« 仕事して、新国で「ドン・カルロ」 | トップページ | 和解と観劇 »

2014年12月 4日 (木曜日)

眠くて仕事進まず

 7時前起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて仕事にかかる。今日はまるまる1日フリーなので、仕事に集中せねば。

 しかし……。

 こういう時に限って、なんだか集中力が出ない。

 読売の「発言小町」を読んだりしてしまう。

 総選挙、自民党が300議席獲得の勢いですか。これでアベが長期政権になったら、日本は真っ暗闇だなあ。なんとかならんものかなあ。

 マスコミにいろいろ注文を付けて「希望する方向」に誘導するって、アベ政権とそのシンパが大嫌いなお隣の国と同じ事をしてるんじゃないの?これじゃ「ルイトモ」じゃないか。

 アベ政権の何が嫌かって、その小物さに対して、生理的嫌悪感を覚える。時の最高権力者なんだから、もうちょっと鷹揚であるべきじゃないのか?こんなにギンギン締めていたら、あと一歩で独裁政権だぞ。

 林真理子が、格好の週刊誌ネタがあるのにどの週刊誌も書かないのでは朝日新聞を批判する資格がないと痛烈に喝破!(←リンク)。しかも、週刊文春で。この出版不況の中、出せばベストセラーの大作家のご機嫌を損ねたくない出版社の意向なのはよく判るが、それで「意地悪週刊誌」が大人しくなるのでは、「意地悪ジャーナリズム」の看板(週刊誌って、大新聞が書かないことをほじくり出して執拗に意地悪く書くからこそ存在意義があるんでしょ?)が泣くぞ。

 で、この件、林真理子の顔を立てるのか大阪の大作家の顔を立てるのか……今のところ大阪の大作家は黙殺しているが。

 それと……映画ライターの某氏が故菅原文太に関して、デタラメを垂れ流している(←リンク)のが実に不愉快。

 菅原文太は新東宝でデビューして松竹を経て東映に来た。その東映でスターになったのは事実だが、東映の大部屋にいたことはない。「トラック野郎」にしても、主役を貰ったのではなく、愛川欽也と企画を練り上げて持ち込んだ立場なんだから、事実は逆だ。こんなこと、調べればすぐ判ることだし、「映画ライター」なら調べなくても知ってて当然の、基礎知識だ。まあ、この記事を載せた媒体が媒体だから仕方がないのか。

 しかし、おれは菅原文太は嫌いだが、事実は事実。デタラメを垂れ流すのは許せない。

 雨が降ってこないうちに所用を済ませようと、外出。

 用事を済ませて、立ち食いそばとオニギリを食い、買い物をして、帰宅。

 ちょろちょろ雑用をしていたら、すぐに腹が減ってしまったので、買ってきた「1日必要な半分の野菜が摂れる弁当」(要するに肉野菜炒め弁当)を食う。

 食後、録画しておいた「深夜食堂3」を観ようと思ったら……録画に失敗していた!

 え~。痛恨の一大事。しかし、この回は観たい!

 なので……ネットで探すと、中国語の字幕がついた映像を見つけたので、観る。

 仲の良さそうな初老の夫婦。しかし夫は初婚で、中学以来片思いしていた女とやっと結ばれたのだが、その妻はバツ2で中学の頃からけっこう「やんちゃ」(この表現、好きじゃないのだが……要するに、不良だったのだ)で有名だったが、それが逆に地味な彼には眩しい存在だったのだが……。

 前夫との間に出来た娘の出産と息子の交通事故が重なって故郷に帰ったままの妻の行動に疑心暗鬼になってきて……。

 自分に自信がない男としては、モテて奔放だった妻がどこかに行ってしまいそうで不安なのだ。この微妙な心理を、実に巧く見せる。巧いねえ。本当に巧い。自信がない男をベンガルが、これまた無表情にやっていて、これがいいんだなあ!仕立てのいいスーツを着ているから、仕事的にはキッチリしているが、「男」としては自信がない。

 そして、永島暎子が、「昔はかなり奔放だったが故に、『そういうことはもう卒業した』女」をこれまた絶妙に表現していて、実にオトナのテイスト!

 このドラマではアラフォーの恋のさや当てみたいな幼稚なこと(脚本と演出が凡庸だったせいもあって、ほんと、幼く拙く見えたのよ)はやらなくていい。こういう「人生最後の恋」みたいなのを滋味豊かに描いて欲しい。

 で、その男の浮気相手の設定がまた巧い。笑って泣ける。これは名作だなあ。本当に。

 

 しかし、泣くと、その分、エネルギーを消費してしまう。

 雨のせいか、それとも、イベントが続いて一区切ついたせいで疲れが出たのか、無性に眠い。

 しかし、ベッドはくーたんが占領していて、彼女を退かして昼寝するのはどうも……。というか、やることは山ほどあるのに昼寝してられないと思ってしまう。

 税金関係の書類整理は、夜やって、頭の冴えた昼間は仕事だ!と思っているのに、昼間から頭は冴えない。

 16時ごろにソファに寝転ぶと、くーたんが飛んできたので、一緒にウトウト。

 「5時に夢中!」を観る。

 「カラオケで好きな相手を落とす方法」というのがもう抱腹絶倒。これ、マジでやったらヤバいだろ!

 ご飯を炊き、今夜はすき焼き。「一人鍋」セットを買ってきたが、それに白菜とネギを増量。だったらハナから自分で用意した方が良かったか。

 肉は雀の涙ほどしか入っていない……と思ったら、野菜の下に隠れていて、意外にあったのはラッキー。

 野菜を食ってしまい、増量して煮直して食い、残ったお汁にうどん(これはセットに付いてきた)を入れてもう一度煮直して、食う。

 なかなか結構でした。

 で……。

 先月分の税金関係の書類整理をしてしまう。

 支出を控えたら、めっきり領収書やレシートの量が減ったなあ。それだけ浪費していたと言うことだなあ。

 家計と食い物のダイエットは続けるぞ!

 もう今日は、営業終了。

 「報道ステーション」を観て、ゴミ出しをして、0時前に就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2117kcal

本日の消費カロリー:日常生活+19kcal/542歩+57kcal(自転車)

« 仕事して、新国で「ドン・カルロ」 | トップページ | 和解と観劇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/60762554

この記事へのトラックバック一覧です: 眠くて仕事進まず:

« 仕事して、新国で「ドン・カルロ」 | トップページ | 和解と観劇 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト