« 仕事のみの1日 | トップページ | 一大決心のもと、OSをYosemiteにした! »

2014年12月19日 (金曜日)

OSの移行準備しつつ新作に突入し、すき焼きパーティ

 6時30分頃起床。

 晴れ。

 予定通り旅行してたら好天に恵まれたなあ。でも、寒い。

 朝のモロモロを済ませる。これ、AMSとでも略そうか?

 今日は金曜なので、角川N氏に最終章を直した稿を送りたいのだが、相方から戻ってこないので、それを待ちつつ、新作「悪漢刑事13」のファイルを開ける。時間がないぞう!

 

 今までおれは、1作終えると「休憩・息抜き」と称して数日仕事をしないでダラダラしていた。僅か数日でもダラダラすると、仕事モードは簡単に解除されてしまい、スイッチを入れ直すのに苦労する。なので今回はインターバルを置かず、即、次の作品に突入する。

 しかし……そうなると、OSを最新版Yosemiteに移行する時間が取れないなあ。OSの移行は、なんだかんだで半日仕事になるからなあ。移行自体はマックに任せておけばいい(クリーン・インストールは面倒なのでしない)が、予期せぬ不具合が出たりメンテをしたりしてると、結局は時間を食ってしまう。

 現状で不満はないんだからこのままでいいじゃん、と思うが、OSは最新にしておかないと、いろいろと不都合が出るのだ。アップルのサポートが受けられないとか、最新情報が入ってこないとか、雑誌やネットの記述は最新OSを使っているのが前提だから、いろいろ食い違いが出て来るし……。

 しかし問題は、Yosemiteにすると使えなくなるソフトが出て来ること。

 この日記を書くために毎日使っている「iWeb」はまだ機能するようだが、簡易データベースの「Bento」は使えないので代替えソフトに移行しなければならない。それは「Tap Forms」というのが一番いいと判っている。

 それと必須なのが、Windows用のキーボードをMacで使うためのユーティリティー「Wink for Mac」。しかしこの便利なソフトはOSに合わせた更新をしないと決めてしまった。代替えの方策は調べたが、フリーウェアを組み合わせるので、面倒。

 これが最大のネックとなって、OSの移行を躊躇している……のだが、「Wink」の開発メーカーのサイトに行ってみると、なんと、更新の要望があったので、値段を上げるが新版を出しました、と。

 嬉しい!これは有り難い!

 では早速……と思ったが、旧版をアンインストールして新版を入れ直すのが、なんだか怖いし面倒。これ、トシですなあ。以前なら嬉々としてやった作業なんだがなあ。Macでこれだから、Windowsなんか絶対に触れないな。UNIXにおいておや。

 で、「Bento」で作ったDVDやブルーレイ・ディスクのリストのデータを「Tap Forms」に移行させることには成功した。

 しかし今日はここまで。

 そんなことをしていると、相方からファイルが届いたので、チェック。中身は一切触らずに、そのまま角川N氏に転送。

 これで、この作品は、来週の金曜の打ち合わせまで、触らない。いや、打ち合わせまでに読み直して改稿ポイントを洗い出しておかねばならないのだが。

 N氏に送り終えると、しばし、空白。というか、脱稿はしていないし、まだ直しが控えているとは言え、一応最後まで書き上げたわけで、その達成感と一区切ついたという安堵がある。

 ホントなら、ここでMacをいじる良いタイミングなのだが、やらない。一応、今は安定しているからなあ。

 仕事専用のマシンとそうじゃないマシンに分けて、仕事用マシンは多少環境が古くても安定した状態で使うべきなんだろうなあ。

 以前はそういうふうに2台を使い分けようとしたのだが、結局、ネットに繋がったマシンばかりを使う事になって、2台使い分けはおれの場合、意味がなくなった。仕事してるとどうしてもネットにアクセスして調べ物をするから。それを違うマシンでやると、見つけた資料の保存管理とか、別のマシンに持ってくるのが面倒なのだ。家庭内LANで繋がるから、本来はさほど面倒でもないんだけど……。

 しかし、仕事用にしているiMacはけっこうハイスペックだから、本来はネット接続や他のモロモロの用途(快楽亭のCDマスタリングとか)に向いている。文章を書くだけなら、そう高いスペックのマシンは要らない……事はない。漢字変換は瞬時にやってくれないと気分が悪いし。

 ま、デスクトップが狭いから、2台併用は無理なのだが。

 てなことを思いつつ、ブランチ。薄切りトースト2枚にゆで玉子、コーヒー。

 新作を開始する。

 しかし、書き出しのイメージ、というか作品のイメージがまだ固まっていない。

 理研がSTAP細胞は作れなかった、もうこの件はやりませんと正式に発表。小保方さんは理研を退職するらしい。

 しかし、あれほど自信満々に「STAP細胞は、あります!」と言ったのに……あれは、嘘だったとは信じられない。そもそもそういう嘘をつく必然性がない。

 たぶん、今でも小保方さんはSTAP細胞の存在と可能性を信じているのだろう。

 もし数十年後に、STAP細胞が作り出せることが立証されたら、小保方さんは「劣った科学技術とマスコミの犠牲になった殉教者」ということになるんだろうなあ。科学の歴史って、こういう事を繰りかえてきたわけだし。もちろん、間違った説をぶち上げて、完全に敗退していった科学者も多数いるわけだが……。

 一度は小保方さんを信じたおれとしては、手のひら返しをしたくない。おれだけは小保方さんとSTAP細胞の可能性を信じ続けたい。今回の「再現実験の不成功」はアメリカの陰謀だと思っていたい。

 今夜は戴き物の牛肉と卵で、すき焼きにすることに決定。家ですき焼きを作るのは久しぶり。というか、口にするのも久しぶり。一人だと仕込みが結構面倒だから、吉野家とかすき家の「牛鍋セット」を食って満足してしまうんだよねえ。

 しかし今回は賞味期限が21日までの肉がある。

 買い物に出る。

 北千住東口に行き、まず、「定食かあちゃん」でさんまの塩焼きランチを食う。これを抜けば1日のカロリー制限に収まるのだが……明日、節制しよう。

 食後、ペット用品店に行って、注文していたキャットタワーのパーツを引き取り、ついでにキャットフードも買う。

 その足でスーパーに寄って、すき焼き用の野菜を買う。ネギ、白菜、春菊、椎茸、焼き豆腐、しらたき。そして茶巾に入ったモチ。

 帰宅して、まず、キャットタワーを分解。交換する「脚」は根元部分のものだから。ついでに掃除機をかけて猫の毛とかツメの破片とかをきれいに除去し、新しいパーツに交換して組み立て直す。

 おお、まるで新品ではないか!

 これに気をよくしてか、仕事のスイッチも入って、書き出してみるとイメージが湧いて、一気にプロローグを書いてしまった!

 やるじゃん、おれ。

 ここで休憩。

 NHKの「ファミリー・ヒストリー」の再放送を偶然見ると、モト冬樹の先祖とお父さんについて。先祖は松山の一部を治めていた侍だったと。その後、よく判らない時期を経て、明治維新のあと山口県で警察官になって「鬼刑事」と呼ばれ、首なし死体事件などを解決して東京の築地署の署長を勤めたと。

 お父さんは「医者になったら兵隊に取られなくて済む」と思ったけど軍医として中国戦線へ。

 しかし、休日には中国人の格好をして町に繰り出していた、と。中国戦線というと「独立愚連隊」で描かれたようなイメージを持っていたが、場所によってはのんびりしていたのだと知った。

 終戦。中国に残っていた軍隊は捕虜となって「東洋鬼」と呼ばれたが、捕虜収容所のある村人を治療してあげたら全快し、それからというもの、村人が列を成して診察に訪れて慕われ、日本に引き揚げるときには村人も泣いたし本人も泣いた、と。

「だからね、戦争はしちゃイカンのです」

 と言う98歳でまだまだお元気なお父さんの言葉に、感動した。

 戦後は巣鴨で産院を開いて、地元の赤ちゃんをたくさんとりあげた、と。「人柄が良い先生だから」「名医ですよ」と。

 この番組に登場する一家は凄くドラマチックだが、そういうドラマがある一家を取り上げて放送しているんだろうけど……取材はしたけど放送できなかったケースもあるんだろうなあ。平凡すぎてまるでドラマがないとか、逆にヤバすぎて放送できないとか……。

 しかし、モト冬樹のお父さんは尊敬できる、とても素晴らしい人で、他人のおれでも感動した。

 巣鴨の、今は使われていない産院の佇まいが、すごくステキなのだ。この家を放置しておくのはもったいないなあ。診療室なんか、仕事場に持って来いって感じだよなあ。いい家だなあ。

 で、「5時に夢中!」。金曜はその都度ゲストが違うが、今日はホリエモン。このヒトは毎週のように本を出してるんだなあ。

 で、浅田真央が復帰かというニュースに「仕事したくて堪らなくなるくらい休んでみたら良いのよ」と中尾ミエ。「しかし、そんなに休んだら帰って来れなくなりますけど」とふかわ。

 人気商売は、忘れられちゃうとヤバいもんね。

 というか、そんな長い期間、遊んで暮らせるカネがないと、休めないし。

 19時を過ぎて、そろそろ行くと相方から連絡が入ったので、すき焼きの支度を始める。

 整った頃に、相方到着。

 牛脂を使って肉を焼き、野菜を足して割り下を加えて煮込む……が割り下の絶対量が足りない。こういう事もあろうかと、スーパーで割り下を買っておいてよかった。

 美味い!

 二人して、一気に食う。

 キャンセルした旅行、プランを組み直してどこかに行けないかと考えるが、仕事も詰まっているし、無理かもしれないなあ……。

 食後、「深夜食堂3」の「レバニラ」の回を見て、相方帰る。

 「金スマ」で往年の「クイズダービー」が復活していたのを見逃した!残念至極。

 部屋の中に、すき焼きのニオイが充満して、消えない。

 換気扇を廻して空気を入れ換えるが、抜けませんねえ。

 「報道ステーション」の後、特番のかたちで「古舘伊知郎のトーキングブルース」。10年ぶりの復活というので、見る。

 2時間のものを半分以下に編集してあるせいか、のっけからハイテンションで報道番組やアナウンサーをぶった切り。自分の後任人事も実名入りで喋りまくり、だんだんと「言葉の責任」論へ。自分の大切な人が死のうとしている時に、何も言えなかった。その猛省。言葉をなりわいにしているくせに、どうして大切な言葉が出てこないんだ、言えないんだ、と自分を責める。

 これ、ノーカット版も放送されるようだから、見るか。

 「タモリ倶楽部」もオンエアで見る。インテリ芸人の卒論を抗議して貰う企画。アンガールズ田中は広島大工学部、ハマカーンのゲスの極みの方は東京農工大の工学部。どちらも講義されてもよく判らない難しい内容だが、別に新発見したとかではなく、すでに知られている事象を別の角度から検証したというコトらしい。

 卒論って、凄いのね。毎年数万人の学生がこういうものを作成しているんだなあ。

 おれは卒業制作で映画を作ったが……。

 資源ゴミを出しに行って、1時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2396kcal

本日の消費カロリー:日常生活+20kcal/552歩+75kcal(自転車)

« 仕事のみの1日 | トップページ | 一大決心のもと、OSをYosemiteにした! »

コメント

「反日仕事」「家出すき焼き」には、笑わせていただきました(^.^)

おっといけねえ。
誤変換のご指摘、有り難うございました。修正しておきました。

お疲れさまです。
悪漢刑事の最新刊楽しみにしてます!
ガンガン佐脇さんを活躍させて下さい!

読む時間が無かったのですがやっと友喰い読みました!
ちょいと私にはスケールが大きく難しかったので先生の思惑とは違う感想かもしれませんが…
面白かったです!
最後の最後で溝口君が…
続編でも溝口君は活躍してくれるんですよね?
…おっと。

すみません。

文章下手なので書き込みは中々しないのですがいつも楽しく日記を読ませて頂いています。

今後もどんどん新作をお願いします!

読む時間がなんですが…楽しみにしております!

ゆたか様:
有り難うございます。
「友喰い」、溝口は次作でも大活躍します。このシリーズの主役ですから!
「悪漢刑事13」も、やっと書き始めることが出来ましたが、のっけからどんどん書けて、ノッております。
ご期待ください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60837453

この記事へのトラックバック一覧です: OSの移行準備しつつ新作に突入し、すき焼きパーティ:

« 仕事のみの1日 | トップページ | 一大決心のもと、OSをYosemiteにした! »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト