« 仕事とラジオとドキュメント | トップページ | お見舞いに行った »

2014年11月10日 (月曜日)

気功休んで、仕事

 さすがに8時過ぎ起床。

 それでも5時間睡眠。

 快晴。

 洗濯しないのがもったいないいい天気なので、洗濯機を2回廻してふとんカバーやベッドシーツ、枕カバーも洗って干す。

 それと平行して、朝のモロモロも済ませる。

 仕事開始。角川の第4章。

 相方から追加メモが届いている。

 今日は、夕方になって泥のように眠くなったら、逆らわずに一度寝よう。最近はメシを食べた後も仕事が出来るので、仕事をしよう。

 ということで、気功を休んで仕事することに決める。

 iPadやiPhoneのアプリで、以前から家計簿を簡単に付けられるアプリがあったが、最近はアマゾンの利用履歴や銀行の口座残高、クレジットカードの支払いなどを読み取って連動させてお金の状態をリアルに計算して表示してくれるアプリがある。

 驚き。しかし、銀行口座を連動させたらなにかの拍子に個人情報が流出してしまいそうで怖い。誰かに口座を乗っ取られる危険だってあるぞ。しかし……このアプリは便利だなあ。Macでも利用出来るからなあ。

 利用することにする。

 ブランチは、ご飯少量に目玉焼き、インスタント味噌汁、白菜の漬け物、海苔。

 

 仕事再開。

 順調に進む。

 お昼を過ぎて、光文社S氏から電話。

 入院している担当T氏が、順調に回復して、なんと今週の木曜に退院すると!いろんな幸運(としか言いようがない)が重なって、病状は驚異的に軽くて後遺症もないし再発の危険も合併症もないと。奇跡というといけないのかもしれないが、本当にいい条件がフルハウスのように集まって、驚くべき回復を見せていると。

 しばらく入院は続くだろうから、落ち着いたところでお見舞いを、と思っていたので、慌てる。

 S氏に入院先を訊き、お見舞いに行っていいかどうかT氏に確認のショートメッセージを出す。T氏は携帯を使えるらしいので。

 知人で同じような病気をした人は、ペンを持てずキーボードも打てない状態なのだが、T氏はS氏にメールしてきたらしいから、やっぱり驚くべき回復は本当なのだ。

 相方と相談して、明日の遅い時間にお見舞いに伺いたいのだが、とメールしてみる。ご迷惑なら自粛しよう。

 しばらくして、T氏から返事が入った。明日、見舞いに行く。

 仕事は順調。

 以前なら腹が減ったり、何か食ったら眠くなったりしたのだが、今日は腹は減らないし眠くもならない。これは完全に仕事モードに入っている証拠。

 ちょっと外に出て、買い物。サラダとかを買ってくる。

 帰宅して、仕事再開。

 20ページ書いた30ページ書いた、と言う驚異的進撃ではないが、着実に進む。

 と言いつつ……休憩。「5時に夢中!」を見る。

 いやほんとに最近のマツコはふかわに突っかからなくなったなあ。そのかわり無言の時間が増えて「放送事故を起こさないでください」とかふかわに言わせていたが。

 休憩して仕事モードが和らぐと、腹が減った。

 今夜は、ステーキ。この前買っておいた肉を焼く。

 フライドポテトをオーブントースターで焼き、ミックスベジタブルをレンジで解凍。オニオンスープのインスタントも。

 もも肉の厚切りステーキはいい火加減で、ミディアムに焼けた。家庭で美味しくレアに焼くのは困難。生焼けとレアはまた違うからね。

 我ながら美味しく出来た。

 ニュースを見ながら食べる。

 食後、仕事再開。

 気功を休んだのだから、その時間は仕事しなきゃ、休んだ意味がない。

 仕事を続ける。

 ちょっと腹が寂しいので、センベイを食う。しかしセンベイって、食べ始めると止まらないのよね~。

 小ぶりとはいえ、5枚食べてしまった。

 リンゴも1個、食う。

 

 22時ごろ、休憩。「深夜食堂第2シリーズ」の第13話を見る。「アサリの酒蒸し」をとても巧く使っていて物語のキーになっている。

「子供の頃母親と海に行って……もう歩けないとダダをこねたら食堂に入って、これ食ったら、美味しくてね。夢中で食べてお代わりして。生まれて初めて食べたアサリの酒蒸しだったんだ。後から聞いたら、おれがあんまり美味そうに食べるんで、死ぬのを止めたって」

 これが短編の切れ味なんだなあ。短くサラッと描く故の衝撃と余韻。素晴らしい。飲んだくれのクソババアに扮した馬淵晴子と、その息子の強面だけど気が弱い宇梶剛士が巧い。味わい深いねえ……。

 ファンの間では、マイナーもマイナーで本当にカネがなかった「1」に比べて、多少予算が増えた「2」は妙なメジャー感が出てダメだという厳しい感想もある。たしかに役者の顔ぶれが多少豪華になったのは事実。でも……それでもやっぱりキャスティングは渋いよ。

 ずっと見ていると、完全に人畜無害で機嫌良く店にいるだけの役(妙に物知りだったりする)を飄々と演じている金子清文が気になるなあ。

 ついついもう1話見たかったけど、次の第14話は内容が重そうだったので、止める。

 仕事再開。

 なんとかキリのいいところまで書き進んだ。相方の追加メモのところまで終了。

 というか、遂に猛烈な睡魔がやって来たので、ここでストップ。

 なかなか充実して仕事が進んだ。水曜あたりに第4章は終わりそう。今月中にこの作品を脱稿して、Jノベルの連載第3回を書き、出来れば週刊新潮の「黒い報告書」もやって……「悪漢刑事13」の章割りも立てなければ。

 以前、仕事もカネもなくて苦しんだことを思えば、仕事があるのは本当に有り難いなあ。

 0時就寝。


 栃木で、山の中や河原に生きている犬や死骸が大量に棄てられ続けている件。これは悪質なブリーダーか、極悪ペット引き取り業者(『飼えなくなったペットを有料で引き取って、代わりに面倒を見ますという新種の商売)の仕業だろう。こういう連中は、どうしようもないクソな連中だが、今の法律ではきちんと裁けない。

 人間に忠実に従ってくれる犬に、なんてことをするんだ、とはらわたが煮えくり返る。

 こういう事をするヤツは、呪われて苦しみながら死ねばいいのだ。

 チップが入った犬がいたらしいから、そこから犯人を辿れるだろう。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1960kcal

本日の消費カロリー:日常生活+19kcal/496歩+41kcal(自転車)

« 仕事とラジオとドキュメント | トップページ | お見舞いに行った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60633341

この記事へのトラックバック一覧です: 気功休んで、仕事:

« 仕事とラジオとドキュメント | トップページ | お見舞いに行った »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト