金800円でして、この価格はクルマの駐車料金のそれです。一日の上限でせいぜい400円程度じゃないですかね、納得して払える額は。こんな高額料金が存在するから不法駐輪がアトを絶たないのだと思います。

風様:
お見舞いの件、プライベートなことなので、どんどん省いていったら、ああいう事しか残りませんでした。いろいろ気を遣って、口走ってはいけないことを考えながら喋りましたが、なんせ当人がまるで病人じゃないほど元気そうで、自分の症状を笑い話にしてしまうほどだったので、見舞っていて涙が出るんじゃないかと思っていたのが、ずっと笑いっぱなしでした。
こういう病人でありたい、と思いました。いやいや、これは本当にT氏が幸運だったからであって……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60638522

この記事へのトラックバック一覧です: お見舞いに行った:

« 気功休んで、仕事 | トップページ | 仕事してテニス »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト