« 何事も急性や劇症はヤバいというお話 | トップページ | 仕事と食事と音楽と »

2014年11月 1日 (土曜日)

いろいろ落ち着きを取り戻し、仕事も再開

 7時過ぎ起床。

 雨。

 雨の日は完全に猫状態。必要がなければ外に出たくない。それはもう病的なほど外に出たくない。

 朝のモロモロを済ませて、コーンフレークとトーストとゆで玉子のアサメシ。

 気持ちもようやく落ち着いて、仕事にかかれる状態に。しかし、昔習った心理学の、ガキが大人に成長する途中の「疾風怒濤期」じゃあるまいし、いや~マジで心が乱れたなあ。

 アサメシを食ったのに、すぐに腹が減ってきて、お昼ごろに昼めし。サッポロ一番味噌ラーメンに卵とネギを入れ、ご飯も。ご飯はラーメンのお汁に入れてオジヤのようにする。サッポロ一番味噌ラーメンの場合、これが美味いんだ。他のラーメンでは美味しくない。

 で、仕事。

 角川新作の第4章第5章の、つまり終盤の構成を決める。これが決まれば一気呵成に書き上げるぞ!

 複数ある相方の構成メモを並べて整理する。

 昔はポストイットに書いて壁に貼ったりして構成を考えていたんだよなあ。これはシナリオを書くときの、ハコ書き段階でいろいろ並び替えて構成を詰めていく作業と同じ。今は画面上で簡単に出来る。便利になったねえ。

 OSXをYosemiteにすると、簡易データベースの「BENTO」が動かなくなる件、代替えの安いソフトを紹介するブログを見つけた。

 wowowなどで録画した映画や舞台って、WってDVDに焼いてしまうことが多いので、データベース化を計った。一部は登録して、ある時期までこれを参照して録画するかどうか決めていたのだが……最近は無精になって登録もしないし参照もしなくなってしまった。録画してDVDに焼くのはインディーズ系(日本では日活とかが単館で公開するような)の尖がったものが多くなってきたので、あまりWらなくなったし。

 しかし過去に登録したデータを消してしまうのは惜しい。メトロポリタン歌劇場のライブビューイングについては、結構せっせとデータを登録していたのだ。

 「TapForms」というもの。安いし使い勝手がいいらしいしiPadでも連携が取れるらしい。

 なんせFileMakerは高い。3万円もするのだ。

 キーボードの配列をカスタマイズするソフトも、「Wink for OSX」を代置するいいものを教えて貰えた。

 これで、Yosemiteに移行しても大丈夫。あとは、クリーンインストールするかどうか。した方がいいんだろうけど、ソフトのユーザー登録とかいちいちしなきゃいけなさそうなのが面倒。控えを取ってないソフトもあるし……。どっちにしろ、角川長編を脱稿してからだな。

 そうこうしていると、相方から「Jノベル第2回」の原稿が戻ってきたので、早速チェックして、担当F氏に送る。土曜日だが、すぐに返事が返ってきた。仕事熱心!

 第3回は年末進行と絡んで、今月末〆切。角川を上げてJノベルを書かなきゃ!

 仕事があるのは本当に有り難いことです。

 夕方、岩手の布団クリーニング店から冬の布団が届いた。春にクリーニングに出して秋まで保管して貰っていたのだ。

 今までは巨大な包みが届いていたのに、今回は薄っぺらくて小さなものが届いたので「?」状態。

 真空パックで羽根布団が圧縮されたのだ。羽根布団は真空圧縮してはいけないと、どこかで読んだことがあったけど……。

 袋を破ると、羽根布団がむくむくと膨らんだ。今夜からこの布団で寝よう。そろそろ夏布団では寒くなってきた。

 雨。

 上記のように、外には出たくない。前は、傘を差して食いに出たりしていたんだけど……ネコに近くなったのか、単にものぐさになってきただけなのか。

 しかし寒いし、外に出たくないので、夕食は出前にする。

 中華弁当を扱う店が、一斉に「配達最低料金」を1700円にした。200円の値上げ。ちょっとムッとして、1200円から配達してくれる南千住の中華の店にして、考えた末に、油淋鶏に春巻きにご飯の組み合わせにする。

 届くまで、仕事。

 だんだん煮詰まってきた(正しい意味で)。

 言葉の誤用に関して、最近はなんでも「タレ」と言うようになったのがとても気になる。言葉にはうるさい(という印象がある)椎名誠が、朝日新聞に載ったエッセイで、「そばのタレ」と書いていて、とても腹が立った。ラーメンスープの、アレではなく、日本そばの、「もり」とか「ざる」を食べるときのアレは、タレというか?そばつゆだろ?椎名誠がそれを知らないはずがないのに。

『タレとは、料理に使う液状の合わせ調味料の一種のこと』とWikipediaにある。Wikipediaがすべて正しいとは限らないが、この定義は正しいだろう。

 ウナギを焼くときに漬けるのはタレ、焼肉に付けるのもタレ。しかし、日本そばのタレなんて、あり得ないだろ!

 だいたい、何でもかんでもタレと呼んでしまうのは間違いだし、凄く違和感がある。それを、椎名誠が誤用しているのが腹立たしい。

 

 で、ほどなく、出前が到着。

 美味しく戴く。

 食ったら眠くなってきて、ソファに寝転んで、日テレ「満天青空レストラン」を観て、19時のNHKのニュースを見て……地上波で特に面白いモノがないのでBSで竜巻ハンターを追う番組を見て、地上波に戻ってテレ東の日光すごろく旅をちょっと観て、録画した「タモリ倶楽部」を観る。

 ジオラマのマニア三人の作品を鑑賞。人生のドラマが詰まったジオラマの精緻なこと!「京成線の日暮里~靑砥の間のガード下のイメージ」とか「川の向こうにあるストリップ劇場」とか「ゴッサム・シティ」とか。

 見事というしかない。これは、映画のセットを作るときに作成する「模型」に連なる世界だなあ。というか、箱庭。

 凝り出すと止まらなくなるだろう。日本人が好きそうなものだし。いや、お見事!

 「アド街ック天国」は、木曽・妻籠宿。昭和45年頃から建物を保存して厳しい規制をかけて電柱を取り払って江戸時代の風情に戻す努力をしていたとは。こんなに徹底しているところは他にはないんじゃないか?会津に近い大内宿も、ここまで徹底してなかったし。住んでいる人はかなり窮屈で不便だろうと思う。

 この妻籠宿から隣の馬籠宿まで8キロを歩いてみたいねえ。8キロなら歩けるだろうし。

 仕事に戻らねば、と思いつつ、そのパワーが出ず、ずるずるとテレビを観る。「先輩ROCK YOU」を観ていると、相方から電話。話の展開について打ち合わせる。

 相方からいろいろ新しいアイディアが出て、今からそれが「ハマる」かどうか、大幅な描き直しが必要ではないかと、ついついおれは「守り」の姿勢で考えてしまう。相方はあくまでも「攻め」の姿勢。

 考えていると、相方の案の方が面白くなりそうだという気になってきた。頭の中にその場面の「画」が浮かんでしまったし。今回は明確な「イメージキャスト」を想定して、勝手に「アテ書き」をしている。おれの頭の中で、その「アテ書き」された役者たちが動き始めてセリフを喋り始めたので、これはこの方が面白いな、と。

 モノを作るのに守りの姿勢ではイカン。イカンのだ。市川崑も、終生、攻めの姿勢で作品を作っていたではないか。

 でも、もう眠くてダメ。

 電話を切って、風呂にも入らず、0時ごろ就寝。

 しかし。調味料を置いてあるところのガラス戸が開いていて、「ほんだし」の1パックがなくなっているのを発見。これは、くーたんがおもちゃにするのが大好きで、今までも幾つ餌食になったことか。

 餌食になるのはいいのだが、ほんだしをくーたんが舐めてしまうのがよくない。くーたんの健康に悪影響がある。それに、床に「ほんだし」の顆粒が散乱するのも困る。

 というので、徹底して捜してみたのだが、見つからず。そこに置いた記憶が間違っていた可能性もある。だけど、置いた記憶があるんだけどなあ……。でも、狭いキッチンで、これだけ捜してもないのなら、ないのだろう。

 明かりを消して寝静まると、くーたんがなにかで遊ぶゴソゴソという音がしてきたので、再度起き出して調べるが、やっぱり見つからず。じゃあ、なかったことにしよう、と今度はきちんと就寝。

今朝の体重:90.65キロ

本日の摂取カロリー:2292kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 何事も急性や劇症はヤバいというお話 | トップページ | 仕事と食事と音楽と »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60582644

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ落ち着きを取り戻し、仕事も再開:

« 何事も急性や劇症はヤバいというお話 | トップページ | 仕事と食事と音楽と »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト