« 筑波山神社へ願掛け。そして気学教室 | トップページ | もろもろ一気にこなしたぞ! »

2014年12月26日 (金曜日)

年内最後の打ち合わせ

 6時40分頃起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 予想通り、体重は増えている。90キロを越えそう。完全に元の木阿弥だけど、まあ仕方がない。また頑張ろう。体重を落とせる法則が判ったんだから。

Img_1747

 幸福の木、花が咲きそうなのはハッピーでとても嬉しくて、幸福が訪れそうで有り難いんだけど、蕾から蜜が飛び散るのが……。下に垂れ落ちるのではなく、周囲に飛び散る感じで、脚がベタベタする。で、花が咲くとかなりきつい香りがして頭が痛くなるほどだし……。

 ネットで調べると、幸福の木の花は容赦なく切ってしまう人が多い。「幸福の木」というネーミング自体、商売人が勝手に付けたもので、この花だって「咲けば幸福が訪れる」というのは「恋人岬に行けば愛は永遠になる」というタグイのものだから……。

 でもねえ、滅多に花を咲かせないんだから、この木の本懐を遂げさせてやるべきじゃないかと……。

 咲いたら、切ろう。でも、この分だとちょうどお正月に咲きそうだなあ。それはそれで縁起がいいから切るには忍びない。

 ま、せっせと床掃除をするか。

 仕事開始。

 今日は夕方に角川N氏と改稿打ち合わせがあるので、0稿を読み直して改稿メモを作る。長期に渡った執筆なので、前半は人物や事件の設定などが微妙に違っているので、それを修正しなければ。

 途中で、アサメシ。トースト1枚、コーンフレーク、ゆで玉子。

 食後、仕事再開。

 途中、風呂に入る。意識して長風呂。普通の沸かし湯でも、長風呂の方が全身がスッキリして気持ちがいいなあ。これってデトックス効果ってことなのか?

 仕事再開。

 14時ごろに最後まで行く。プリントアウト。

 録画に失敗した「深夜食堂3」の最終回をネット(中国語訳が付いている)で見る。

 オダギリジョーはいつのまにか「大泥棒」から「町の駐在さん」に変わっている。なんか違和感。

 前回、ソリが合わないバディだった光石研と篠原ゆき子はいい感じになっている。と言うか、光石研の「苦笑い」が、凄く味があって、いいんだよね~。

 この回は、せっかくマスターが手打ちしたのに、みんなそばを持ち込んで「これをざるそばにして!」「かけそばにして!」と言うのでマスターがクサるのがルーティーン・ギャグ。

 お話らしい話はなくて、年末の最終回らしく、これまでのダイジェストを見せて、映画の告知をして、終了。

 まあ、しかし、10月にそのドラマに出会って衝撃を受け、特に鈴木常吉の「思ひで」という曲には、激しく打ちのめされて、しばらく鬱寸前になりつつも、1と2のディレクターズ・カット版のボックスを買って毎日1話ずつ見て、完全にハマってしまい、ハマった分だけ鬱になって……。

 突然、「死」「老い」「衰え」というものを突き付けられた感じがして、これはなかなかの衝撃でしたよ。まあ、今までまるで考えなかったというのもノンキ過ぎかもしれないが。

 なんか、このドラマって、日常を描いているようで、この世のものとは思えない感じが濃厚に漂っているんだよねえ。

 やっぱりマスターは幽霊なんじゃないか?

 祖父母を殺して金を奪った少年の事件、求刑は無期懲役だったが、懲役15年の判決が下る。しかし少年側は控訴。ホスト狂いのクソ母親は「殺してでも金を借りてこい」と命じたのは「言葉のアヤで殺人教唆ではない」と主張したが、小さな頃から母親の言うことが絶対だった少年にしてみれば、「言葉のアヤ」なんて存在しないことだっただろう。

 この事件は見つめ続けていきたい。

 このほかにも気になる事件はたくさんあるが……。阪神がFA補強に大失敗。阪神って、高い金を出してメジャーリーグ帰りの日本人選手を採って殆ど失敗している。でも、外国人選手の補強は大成功。他のチームのベテランを金で釣って採ってくるというキョジンみたいな真似はしないで……と思うけど、まあ、過去にはFAで大成功した例もあるしねえ。

 今年みたいな大番狂わせがあると、阪神をやっぱり応援したくなるんだよなあ。

 少し早めに出て、北千住東口の「はなまるうどん」できつねうどんの小とおにぎりを食べる。が、相方の修正メモがメールで入っていた。本来ならプリントアウトすべきだが……スマホで撮った写真はコンビニでプリントアウトできるが、メールはプリントアウトできるの?

 考えた末に、N氏にはiPadの大きな画面で読んで貰えば用は足ると判断。

 打ち合わせ場所の「サンローゼ」へ。

 ここで相方の修正メモを読んでいると、約束の時間よりかなり早くN氏登場。世間話をしつつ相方が来るのを待ち、16時から打ち合わせ開始。

 作品全体としてN氏は評価してくれたので、素直に嬉しい。そして大きな問題点の指摘はなかったので、安堵。細かい修正ポイントはすべて納得出来るものだし、自分たちで考えていたポイントとかなり重なるものだった。

 正月休み中に、というか、年内にやってしまおう。

 N氏と挨拶して別れ、我々は打ち合わせのため、近くの「サンマルクカフェ」へ。

 年内の仕事の段取りを決める。

 旅行は、「悪漢刑事13」が終わってからですな。

 しかし、年内に日帰りでちょっとどこかに行こうと話す。

 「定食かあちゃん」で一緒に夕食。トリカラとコロッケの盛り合わせ「カラコロ定食」を食べる。店内は大盛況。そりゃそうだろう。ここは美味しいもの。

 解散して、帰宅。

 打ち合わせが終わって、ほっとしたと同時に、グッタリ。N氏や角川とは初めての仕事なので、やり方を含めて「探り合い」の部分があるので、その分、疲れた。でも、いい打ち合わせになって、よかった。

 テレビをタラタラと見る。釣瓶の故人を偲ぶ番組で、中村勘三郎と松田優作と赤塚不二夫の分を見る。

 勘三郎は……その死のショックがいまだに大きくて、歌舞伎からすっかり足が遠のいてしまった。やっぱり、勘三郎が大好きだったんだなあ。あの愛嬌は他の人にはないものだったし、歌舞伎以外の芝居にもどんどん出たし、クドカンの空中分解しそうな新作歌舞伎も、勘三郎のラストの〆みたいなセリフの名調子で、見事に芝居を束ねて大団円に持っていったもんなあ。あれはもう、完全な勘三郎のチカラ仕事で、あの強引なまでの説得力は凄まじいものがあった。あのパワーは、どんなエラい役者よりも凄いと思った。

 だから……復活を心から信じていたから、余計に、その死の衝撃から立ち直れない。

 でも、来年の平成中村座には行こうかな。次の世代を応援しなきゃあねえ。

 松田優作の分は、食い足りない。アクション俳優から仕事の幅を広げていった時に、森田芳光との映画は欠かせないのに、「家族ゲーム」をちょっとだけ紹介して、「ブラックレイン」に行ってしまう。しかし、シリアスな俳優としてその実力を見せたのは、森田と組んだ「それから」だったと思う。あの映画は凄かったのに。ただ、丸山昇一の話が聞けたのはよかった。

 赤塚不二夫の分は、タモリを出すべきだったが、ちょうどウラに「ミュージック・ステーション」があったので、無理だったのね。でも、スタジオに呼んだメンバー、あれはないでしょ。赤塚先生と関係の深かった有名人はもっと他にいたはずだ。というか、やっぱりタモリがいないのは……。

 年賀状、まだ何もやっていない。う〜。なんか今年は物凄く面倒くさいなあ。でも、出さないと失礼だしなあ。まだ時間はあるし……。

 23時過ぎに資源ゴミを出したりして、0時前に就寝。

今朝の体重:89.90キロ

本日の摂取カロリー:1994kcal

本日の消費カロリー:日常生活+65kcal/1727歩+62kcal(自転車)

« 筑波山神社へ願掛け。そして気学教室 | トップページ | もろもろ一気にこなしたぞ! »

コメント

日記を拝読し深夜食堂を知りました。味わい深い内容で私もハマりました。近々ご連絡いたします

ブル八様:
お名前は「ブルックナーの交響曲第八番」から?
僕もあの曲は好きになりました。つい最近までブルックナーは苦手で、何がいいのか判らなかったのですが……突然、本当に突然、良さが判って好きになり、いろんなCDを買い集めたりして……。
「深夜食堂」は、回によって多少のばらつきはありますが……素晴らしい回は、本当にいいです。
ハマりすぎて、精神的にちょっとヤバくなったりしましたけど……。

名前からオルガン弾きの大作曲家を連想されるとは。バレバレですね。八番はムラ&レニがいいですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60872311

この記事へのトラックバック一覧です: 年内最後の打ち合わせ:

« 筑波山神社へ願掛け。そして気学教室 | トップページ | もろもろ一気にこなしたぞ! »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト